So-net無料ブログ作成

ドリームテニスARIAKE 2017、今年も盛大に! [TENNIS IMAGE]

【改修前の有明コロシアムで9.600人の観客が大興奮】
01.jpg
今年のメンバーは左から、中川直樹、ダニエル太郎、奈良くるみ、ネクスト・ジェネレーションATPファイナルを制したヒョン・チョン、伊達公子、マイケル・チャン、大坂なおみ、車いすテニス女子世界ランキング1位の上地結衣、内田海智、綿貫陽介、松岡修造の面々。この他飛び入り参加で錦織圭も主審として登場。会場内を沸かせました。
2枚の画像はオフィシャルフォトグラファーの佐藤ひろしさんからいただきました。

【日本テニス協会の表彰】
02.jpg
7試合の対戦後、日本テニス協会の表彰があり、後列左からユニバーシアード混合優勝の林恵里奈、上杉海斗、福井烈専務理事、渡辺康二副会長、ジャパンオープンダブルス優勝の内山靖崇(ベン選手は大会出場のため欠席)全米オープンジュニアダブルス準優勝の堀江亨、清水悠太、指導者賞は清水のお父さん、前列左から昨年のジュニア賞の綿貫陽介、大坂なおみ、今年度特別賞の伊達公子、錦織圭、そして上地結衣さんらが表彰されました。今年の最高優秀選手は杉田祐一でしたが欠席。豪華メンバーの表彰はなかなか壮観でした。

このイベントで、有明コロシアムは東京五輪に向けての改修工事に入ります。2月のデ杯・イタリア戦は盛岡で、楽天ジャパンオープンは武蔵野の森総合スポーツプラザで、全日本テニス選手権は大阪・靭テニスセンターで、日本女子オープンは広島の広域公園でと移動し、2019年8月末完成を待つことになりました。伊達さんはフェドカップでのグラフ戦を、圭サンはジャパンオープンの初優勝を振り返り、思い出に残る有明コロシアムを語りました。オリンピックに向けて素晴らしい施設ができることを楽しみにしたいと思います。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160