So-net無料ブログ作成

慎吾サンおめでとう!結衣ちゃん残念! [TENNIS LINKS]

【国際テニス連盟の車いすテニスサイトは国枝慎吾がトップに】
01.jpg
http://www.itftennis.com/wheelchair/home.aspx
全豪の決勝、ウデとの試合は土曜日の夕方。WOWOWオンデマンドで応援していました。ファーストセットは4-6で落としたものの、セカンドは6-1でイーブンし戻すと、ファイナルはタイブレークにもつれたものの、7-6(3)という結果で、見事な復活優勝を遂げました。ケガがあり、ラケットを替え、ここまで戻ってくるまでに相当な努力があったことでしょう。優勝の瞬間は、思わずグッときちゃいました。ここからまた連勝を続け、東京パラリンピックまではがんばって欲しいですね。

さてさて、国枝慎吾がグランドスラムのシングルスで初めてタイトルを獲得したのは、2007年の全豪オープン。それ以来、今回の優勝で、通算21個目のタイトルとなりました。内訳は、全豪9回、全仏6回、全米6回という素晴らしい回数。これからもドンドン伸ばして行ってください。応援しています。

【上地結衣さんはシングルス準優勝、ダブルス優勝】
02.jpg
全豪オープンのダブルスでは3度目の優勝となった上地さん。全豪には5年連続出場で、昨年初優勝を遂げ、連覇を目指していただけに残念な敗戦でした。昨年は全仏オープンと全米オープンも制し、グランドスラムのシングルス3冠を達成していただけに本人も納得していないでしょう。ここからまたスタートしてください。

今年、国際テニス殿堂入りが決まったふたりは [TENNIS LINKS]

【男性はドイツの、ミヒャエル・シュティヒ】
01.jpg
https://www.tennisfame.com/
Michael Stich(ミヒャエル・シュティヒ)は 1968年10月18日 生まれ、ドイツ・ピンネベルク出身。身長193cm、体重79kgのスリムな体型で、現役当時は時速200km/hを超える弾丸サーブを武器にしたサーブアンドボレーヤー。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス9位で、単複とも世界トップ10に入った数少ない選手のひとり。ツアーのシングルスでは、1991年ウィンブルドンを含む18勝、ダブルスで1992年ウィンブルドンとバルセロナ五輪を含む10勝を挙げました。サンプラス、アガシ、ベッカー、チャンらの時代ですから、18タイトルは素晴らしい戦績です。

【女性はチェコの、ヘレナ・スコバが殿堂入りです】
02.jpg
Helena Suková(ヘレナ・スコバ)1965年2月23日生まれ。チェコスロバキア・プラハ出身。4大大会の女子シングルスで4度の準優勝があり、全豪オープンで2度、全米オープンで2度ずつの準優勝に終わった。ダブルスでは生涯グランドスラムを獲得。オリンピックでも、1988年ソウル五輪と1996年アトランタ五輪で2個の女子ダブルス銀メダル獲得(ペアは共に昨年亡くなったヤナ・ノボトナさん)。当時のチェコスロバキアでも名門のテニス一家に育ち、母親の故ベラ・スコバは1962年のウィンブルドン準優勝の経歴を持つ。父親のシリルはチェコスロバキア・テニス連盟の会長を務めたとのこと。

おふたりともおめでとうございます。
正式な式典は7月。アメリカ・ニューポートの国際テニス殿堂にて行なわれます。

デ杯・イタリア戦の選手が発表されました [TENNIS LINKS]

【本日未明に発表されたワールドグループ1回戦のメンバー】
01.jpg
https://www.daviscup.com/en/home.aspx
さあ、1回戦の各国メンバーが発表になりました。昨年の優勝国フランスは、メンバーを落とすことなく、ツォンガ、プイユ、ガスケ、マウ、エルベール。今年は試験的に5人まで選手登録が許されたので起用方法もかなり楽になったのかもしれません。スペインはカレノブスタ、バウティスタアグート、ラモスビニョラス、フェレール、フェリシアーノ・ロペスという豪華メンバー。オーストラリアのヒューイット監督は、キリオス、トンプソン、ミルマンを起用。クロアチアはチリッチ、コリッチ、ドディックと手堅いメンバーでチームを構成。カナダはプレーイングマネージャーに就任したダンセビッチがシャポバロフ、ポシュピシル、ネスターを率いて初陣。アメリカは5人の登録になったのでブライアンズを呼ぶのかなと思いましたがクーリエはクエリー、イズナー、ハリソン、ライアン・スティーブ・ジョンソンの4人で戦うことを決めたようです。そしてベルギーは1回戦からゴフィンを。ドイツもズベレフが登場します。東京五輪の出場の条件として、リオ以降3回のデ杯出場を国際テニス連盟が義務づけていることもあり、選手たちはメダル獲得に向けて、そろそろイメージしているのかもしれません。それにしても良いメンバーが出てきました。

【イタリアもベストメンバーです】
02.jpg

灼熱のオーストラリアから、寒い盛岡に誰が来るんだろうと思っていたイタリアチームですが、バラズティー監督はベストメンバーを組んできました。錦織圭と西岡良仁をケガの影響で回避した日本チームは、そうとは云え添田豪をキャプテンにしてエース杉田祐一、ダブルスで波に乗るベン・マクラクランと内山靖崇のペアで迎え撃ちます。

その注目される選手選考ですが、日本の岩渕聡監督は、杉田祐一(シングルス:41位)、ダニエル太郎(S:96位)、添田豪(S152位)、内山靖崇(S237位/D124位)、マクラクラン・ベン(Sなし/D:73位)の5人が選出しました。

一方のイタリアは、ファビオ・フォニーニ(シングルス25位/ダブルス97位)、パオロ・ロレンツィ(S:44位/D:85位)、トーマス・ファビアーノ(S:73位/D:498位)、アンドレアス・セッピ(S:76位/D:208位)、シモーネ・ボレリ(S:173位/D:168位)の5選手。ここで各選手の自己最高ランキングは割愛しますが、知らない名前はありません。相当な強敵ですが、日本の底力を盛岡で見せてあげましょう。

決戦は2月2日からの3日間。絶対に負けられない戦いがここにあります。

テニス日本リーグ・予選ブロックが終了 [TENNIS LINKS]

【日本リーグの予選が終了しました】
01.jpg
http://tennis-jl.jp/mens/
12月の1週と、先週の2回とに分かれて行なわれた今年のテニス日本リーグ。男子は16チームをふたつに分けて総当たりのリーグ戦で、各ブロック8チームのうち上位4チームが2月9日から東京都体育館で行なわれる決勝トーナメントに進むことができます。

【こちらが男子ブルーブロックの結果】
02.jpg
http://files.tennis-jl.jp/pdf/2017/mb2.pdf
優勝候補の筆頭、三菱電機が昨年全日本テニス選手権優勝の高橋悠介を補強し、全勝で1位通過となりました。7対戦で20勝1敗という結果でした。2位は関口周一と斉藤貴史を擁するレック興発。三菱電機には0-3でしたがそれ以外の全ての対戦(3ポイント)を2勝1敗でくくり抜け、堂々の2位通過です。3位は1次ブロックで橋本総業に敗れはしたものの、その後巻き返したノアインドア。そして4位にはNOBU TEAM MEMBERの小野田賢が所属するあきやま病院が滑り込みました。あきやま病院は今年、守谷総一郎を補強メンバーに入れ、チームの柱ができました。そして小野陽平(明治OB)がナンバー2として機能し、小野田と藤井信太のダブルスで計算が出来るチームとなり、4勝3敗とノアと並ぶ結果と決勝トーナメント進出という目標を2年目にして達成したことになります。

【こちらが男子レッドブロックの結果】
03.jpg
http://files.tennis-jl.jp/pdf/2017/mr2.pdf
レッドグループはイカイグループの2社、イカイとエキスパートパワーシズオカ。1位のイカイは、伊予銀行に敗れたシズオカとの最終戦で今季出場の清水悠太と羽澤慎治を起用せずに敗れシズオカと同率の6勝1敗で決勝進出です。イカイがシズオカに対し仮に3-0で勝利してしまった場合、同じく6勝1敗の伊予銀行が2位になる確率が高く、そうなると決勝トーナメントの準決勝で対戦することになってしまうため、イカイは最終戦で、わざと駒を落として、0-3でシズオカに敗れると云う戦略に出たものと思われます。プロは片山翔だけのサラリーマンチームである伊予銀行はこの結果3位となり、順当にいくと決勝トーナメントの準決勝でイカイとの対戦となります。様々な感情があると思いますが、初の決勝進出に向けて、ここは気持ちを入れ替えてがんばって欲しいですね。4位はリコーと共に3勝4敗で並んだ山喜が勝利試合数は同数でしたが、取得セット数で上回り、決勝進出。喜多元明を補強したリコーは2セット及びませんでした。レッドグループ・NOBU TEAM MEMBERのの結果は伊予銀行の飯野翔太がダブルスで6勝1敗、リコーの芝田雅司は、単複で3勝4敗という結果でした。決勝トーナメントも楽しみです。

そして女子。ブルーブロックは4連覇中の島津製作所が全勝、レッドグループは4年連続で準優勝の橋本総業が全勝で共に決勝進出。ブルーでは日本郵政グループがママさんプロの宮村美紀を補強して2位で通過、それぞれ3位までの6チームが決勝トーナメント進出です。

フェドカップ・日本チームのメンバーが発表されました [TENNIS LINKS]

【国際テニス連盟のフェドカップサイトで発表になりました】
01.jpg
https://www.fedcup.com/en/home.aspx
デ杯の翌週(2/7〜10)にインドのニューデリーで開催される「フェドカップ/アジア・オセアニア地域ゾーン・グループ1」でプレーする選手が発表されました。ワールドグループ2に復帰をかける日本チームは、土橋登志久監督のもと、日比野菜緒、奈良くるみ、加藤未唯、二宮真琴の4人を選出しました(加藤と二宮は初選出です)。

【組み合わせは以下の通り】
02.jpg
https://www.fedcup.com/en/draws-results/group-i/asia-oceania/2018.aspx
アジア・オセアニア:グループ1は全部で8カ国。2つのグループに分けてリーグ戦を戦い(シングルス2ポイント、ダブルス1ポイントの合計3ポイント)各ブロックの1位同士が対戦し勝者がワールドグループ2との入替戦に進出することができます、日本は、中華台北、タイ、韓国とのリーグ戦。ここは順当に勝ち上がれるとして、決定戦の相手はカザフスタンになりそうです。昨年の日本女子オープンで予選から勝ち上がり優勝した、サリナ・ディアスがナンバー2というメンバーですから強敵ではあります。ランキング上では日本がやや不利かと思われますが、国別団体戦は「何が起こるか分かりません」のでチーム一丸となって、ワールドグループ復帰を目指してください。ガンバって!土橋ジャパン!

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

盛岡で日本チームを応援しよう! [TENNIS LINKS]

【デビスカップ・イタリア戦のチケットが発売になっています】
01.jpg

今回のポスターは8人の代表候補選手たちが、過去のデ杯の対戦中に吠えた!ガッツポーズ集。なかなか迫力のあるデザインに仕上がっています。2月の盛岡はそうとう寒そうですが、何としてでも勝利をもぎ取って欲しいですね。

【チケット情報はこちらから】
02.jpg
http://www.jta-tennis.or.jp/tabid/452/Default.aspx
昨年の12月24日から一般販売が始まっていますが、まだ空席があるようです。
新宿発盛岡行きの夜行バスの最安値は、片道¥3.000-から
新幹線の通常運賃は東京[→]盛岡で¥14.740-。「えきねっとトクだ値」で割引も!
大阪(伊丹)、名古屋(小牧)から「いわて花巻空港」のフライトもあり。
宿泊も調べてみると、ビジネスホテルで¥4.600-から手配できそうです。
旅気分を味わいつつ、日本チームの応援に盛岡へ、是非ご検討ください。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160

おかえりなさい、西岡良仁! [TENNIS LINKS]

【ケガでリハビリをしていた西岡良仁がツアーに帰ってきました】
01.jpg
http://yoshihito-nishioka.com
9ヶ月間のブランクを乗り越え、良仁が戻ってきました。年明け早々に行なわれたオーストラリアでのチャレンジャー大会(7万5千ドル)が復帰第1戦になりました。結果は残念ながら緒戦敗退。ダブルスは一昨年のデ杯・イギリス戦以来、内山靖崇とペアを組んで望みましたがこちらも1回戦敗退でした。次戦は、エキシビションの「クーヨン・クラシック」そして全豪オープンというスケジュールを組んでいるようです。サイトでは、ケガの直前の好調時にはまだ及ばないが、コートに戻ってくる(完全復活)ことを喜んでいるメッセージがアップされています。

Twitterでの書き込みは「シングルス復帰戦は勝てませんでした。プレーは悪くないのですが、やはり試合勘がないです。練習マッチとは違い本番になると大事なポイントが取れず、チャンスが作れなかったです。こればっかりはもう試合をやるしか戻らないので、少しずつ戻していきます。とりあえずは無事試合を終えれて良かったです」だそうです。

【Youtubeも始めました】
02.jpg

https://www.youtube.com/channel/UCyGxHSHAJSukCPrhufLzITg
まだまだコンテンツは少なめですが、色々なことにトライしているようです。
西岡良仁のカムバック、どうぞ皆さん温かく見守ってください。

NOBUの営業日、営業時間は下記からご確認下さい。
NOBU Store Hours:http://tennisfactory.co.jp/info/info.html

錦織圭サン、全豪をスキップしてチャレンジャー大会出場へ [TENNIS LINKS]

【圭サンのサイトで、欠場のコメントが発表されました】
01.jpg
http://www.keisapp.com/w/kei-nishikori/n
このサイトにはメールアドレスと自分が設定するパスワードを入力すれば、簡単にアクセスすることができます。練習風景などの動画もバンバンアップされています。しかしながら圭サンのケガは心配ですね。今年はブリスベンとシドニー、そして全豪にエントリーしていていましたが、オセアニアでの全てをキャンセルしました。

【自身のコメントです】
02.jpg
全豪オープンは自分でもいちばん好きなグランドスラムトーナメントですが、残念ながら欠場することに決めました。手首のケガも順調に回復していますが「まだ5セットを戦うことができません」と綴られています。

【チャレンジャー大会に出場するようです】
03.jpg
マネージメント会社から報道陣に送られたメールによると、22日からカリフォルニアのニューポートビーチで、29日からダラスでのチャレンジャー大会2大会にワイルドカードの申請をし、受理された旨が書かれていたようです。そしてその後は、ニューヨーク、アカプルコのATPの大会に出場するとのこと。このスケジュールと5セットを戦えないとなると、盛岡でのデ杯・イタリア戦出場はあり得ない話となりました。まあここは、他のメンバーに託しましょう。圭さんにはいずれにしても、早い回復をお祈りします。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

NOBUの営業日、営業時間は下記からご確認下さい。
NOBU Store Hours:http://tennisfactory.co.jp/info/info.html

高校選抜テニスの関東予選が終了 [TENNIS LINKS]

【千葉県白子で行なわれていた高校選抜の関東予選は昨日終了】
01.jpg
http://tennismagazine.jp/_ct/17138963
テニスマガジン・オンラインの完全記録がアップされました。関東高校選抜は男子が秀明八千代、女子は早稲田実業が優勝を飾りました。そして全国大会の出場権を獲得。

【選抜はシングルス3ポイント、ダブルス2ポイントの7人がメンバーとなります】
02.jpg
全国選抜高校テニス大会は学校対抗の団体戦で、都道府県予選大会を勝ち抜いた各上位2校が地区大会に進出(北海道はそのまま上位3校が全国大会へ)、地区大会で上位進出した男女各56校が全国大会を争う(来年は40回記念大会なので、8校増枠の64ドロー)大会です。

【法政二高テニス部のサイトにも結果が掲載されています】
03.jpg

http://hosei2nd-tennis.asablo.jp/blog/2017/12/26/8755571
法政二高は1回戦で甲府工業を5-0で、2回戦は東京学館浦安に4-1、準決勝は東京1位の東海大菅生に3-2で勝利をおさめ決勝に進出しましたが、秀明八千代に2-3で敗れ準優勝です。NOBUでは毎年、チームのプラクティスウエアーやグッズをお作りしているので、結果が気になり、色々なサイトにアクセスして情報をゲット。準優勝の結果を知り、顧問の先生にお祝いメールをしました。この調子をさらに上乗せして、全国選抜でも良い結果を残してください。まずはおめでとうございました。

上地結衣ちゃん、全日本マスターズで10連覇!すごい! [TENNIS LINKS]

【友人のカメラマン・安藤さんのFacebookに速報が上がりました】
01.jpg

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1960853537573133&set=pcb.1960855467572940&type=3&theater
現在、国際テニス連盟の車いすテニスランキング女子部門で堂々の1位に輝く上地結衣ちゃん。本当は国内の試合は出る必要もないのですが、世界のマスターズに出場して準優勝。帰国後すぐに開催されたこの大会に出場し、見事に10連覇を達成です。本当におめでとう!。

【2008年、初優勝の時の結衣ちゃん】
02.jpg

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1960853840906436&set=pcb.1960855467572940&type=3&theater
結衣ちゃんは、なんと「花の94年組」でした。日比野菜緒、尾崎里紗、加藤未唯、穂積絵莉、澤柳璃子、二宮真琴、鮎川真奈などなどが同級生の23才です。えっ、これ13才(中学1年生)の時ですか?ビックリの10連覇です。最初の年齢がすごすぎ。

【そして10年目の昨日】
03.jpg
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1960854264239727&set=pcb.1960855467572940&type=3&theater
安藤さんのコメントでは「10個目のカップ。まだ10個しか集まってないって言ってました。」とのこと。この調子で、20、30連覇とやっていただきましょう。がんばれ!

テニス日本リーグは第1ステージが終了 [TENNIS LINKS]

【男子レッドグループの結果はこちら】
01.jpg
http://tennis-jl.jp/
昨年優勝のエキスパートパワーシズオカと系列のイカイ、そして伊予銀行が4戦全勝とさい先良いスタートを切りました。3位で決勝トーナメント進出を狙っていたリコーは山喜に1-2と予想外の敗戦で1敗を喫してしまいました。三井住友海上の諱ががんばっています。

【男子ブルーグループの結果はこちら】
02.jpg
こちらのブロックでは優勝候補の三菱電機とレック興発が全勝。ノアインドアステージとトップランが3勝1敗で続いています。NOBUチームメンバーの小野田賢が所属するあきやま病院はトップランに3-0で勝ちながら、橋本総業、レックに1-2で惜敗し、1勝3敗。今季から初参加している橋本総業は意外に苦戦で1勝3敗。このブロックは三菱電機がダントツですが、2位以降はどこか残るか?全く予想できない状態です。

【女子ブルーグループの結果はこちら】
03.jpg
ディフェンディングチャンピオンの島津製作所は3戦全勝ですが、エームサービスとの対戦で今西美晴が鮎川真奈に敗れる波乱。ママさん・宮村美紀を補強選手にした日本郵政グループが2勝1敗で追う展開。島津は桑田寛子をナンバー2で使える訳ですから強いです。

【女子レッドグループの結果はこちら】
04.jpg
悲願の初優勝に向けメンバーの補強に余念のない橋本総業は第1ステージは全対戦3-0、失セット0で終えました。失ゲームも9試合で23ゲームです。健闘しているのが三菱東京UFJ銀行。大学で活躍した選手たちが過去の遺産でがんばって、2勝1敗で折り返しました。2位通貨なるか?アマチュア感がたまりません。

日本リーグの第2ステージは、年明けの1月19日からの3日間。男子チームは上位4チームが、女子は3チームが2月9日から東京都体育会館で行なわれる決勝トーナメントに出場することができます。全チームの皆さん、がんばってください。

毎年恒例のホップマンカップに、今年は日本も出場! [TENNIS LINKS]

【ホップマンカップは12月30日から始まります】
02.jpg
https://hopmancup.com/
昨日ご紹介した“ハリー・ホップマンさん”のテニス界における功績を讃えて、1989年に創設されたホップマンカップ。試合は国別対抗戦で、男女ひとりずつの2人がシングルスを戦い、勝敗がタイになった場合、ミックスダブルスで決着をつける方式です。昨年はロジャー・フェデラーが復帰の第1戦に、この試合を選んだことで話題になりましたが、今年も多くのトップ選手たちが集結しそうです。

【各国のメンバーはこちら】
03.jpg

スイスはフェデラーとベンチッチ、ドイツはズベレフとケルバー、アメリカはソックとバンダウェー、カナダはポシュピシルとブシャール、その他ゴフィンやキリオスも登場。そして日本からは杉田祐一と大坂なおみのペアが出場します。参加するのは8カ国で、4チームを2つのブロックに分け、1位同士で決勝戦が行なわれます。日本チームは第1回大会の1989年に松岡修造、柳昌子のペアで、1992年には山本育史、伊達公子のペアで、2000年には鈴木貴男と杉山愛のペアで出場して以来の参加となります。

日本は12月30日にスイスと、1月2日にアメリカと、4日にロシアと対戦の予定。杉田クンは「今度ロジャーと対戦したら絶対に勝ちますよ!」というセリフを聞きましたのでこの対戦は興味津々です。大会はWOWOWさんが生中継をするそうなので年末年始がチョット楽しみになりました。お見逃しなく!

インカレインドアが(まずは予選から)始まりました [TENNIS LINKS]

【会場は大阪の江坂テニスセンターで予選が始まりました】
01.jpghttp://allnippontennisgakuren.r-cms.jp
インカレインドアは昔からドロー数は少なく、シングルスが16、ダブルスが8。シングルスはダイレクトが12人で、予選は32人の中から4人が本戦に出場できます。出場資格は全日本学生ランキングというのがあり(リンクから確認できます)、これに基づいて選出されます。よって今年のインカレ初戦で敗退の望月勇希、3回戦敗退の小林雅哉らもリストに入っています。ちなみにこのランキングシステムには全日本テニス選手権も対象大会になっているため、今年ベスト4に入った上杉(ケガでインカレには出場していません)がダントツの1位で卒業を決めました。プロ転向を表明していますので楽しみ!

【男子の本戦リスト】
02.jpg
大学4年生は8月のインカレのあと、リーグ戦[→]大学王座とあり、それでほとんどが引退です。よってこのインカレインドアでは、慶應の上杉海斗、早稲田の三好健太、中央の大和田英俊らのエントリーはありません。インカレ優勝の島袋将など、今の2年生に注目選手が多いのも今大会の魅力でしょう。

【女子の本戦リスト】
03.jpg
女子は早稲田が4人に、筑波が2人。際立った選手がいませんので誰が栄冠を勝ち取るかは混戦となりそうです。日程は今日から予選(4日間)が始まり、本戦は30日から12月3日まで。関西にお住まいの方、ご観戦をお勧めします。

日刊スポーツが突然の錦織圭報道 [TENNIS LINKS]

【日刊スポーツがフロリダまで出向いての取材です】
01.jpg

https://www.nikkansports.com/sports/news/201711230000527.html

【動画も配信されています】
02.jpg
https://www.nikkansports.com/sports/news/201711230000431.html

【そしてインタビューはこちら】
03.jpg
https://www.nikkansports.com/sports/news/201711240000023.html
ツアーファイナルに行く出張経費をこちらに回したのでしょうか(笑)、フロリダ・ブラデントンに出向き、練習を再開した圭さんに独占インタビューです。

詳しくはリンクから、映像をご覧いただき、テキストでお読みください。
日刊スポーツさん“Good Job”です。

ツアーファイナルに日本語版があるのをご存知ですか? [TENNIS LINKS]

【日本語サイトのトップページはこれです】
001.jpg
http://www.nittoatpfinals.com/ja
11月12日から始まった「ATPツアーファイナル」。今年から日本企業の「Nitto」さんがメインスポンサーになり、サイトでも日本語ページが構築されています。素晴らしい!

【トーナメントのレポートも全て和訳されています】
03.jpg
今年のファイナルに、マレー、ジョコビッチ、ワウリンカの名前はありません。そしてナダルも1回戦っただけでロンドンをあとにしました。ラウンドロビンはベッカーグループにフェデラー、ズベレフ、チリッチ、ソックの4人。サンプラスグループにはナダル(代打でカレノブスタ)、ティエム、ディミトロフ、ゴフィンの4人。準決勝に駒を進めたのは、フェデラー、ディミトロフとソック。今晩の対戦でティエムのゴフィンの勝者が勝ち上がります。そして週末に今年のチャンピオンが決定します。

【昨日のハイライト】

ロジャーさまも快勝でしたが、パリインドアで初のマスターズ優勝を果たし、ツアーファイナルに最下位で入れたジャック・ソックがズベレフを破り準決勝進出を決めました。

【4日目のハイライト】

ディミトロフもティエムの良い感じですね。
来年はベンをうっちーのダブルスがこの場で観られることに期待したいと思います。

2017のFed Cupはアメリカが優勝! [TENNIS LINKS]

【アメリカがベラルーシを3-2で破っての優勝です】
01.jpg
https://www.fedcup.com/
ベラルーシの首都ミンスクの室内ハードコートで行われた世界女子国別対抗戦、フェドカップ決勝で、アメリカはベラルーシを3勝2敗で倒し、18度目のタイトルを手に入れました。

【シングルスは2勝2敗で、最後のダブルスにポイントがかかりました】
02.jpg

全米オープン優勝のスティーブンスとベスト4のバンダウェイのふたりを擁してのチーム構成でしたが、スティーブンスがまさかのシングルス2敗。バンダウェイが2勝と気をはき、2勝2敗のタイへ。ポイントのかかったダブルスは、アメリカが、ココ・バンダウェイとシェルビー・ロジャーズ。ベラルーシはアリナ・サバレンカとアリャクサンドラ・サスノビッチのペア。ベラルーシはセカンドセット5-2のリードを守れず、アメリカが6-3 7-6(3)で勝利し2017年のシーズンを優勝という締めくくりです。

アメリカの監督を務めたのは、古いファンならお馴染みのキャシー・リナルディ。

バンダウェイは今季、フェド杯でプレーした8試合(シングルスが6試合にダブルスが2試合)のすべてで勝利をおさめ、2005年に現在のワールドグループのフォーマットになって以来、8試合に勝った初のプレーヤーとなりました。女子のシーズンはこれで終了。アメリカチームにとっては良いクリスマスが迎えられることでしょう。

【Fed Cup Final 2017 ダブルスのダイジェスト版はこちら】

やはりタイブレークは手に汗を握りますね。

全日本テニス選手権の予選が始まりました [TENNIS LINKS]

【今年もまた、全日本の季節がやってきました】
001.jpg
http://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/433/Default.aspx
全日本テニス選手権は毎年、女子シングルスの予選から始まります。理由は簡単で本戦の決勝戦が男子は日曜日に、女子は土曜日に行なわれるため、女子の日程を1日早く始めるからです。残念なことに今日は降雨のためコロシアムで7試合が行なわれただけでした(オーダーオブプレーは32試合)。

【よって明日の日程は男子の予選と併せて61マッチが組まれました】
002.jpg
003.jpg
明日の天気予報では午前中まで小雨、そして午後6時以降は雨ですので、どれだけの試合が消化できるか心配です。台風が週末から火曜日くらいまで襲ってきそうですし、ちょっと日程が心配な今年の全日本です。

TEAM NOBU MEMBERの小野田賢と芝田雅司のふたりはシングルスが予選から、ダブルス(ペアはそれぞれ違いますが)は本戦からの戦いとなります。おふたり共に先週来店され、今年の勝負ウエアを調達しましたので、ベストパフォーマンスを出してくれるよう期待したいと思います。

二宮真琴が広島球場で始球式 [TENNIS LINKS]

【セントラルリーグ・クライマックスシリーズの初戦という名誉です】
01.jpg
http://tennismagazine.jp/_ct/17126043
二宮真琴は広島県出身の大の広島カープファンとのこと。今年のウィンブルドンダブルスでベスト4に入った功績が讃えられ、クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦「広島東洋カープ対 横浜DeNAベイスターズ」戦の始球式に登場したそうです。

【たぶん日本人テニスプレーヤーでは初めてのことではないでしょうか】
02.jpg
面白いやり取りは以下[↓]
Q とても素晴らしいフォームで投げて、さすがプロテニスプレーヤーというところを見せることができたのではありませんか? ご自身の評価は?
二宮「ワンバウンドしてしまったのが悔しいですが、真っ直ぐ投げられたのはよかったです。もっと体を使ってよい球を投げられるように(サービスにつながるように)また練習します」

真琴さんの「カープ女子」ぶりはスポーツ新聞などでも紹介されています。
詳細はリンクからお読みください。
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171018-OHT1T50124.html
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/800692/

【そして動画を見つけました】

アナウンサーに「井上真琴」と紹介されちゃいました…。

全日本大学王座決定戦の結果 [TENNIS LINKS]

【男子は早稲田の13年連続25回目の優勝】
01.jpg
http://tennismagazine.jp/_tags/College
直前の関東大学リーグ戦では王者早稲田に4-5で惜敗した慶應義塾でしたが、無念にも1-8という大差で今年も王座優勝にはなりませんでした。早稲田は前々日の準決勝で関西大学リーグ優勝の関西大学にダブルス1-2、シングルスでも進境著しい千頭(ちかみ)昇平がケイレンでリタイアするなどして5-4と薄氷を踏むような決勝進出でしたが、決勝の慶應戦ではダブルス2−1リードからシングルスの全勝で8-1とし、13連覇の達成です。選手たち、大学テニス部の関係者、そしてOBのみなさん、おめでとうございました。

【女子も早稲田が13年連続25回目の優勝】
02.jpg
http://tennismagazine.jp/_tags/College
女子の王座は関東のリーグ戦とは違いダブルス2ポイント、シングルス3ポイントの合計5ポイントで勝敗を決めます(関東ではダブルス/2、シングルス/5の7ポイント)よって必然的にトップ選手が多い方が勝機に恵まれます。関東のリーグ戦では早稲田が2位に入った筑波と直接対決で4-3勝利と薄氷を踏む勝利でしたが、王座決勝では早稲田が5-0で完勝しました。しっかりと対策を練って上位陣が戦った結果だったかも知れません。

学生諸君はこれで今年の学生テニスシーンはひと段落です。そして今週末からは全日本テニス選手権が始まります。ここにも多くの選手たちがエントリーしていますので、この王座でピークを作った選手たちには引き続きこの全日本でも健闘を託したいと思います。
以前の「田川翔太」がそうだったように…。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

日本人選手によるエキシビジョンマッチが今年も開催されます [TENNIS LINKS]

【今年のチラシのデザインはこんな感じ】
002.jpg

今年三鷹に降臨するのは、添田豪、伊藤竜馬、内山靖崇、吉備雄也、鈴木貴男の面々。

【詳細はWeb Siteでご確認ください】
001.jpg

http://tennis.jp/heatjapan
今年の開催は例年よりもちょっと早い12月の第1週末です。両日共にシングルスが4試合、ダブルスが2試合の実施。エキシビションマッチなので真剣勝負の中に選手たちのスーパーショットなどが見られることでしょう。選手をより近くで感じられるこのイベント、毎年人気のようです。