So-net無料ブログ作成
Custom Made ブログトップ
前の20件 | -

東京アンダーグランドのゲームウエア [Custom Made]

【スカルマークが胸に大きく入ったゲームウエアです】
001.jpg
https://bpproducts.thebase.in/
東京アンダーグランドの新製品です。
白地の他にも、紺、黒、エンジ、デイジーなどのベースで製品を作りました。

【胸と袖のデザインはこんな感じ】
003.jpg
胸には製造者ロゴ、袖にはコマーシャルロゴでの製品化です。
このデザイン、公式の試合で着用が可能です。

【白地のドライハーフパンツも登場です】
002.jpg
こちらはゲームパンツ。
基本色は紺、黒、ロイヤルブルーとありましたが、白が追加です。
2012年から始まった「東京アンダーグランド」のウエア作り。バリエーションも増え、かなり盛り上がってきました。アイテムもドンドン新作が出ています。

「東京アンダーグランドテニスクラブ」の製品は、弊社が責任を持って製造しています。
カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

TOKYO TENNISのチームオーダー [Custom Made]

【早稲田大学庭球部OBの方からのご依頼でチームウエアを制作】
01.jpg
「TOKYO TENNIS Tee」は、基本的にコットン100%の製品を販売していますが、チーム戦に出場する際にメンバーでお召しになると言うことでしたので、「それならドライ生地でお作りしますよ」とご提案して制作しました。袖にチーム名をプリントしました。

【FUJI FILM TENNIS TEAMです】
02.jpg
ご担当の方から会社のロゴをイラストレータデータでお送りいただき、そこに「TENNIS TEAM」の文字をレイアウトしました。ロゴに近いフォントを選び、アイデンティティーを殺さないように注意しながら左右幅を決め込みました。出来上がればなんてことないのですが…。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

軽井沢フューチャーズの販売ウエア [Custom Made]

【今年もフューチャーズウエアが会場で販売されています】
01.jpg
こちらはドライジャージ・ジップパーカです。
今年はダークグリーンでお作りしました。

【毎年恒例のHOODYです】
02.jpg
今年はインディゴブルーと、アンティークサファイアの2色をお作りしました。
アメリカサイズで「SからL」までの3サイズです。

【ドライポロシャツはミックスカラー】
03.jpg
ミックスブルーと、ミックスグレーのポロシャツの他、白地のポロはボタンダウンにしたり、毎年観戦に来ていただく方に、同じものにならいないアイテムを作っています。

【そして、今年はドライパンツまで作りました】
04.jpg
パンツは紺と白の2色。もちろん大会ロゴマーク入りです。

土曜日の今日はシングルス準決勝2試合とダブルスの決勝です。
是非ご観戦にお越し下さい。お待ちしています。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

軽井沢フューチャーズの会場で販売されているバッグ [Custom Made]

【会場となっている軽井沢会テニスコートで販売されているトートバッグ】
01.jpg
帆布のトートバッグは大と小。こちらはハンドルが紺色のタイプ。
大会のロゴをハンドルと同じ色でプリントしています。

【デニムタイプも好評のようです】
03.jpg
デニム地のトートバッグも大きいのと小さいのの2種類。
柔らかい素材で、ハンドル部分も包みタイプなので持ちやすいトートです。

【帆布のトートは紺とグリーンの2色】
02.jpg
こちらはハンドルがグリーンのバージョン。
今年の軽井沢フューチャーズでは今までにないトートバッグのバリエーションでグッズラインナップを展開しました。ご観戦の際には、手に取ってご覧ください。普段は入場できない軽井沢会テニスコートですが、フューチャーズの期間中は、入場無料で観戦できます。

これらのトートバッグはNOBUが責任を持って制作しました。
カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

日本オラクル・テニス部のチームウエア [Custom Made]

【実業団の最終戦に間に合うようにお作りしました】
a.jpg
日本オラクルさんのチームウエアをお作りしたのは2015年から。ポロシャツやドライTeeなどにオラクルのロゴをワンポイントとしてプリントしています。

【今回はハーフパンツもお作りしました】
b.jpg
会社のロゴは指定色が「オラクルレッド」で忠実に再現しました。

【細身のスウェットパンツも】
c.jpg

こちらも同様に赤でプリントです。
連休明けの手配と云うことで、かつ実業団の最終戦にあわせると云うタイトなスケジュールで、金曜日の夕刻に工場から出来上がりお渡しする予定でしたが、どうしても早い時間帯に欲しいと云うお客さまからのリクエストで、お店を45分クローズして、通勤用チャリに大きなリックを背負い、工場までピックアップに。戻ったところにご来店と云う綱渡りの納品となりました。長いことこんなような仕事をしているので、これもまたありかなと思っています。チームオーダーでは様々な対応がありますが、ドンドンわがままを云ってください。どんなことでも、受けて立ちますので…(笑)。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

軽井沢会、今年のポロシャツは小粋です [Custom Made]

【今年も軽井沢会のオリジナルポロシャツをお作りしました】
01.jpg
アメリカのGildan社が日本法人を立ち上げ、日本人用のサイズスペックでGildanブランド製品を展開しています。今年、軽井沢会さんはこのブランドが出している綿とポリエステルの混紡素材のホワイトポロシャツをセレクトされ、胸に会のオリジナルロゴをプリントして、ゴールデンウイーク前に納品しました。ロゴだけのシンプルなデザインです。

【レディースもシルエットがきれいでサイズバリエーションも豊富】
02.jpg
このポロシャツのシリーズは、メンズがXSから4Lまで、そしてレディースのSからXLまでと、11サイズのバリエーションを持っているので、ほとんどの体型の方を対象にすることができます。非常に便利なのでチームオーダーなどに対応しやすいアイテムのひとつと云えるでしょう。NOBUではカスタムメイド対応として、様々なメーカーのカタログをご用意しておりますので、何なりとお問い合わせください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

東京アンダグランドの定番に新色が追加 [Custom Made]

【Gaoraの解説を勤める佐藤武文さんのブランドの新製品】
yellow.jpg
http://bpproducts.thebase.in
定番のスカルマークプリントに新色が登場です。デイジーイエローに黒プリント。
上記のサイトからご購入いただけます。

【ミックスグレーにロイヤルブルーのプリントも登場】
gy+rb.jpg
どちらの製品も、弊社が責任を持って製造していますので、オススメのひと品です。
金子英樹さんや、実業団選手の只木さん、野口政勝さんたちも着用のブランドです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

今年も久留米の女子サーキットのお手伝い [Custom Made]

【大会名称は“久留米ユー・エス・イーカップ国際女子テニス2018”です】
01.jpg
http://www.itf-kurume.jp/woman/
大会サイトのトップページは昨年の表彰式の風景です。
国際テニス連盟の女子サーキットは日本国内第2クールは、岐阜の8万ドル、福岡の6万ドル、そしてここ久留米の6万ドルと高額賞金シリーズが続きます。予選が今日から始まり、15日の火曜日からいよいよ本戦が始まります。久留米はイベントも様々なゲストを招いて、多く開催され、観客にはうれしいトーナメントです。
お近くにお住まいの方、是非足を運んでみてください。

【今年もスタッフ用、物販用のシャツをお作りしました】
02.jpg
今年はビビットなミントグリーンとライトサックス。この他にもロイヤルブルーの生地でも制作しました。この他にもドライキャップ(画像なし)もお作りしました。

【久留米市のキャラクター・くるっぱも左にいる背中のデザイン】
03.jpg
終盤の土日には「くるっぱ」も会場に登場するようです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

歯医者さんの大会の参加賞とチャンピオンHoody [Custom Made]

【今年は男性だけの参加となったので、思い切って“TENNIS BOY”でデザイン】
01.jpg
ドライシャツですが、オーソドックスに紺地で、ベーシックに白でプリント。
大会名と年号を小さめに、TENNIS BOYの[↓]にレイアウトしてみました。

【優勝チームに送られる、チャンピオンHoody】
02.jpg
1チーム6人構成なので、たった6枚のために作られるのがこのチャンピオンHoody。
今年優勝したチームは、来年必ずこれを着て登場するでしょう。

【王冠にボールとラケットを埋め込んでデザインしました】
03.jpg
大会の詳細は昨日のブログでご紹介したとおり。
1回目から参加賞のデザインをしているので、毎年制作の度に、前回までのデザインをいちど確認をして、それからプランニングします。過去の参加賞を着て参加される先生方も多くいらして、見ている方(作った側)にも楽しみがあります。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

ルート66の地図をあしらったトートバッグ [Custom Made]

【お客さまからのご依頼でお作りしました/店舗販売用トートバッグです】
01.jpg
昨年は大きいサイズを納品したところ、お店では好評だったようで、今年は小さいサイズを作ってみたいと云うご意向を受け昨日納品しました。

【制作は全部で3色のミニサイズ・トートバッグ】
02.jpg
テニスボールと比較していただくと分かる通り、かなり小さめのトートバッグです。アメリカ好きな方にはチョット喜ばれそうなデザインです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

青学庭球部、昨年度のの選手表彰 [Custom Made]

【最優秀選手と優秀選手3名だけがいただける光栄なHoodyです】
01.jpg
青山学院大学庭球部は毎年、卒業生を送る会(追い出しコンパって昔呼んでた)の際にその年度の最優秀選手と優秀選手の表彰をしています。決して4年生が対象ではないのですが、この場での表彰ってのも良いですね。今までは記念品を差し上げていたのですが、昨年からオリジナルパーカーに、年度と名前を刺繍で入れたアイテムを贈呈しています。今年は白地に濃い緑のプリントと刺繍糸色。これ、学食で着ていたら目立ちますね。

【今年の選ばれたのはこのお三方】
02.jpg
贈呈式の翌日、青学庭球部のFacebookにこの写真がアップされていたので、拝借しました。左から、徳本くん、中島くん、今田さんが今年の表彰者です。おめでとう!

【たった3枚のカスタムメイドです】
オリジナルアイテムの制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

東京アンダーグランドテニスクラブの新作 [Custom Made]

【ビンテージ風なスウェットパンツです】
04.jpg
GAORAの解説でお馴染みの佐藤武文さんのオリジナルブランドである「東京アンダーグランドテニスクラブ」から新作の登場です。

【グレーと紺の2色から始まりました】
02.jpg
東京アンダーグランドテニスクラブのアイテムは下記から購入できます。
http://bpproducts.thebase.in
製品はNOBUで責任を持ってお作りしていますので、お勧めのアイテムです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

浦和パークテニスクラブのオリジナルウエア [Custom Made]

【クラブメンバー用のチームウエアをお作りしました】
01.jpg
02.jpg
03.jpg
胸のワンポイント用の版と、背中に大きく“壁を破れ!”というメッセージ用の版を作って、Zip Hoodyとドライシャツ、スウェットパンツをお作りしました。これがチームオーダーの基本形のようなもの。クラブのオリジナルロゴマークをオーソドックスなものにしているので、メッセージで遊ぶことができます。今回の製作では子供用のものが110センチから、大人サイズではXLまであったので、背中の版は左右20センチと、30センチの2サイズ作りました。欲を言えば胸のワンポイントも、大小のサイズがあった方がよかったかもしれません。大きすぎないので収まりは良いんですけどね…。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

受注してから、30時間後に納品という快挙 [Custom Made]

【これがいつもできるとは限りませんが…】
01.jpg
法政二高テニス部の70周年記念用に作ったドライシャツの追加で、顧問の先生から「17日から全国選抜に行くのですが、何とか18枚だけ追加で作っていただけませんか?」という電話があったのが昨日(14日)の午前11時。開店時刻を見越してのことと思いますが、ここでご注文をいただきました。すぐに生地を手配して、メーカーからプリント工場に直送(今日/15日着)。工場では他に入れていた仕事を入れ替えてもらい、午後6時に出来上がってきました。先生からは福岡のホテルに送っていただいても結構ですからと云われていたのですが、出発の前日には学校宛に届くようなスケジュールでやってのけてしまいました。

【応援団のユニフォームがこちら】
02.jpg
第40回全国選抜高校テニス大会は3月20日〜26日まで、福岡で開催されます。法政二高は女子が神奈川の予選で敗れたため、男子チームのみが出場となります。その男子は関東地区大会で千葉の秀明八千代に敗れて準優勝という結果を残していますので、ドロー次第では上位に食い込めるチーム。蛍光ピンクのお揃いシャツで勝利に向けて応援してください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

法政二高テニス部が70周年を迎えます [Custom Made]

【70周年記念のTee-Shirtsをお作りしました】
01.jpg
過去にも50周年、60周年と、10年ごとのアニバーサリーでデザインしてきました。

【60周年のときはこのデザインでした】
04.jpg
10年なんてアッという間ですね。このデザインもなかなか秀逸でした。

【OBの方にはオレンジが】
02.jpg
70周年のシャツは3色で作りました。上のブルーは2年前から共学になったのでその女子部員用。オレンジがOBの方用の法政オレンジ。下のブルーが現役男子用の分。きれいな棲み分けができました。記念式典がある3月3日に合わせての納品でした。

【現役男子部員はブルーの霜降り】
03.jpg
テニスコートの中に創部された「1948」と「2018」をヌキで表現しました。
70の文字がきれいにできて、まとまりのあるデザインになりました。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

慶應チャレンジャーの新作グッズ [Custom Made]

【慶應チャレンジャーのHoodyに紺地の新色を製作】
01.jpg
https://www.facebook.com/KeioChallenger
慶應義塾大学庭球部の部員さんが新作を着ている画像がFacebookにアップされました。今年のデザインは真ん中に立つ畠山クン(湘南工大附属卒)が担当で、ドライシャツ、タオル、スウェットパンツとこのHoodyなどをお作りしましたが、新色のHoodyも欲しいのです!との相談を受け、左右のふたりが着ている紺色で追加製作をしました。

【プリントの色で悩んでいたのでこのアプリを紹介】
02.jpg
https://itunes.apple.com/jp/app/カラーガイド/id405007873?mt=8
プリントするインクは絵の具と同じで、どんな色も作ることができますが、なかなかイメージができない場合があります。そんな時に便利なのがカラーガイドです。今回は紺色にターコイズブルーを指定されプリントしましたが、こんなにきれいに仕上がりました。インクに黄色を入れて発色を良くしたのも、隠し味のようなものです。このカラーガイドは「日本でトップシェアの色見本帳「DICカラーガイド」のデジタルカラーライブラリ」。番号を決めていただければ指定色でプリントすることができます。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

慶應チャレンジャーの販売用タオルです [Custom Made]

【男子は7.5万ドルのチャレンジャー、女子は2.5万ドルのサーキットです】
02.jpg
http://www.keio-challenger.jp/index.php
トーナメントサイトのトップページでは昨年優勝の杉田祐一のカップ写真がアップされています。昨年も2月の開催でしたから、杉田の快進撃はここから始まったと云っても過言ではないでしょう。今年はどんなスター候補が勝ち上がるのか?チャレンジャーはそういった観戦の楽しみもあります。男子は2月26日から、女子は3月6日から本戦がそれぞれスタートします。今から観戦予定に入れておいてください。

【パーカー、スウェットパンツ、T-シャツに続き、タオルも製作しました】
01.jpg
3段で、テニス用語を羅列しています。その中でブルーで塗られた文字を続けて読むと「Keio Challenger」となります。使っているテニス用語が重複していないのもご立派。白地のタオルに黒文字と、黄色のボールマークがくどくないアクセントになったいます。キース・ヘリング的なフォントでデザインしたのも実に良くできました。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

神宮テニスクラブのプロパーアイテム [Custom Made]

【明治神宮外苑テニスクラブのオリジナルウエアーです】
01.jpg
昨年、開業60周年を迎えた神宮テニスクラブ。60周年記念のロゴマークをデザインしてメンズポロ、レディースポロ、ハーフパンツをお作りしました。今年はその60周年記念は終了し、年号の入っていないロゴマークをデザイン。クラブ内のプロショップで販売するプロパーアイテムをお作りしました。[↑]の画像はドライタイプのジップアップジャケット。紺地の胸にワンポイントでロゴをプリントしました。

【クラブウエアーのロゴ】
02.jpg
60年前のラケットと現在のラケットをクロスしたデザインはそのままにして、神宮テニスクラブの文字を2本のラインとでデザインしました。あくまでもシンプルに。

【基本は白のウエアですので、パンツは白です】
03.jpg
実物はもう少しタイトなのですが、斜めから撮影したので、ちょっともさっとして見えます。裏パイルのパンツなのですが表面に光沢があり、上品な素材のストレートパンツです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

NOBUの営業日、営業時間は下記からご確認下さい。
NOBU Store Hours:http://tennisfactory.co.jp/info/info.html

亜細亜大学フューチャーズの大会グッズ [Custom Made]

【今年も亜細亜大学フューチャーズの大会グッズを製作しました】
01.jpg
何と2001年からお作りしている亜細亜大学のプラクティスウエアーとフューチャーズ大会グッズ。毎年学生さんたちとほぼ1日をかけてパソコンに向かってデザインし、3〜4パターン提案します。部員さんたちはそれを持ち帰り、ミーティングにかけ、今年のバージョンを決めています。よって毎年2〜3パターンはボツになる訳で、今年は過去にボクになったデザインを掘り起こすことから始めました。過去のデザインにアレンジしてできたのがこちらです。アメリカのギルダン社製のかぶりパーカに大きくプリントしました。コンサバティブですが、カッレジの運動部っぽいデザインです。

【スウェットパンツはベーシックにASIA TENNIS】
02.jpg
テニスボールがアクセントになっています。本当の意味でのチームウエアー。

【今年は長袖のドライシャツがお揃いです】
03.jpg
部員全員が好きな色でという面倒なリクエストにお応えしました。全部で15色。白地以外(色地のシャツ)は全部白色でのプリントを条件にしてお作りしました。これってチームウエアーと云えるのかな?マークが同じなのでそれで良しとしましょうか。男女共に15.000ドルの国際テニス連盟公認の国際大会のご成功をお祈りしています。チームの皆さん、運営がんばってください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

今年も慶應チャレンジャーのグッズを製作 [Custom Made]

【恒例のHoody。今年はアンティークサファイアというブルーです】
01.jpg
例年のデザインですと胸に「慶應チャレンジャー」という大会名を文字やイラストを使って表現していましたが、今年は大会のコンセプトである「Beyond the limit/限界を越えて」という文字をデザインしました。そして左袖に「Keio Challenger」をレイアウトしました。従来のデザインではありませんので、斬新かもしれません。

【スウェットパンツは細身のボディをセレクトしてプリントしました】
02.jpg
右腿のプリントは白にせず、黒インクの80%のグレー。チョットオシャレな感じをイメージされたのかと思います。かなりタイトなパンツの仕上がりです。

【左のお尻に大会名を2色刷り】
03.jpg
右のお尻にはポケットがあるので、そのポケット口と水平に大会ロゴをプリントしました。こちらは白と、右腿に刷ったグレーを同じ色での2色刷りです。

【販売用の大会ロゴモデルは今年も製作】
04.jpg
今年は黄色と黒の生地で販売されます。まだ今年のチャレンジャーサイトでは販売されていませんが、2月に入れば始まると思います。もちろん会場での物販もあります。

大会の詳細は:http://www.keio-challenger.jp/index.php
前の20件 | - Custom Made ブログトップ