So-net無料ブログ作成

テニス日本リーグは第1ステージが終了 [TENNIS LINKS]

【男子レッドグループの結果はこちら】
01.jpg
http://tennis-jl.jp/
昨年優勝のエキスパートパワーシズオカと系列のイカイ、そして伊予銀行が4戦全勝とさい先良いスタートを切りました。3位で決勝トーナメント進出を狙っていたリコーは山喜に1-2と予想外の敗戦で1敗を喫してしまいました。三井住友海上の諱ががんばっています。

【男子ブルーグループの結果はこちら】
02.jpg
こちらのブロックでは優勝候補の三菱電機とレック興発が全勝。ノアインドアステージとトップランが3勝1敗で続いています。NOBUチームメンバーの小野田賢が所属するあきやま病院はトップランに3-0で勝ちながら、橋本総業、レックに1-2で惜敗し、1勝3敗。今季から初参加している橋本総業は意外に苦戦で1勝3敗。このブロックは三菱電機がダントツですが、2位以降はどこか残るか?全く予想できない状態です。

【女子ブルーグループの結果はこちら】
03.jpg
ディフェンディングチャンピオンの島津製作所は3戦全勝ですが、エームサービスとの対戦で今西美晴が鮎川真奈に敗れる波乱。ママさん・宮村美紀を補強選手にした日本郵政グループが2勝1敗で追う展開。島津は桑田寛子をナンバー2で使える訳ですから強いです。

【女子レッドグループの結果はこちら】
04.jpg
悲願の初優勝に向けメンバーの補強に余念のない橋本総業は第1ステージは全対戦3-0、失セット0で終えました。失ゲームも9試合で23ゲームです。健闘しているのが三菱東京UFJ銀行。大学で活躍した選手たちが過去の遺産でがんばって、2勝1敗で折り返しました。2位通貨なるか?アマチュア感がたまりません。

日本リーグの第2ステージは、年明けの1月19日からの3日間。男子チームは上位4チームが、女子は3チームが2月9日から東京都体育会館で行なわれる決勝トーナメントに出場することができます。全チームの皆さん、がんばってください。