So-net無料ブログ作成
検索選択
Tennis Collection ブログトップ
前の20件 | -

昔はこんなキャップ、作っていました [Tennis Collection]

【星条旗キャップです/NOBUバージョン】
01.jpg

【Stars & Stripesを忠実に再現しています】
02.jpg

【そして後頭部には、UNEITED STATESの刺繍入り、コテコテ感、満載です】
03.jpg
これからも面白いものを作っていきます。

10年くらい前に作っていただいた“マイ・アディダス・バリケード” [Tennis Collection]

【シューロッカーに眠っていたお宝を出してきました】
001.jpg
http://shop.adidas.jp/miadidas/index.cgi
10年以上も前に作っていただいた“マイ・アディダス”です。
測定版のような上を歩いて、その人の足形を計測して、オリジナルのシューズを作ってくれるサービスで、今も継続しています。大切に使いたい気持ちが倍増するシステムです。
国旗が選択できたので、迷わず“日の丸”にしました。これが受けました。

【ソールの選択はもちろんクレーコート】
002.jpg
かなり古い“バリケードモデル”ですが、使用後にウェットティッシュで拭いたりしているので、かなり良い状態で保存してあり、昨日の朝練でも良い仕事をしてくれました。

【ネームも入れてくれます】
003.jpg
今のシステムだと“Stan Smith”もマイ・アディダスで作れるみたいです。
当時は全部で6足くらい作っていただきましたが、姪に持って行かれたり、ボロボロになるまで履き潰したりしてもうこの1足しか残っていませんが、大切に使おうと思っています。
アディダス・ジャパンさん。今後ともよろしくお願いします。

ウィンブルドンのおみやげ/Vol.2 [Tennis Collection]

【フェデラーとチリッチが決勝戦を戦います】
01.jpg
きれいなケリーグリーンのTee-Shirtsです。

【こちらはオーソドックスなロゴマークが胸にドーンと】
02.jpg
昨日、日比野奈緒と加藤未唯の帯同でウィンブルドンに行っていた元デ杯監督の竹内映二さんが、これまた元デ杯監督の植田実さんの運転する車で、おふたりがご来店。映二さんからこのおみやげをいただきました。いつも本当に感謝です。選手のふたりは残念な結果でしたが、全米に向けて準備が始まったようです。

【白のシャツの脇にはこんなタグが縫い付けてあります】
03.jpg
さてさて、ウィンブルドンも残すのは男女シングルスの決勝のみ。明日は女子でウイリアムスお姉ちゃん対ムグルサ。一方の男子シングルスは、フェデラーが男子では前人未到となる8度目のタイトル獲得をかけてチリッチとの対戦。何とフェデラーは今大会で、まだ1セットも落としていません。寝不足もあと2日です。

ウィンブルドンのおみやげ/Vol.1 [Tennis Collection]

【まだ終わっていませんが、お土産をいただきました】
01.jpg
ジュニア用のリストバンドです。クロスラケットが塩ビで、圧着しています。
裏側には“Wimbledon”の文字が入っていて、おみやげには喜ばれるでしょう。

【コットンTee-Shirtsは純白です】
03.jpg
左胸にロゴがプリントされたシャツです。
アフターテニスで、街着で、「テニスしてます」をアピールできます。

【こちらはマウスパッド】
02.jpg
ご存知でしたか?ウィンブルドンのロゴに使われている“クロスラケット”、実はストリングの目が斜めになっていること。デザイン上では正面から見た時にまっすぐに見えるように作られています。よく見て、違和感を持つのはボクだけでしょうか?おみやげに難癖を付けるつもりはないのですが…。いつもお気遣いをいただき、感謝です。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

USTA National Campusのお土産をいただきました [Tennis Collection]

【アメリカテニスが大好きな友人がいまして、乗り込んできました】
01.jpg
日曜日の夕方、いつものようにヒョッコリと現れて「今年の休暇は“USTA National Campus”へ行ってきました」とおみやげを持ってきてくれました。彼はここ数年、夏休みを使ってアメリカ本土のテニスリゾートに行っています。今年はニューヨーク往復のチケットを基本に、オーランド[→]マイアミ[→]デルレイビーチと回ってきたんだそうです。そして今回もまたたくさんのお土産をいただきました。どうもです。

【USTA National Campusとは】
06.jpg
https://www.ustanationalcampus.com/en/home.html
Noblogでも何度か紹介しましたが、フロリダ州オーランドに全米テニス協会がその総力を注いだテニスファシリティー(オーランド空港のすぐ南側にある立地)で、100面以上のコートで4種類のサーフェス(プラス子ども用専用コート)でインドアコート、ジム、プロショップ、食事をするところ、全米テニス協会のオフィスなどがこの敷地内にあります。建築準備段階から情報が入っていたので、次回アメリカに行く時は必ずと思っていたところ、彼に先を越されてしまいました。残念ですがおみやげはうれしい!

【テイクアウトのピザを入れるボックスにシビレるテニスオタク】
03.jpg
これおみやげです。これなんだか分かりますか?ピザの箱です。「うっ、恐れ入りました」。シャツも出納も全部うれしいですが、このピザの箱と大小ある紙袋が家宝になります。持ってきてくれた彼はそのあたりを良く分かっていて、おみやげもこうなる訳です。(表現が支離滅裂です)箱の上はマグネットと、ショックダンパー。こういう小物が良し!

【水筒も夏の必需品】
04.jpg
おみやげの彼は1時間60ドルと云うプライベートレッスンを受け、そのコーチと仲良くなり敷地内の様々な施設を見学させてもらったそうです。それを持参のi-Padで見せていただきました。おそらくは元々沼地のようなところだったのでしょうが、国際空港に隣接するこんなところを作ってしまうアメリカって国(全米テニス協会?)は資金力、アイディア、スケールの大きさ、本当に作っちゃった、に脱帽です。

【新規開拓エリアですから「USTA通り」も作れるわけです】
05.jpg
ニューヨークのフラッシング・メドーには「テニスストリート」、ジャクソンビルのATPツアーのオフィスに向かう通りは「ATPブルバード」などは見たことがありますが、遂に来た「USTAブルバード」です。この話題はこのくらいにして自粛…。

【フロリダらしいレインボープリントのCampusオリジナルシャツ】
02.jpg
アメリカ・GILDAN社製のドライシャツに、パームツリーをあしらったデザインです。ピザの箱のようなベーシックなデザインではないいかにもフロリダ風。これ実は1色プリントなんです。シャツをセットして版の上にインクを4色(青、赤、黄色、緑)置いて、スクリーンするとこのようなグラデーションになるのです。トロピカルなシャツのおみやげ。感謝です。アメリカ好きの彼、来年はどこのおみやげを持ってきてくれるのか、今から楽しみです。強欲ですが、よろしくお願いします…。
ロゴの下の文字「HOME OF AMERICAN TENNIS」は、やはりうなりますね。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160

全仏オープンのおみやげ/第2弾 [Tennis Collection]

【おみやげの第2弾はスマートフォンケースです】
01.jpg
昨年もケースのお土産をいただいたのですが、その直後に本体が壊れてしまい買い替えたので、ケースは短い寿命で終わってしまいました。そして今年は大きくなったのをおみやげにいただいたので、まさに有頂天!。

【今年の新バージョンはレッドクレーコート】
02.jpg

レッドクレーに限りなく近い色を再現しています。
注釈の文字はフランス語なので、わかりませんがオシャレなことは間違いなし。

【悲しいことに…】
03.jpg
デザインは昨年いただいたものと一緒ですが…悲しいことに“Samsung Galaxy S6”専用と書かれています(ふたつとも)残念でした。来年は“i-Phone 6 Plus”でお願いします。

今年もいただきました“全仏オープン”のおみやげ [Tennis Collection]

【全部で4点ものおみやげです】
001.jpg
左右35センチのダッフルバッグ、ホーローのマグカップ、スウォッチの腕時計、そしてラコステのキャップです。東京12チャンネル(古すぎる表現)の解説でパリに行っていた竹内映二さんからの恒例のおみやげです。何ともうれしいかぎりです。

【今年の全仏オリジナルのSWATCH】
002.jpg

赤土のオレンジと紺のツートンが今年の全仏のテーマカラー。ダッフルバッグの色目も同様で、なかなかいい雰囲気です。時計の下には“ローラン・ギャロ”のロゴマークがしっかりと入っていて文字盤もキュートなクロノグラフです。感謝!感謝!

【そしてこのキャップはモノ作り人にとっては素晴らしい技法があり】
003.jpg
クラウン部分にステッチを入れず、ラケットを持ってラコステのポロシャツを着た男性がモチーフされています。これ6色のシルクプリントなんです。そして右脇にはラコステのワッペンが縫い付けられ、ローラン・ギャロのオリジナルロゴが転写シートで圧着されています。何と手間のかかった、完成度の高い仕上がりなんでしょう。後頭部のアジャスターにもラコステのマークが施され“いや〜参りました”というアッパレキャップです。普通に自転車通勤の時にはかぶれません。家宝にします。映二さん、毎年ありがとうございます。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

懐かしい、ATPのダブルス・プロモーションシャツ [Tennis Collection]

【懐かしいシャツが出てきました】
01.jpg
ATPがツアーの中で“もっとダブルスにご注目ください、そのスピードにも…”というキャンペーンをした時のプロモーション用のシャツです。当時「STANFORD」がダブルスランキングのスポンサーになっていて、このようなシャツを配布していたのだと思います。胸の2色のコントラストと、裾にあるロゴの使い方がオシャレです。

【背中には選手の名前がずらりと書かれています】
02.jpg
ブライアン兄弟、マレーのお兄ちゃん、ブパシ、サ、メロ、ネスター、ロドラ、ラム、ラティワタナ兄弟など、ダブルス名手の名前が羅列されていて、ダブルス観戦好きにはたまらない1枚です。グラフィックは「ふたつのパワーがトルネードを引き起こす」的なデザインコンセプトかも。黒のコットンシャツでだいぶ着古しましたが、大切な1枚です。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

ロジャーラケット、準備完了 [Tennis Collection]

【昨年末にいただいたロジャーラケット、ようやく暖かくなってきたので準備です】
a.jpg
倉庫に眠っていた「ナチュラルガット」。バボラの前身「VS社」の懐かしいパッケージが左側、そして右はマッケンローが愛用していた「パシフィック社」のもの。どちらも30年くらいまえの糸で、レギュラーサイズラケットだから張ることができた「10.5m」という短さだったためお蔵入りしていました。今回半分に切って縦糸をナチュラルで、横糸はナイロンで仕上げてみようを思い立ち、引っ張り出してきました。

【黄色いパシフィックと白のアディックションのコントラクトです】
c.jpg
縦糸は1.35㎜、横糸は1.25㎜なのでひと目で太さの違いが分かります。

【40ポンドにしましたがチョット硬いかな?】
b.jpg
短パンでテニスができるようになったら張り上げて使ってみようと思っていたのは、真っ黒ラケットがあまりに硬いイメージだったからです。最初は35ポンドくらいにしようかとも思ったのですが、縦をナチュラルでとヒラメイタので、若干硬くしました。グリップは両サイド共に片手打ちなので、この巻き方にこだわっています。明日の朝練でじっくり打ち込みます。無風で晴天になることを期待しています。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

こんなスウェットシャツを作っていました [Tennis Collection]

【自転車しステッカーを貼っていて思い出した、懐かしのアイテム】
01.jpg
背面画像がないのが残念ですが、後ろにもしっかりプリントしました。
とにかくステッカーのようにマルチカラーでベタベタプリントしたら面白いだろうというのがプランニングの始まり。かなりお気に入りで着ていました。

【トーナメントの運営の時の着用例/Case of 1991 Summer@軽井沢】
03.jpg
メガネで年代が分かりますね。お恥ずかしい…。
でもハーフパンツは、どのメーカーよりも最初に世に出したのがNOBUでした。
まあ、高校生の時からはいていましたからね。

【というわけで、福岡インターハイ/1974・夏】
04.jpg
高校3年の夏、2回戦敗退。

【横道にそれましたが、アップリケ・バージョンも作りました】
02.jpg
ワッペンを縫い付けたら、後からプリントができないので、プリントの位置指示が難しかったのを覚えています。いったい何種類のスウェットシャツを作ったのか?本当にたくさんのデザインを作りました。今度、時間のある時に数えてみますかね…。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

NOBU Bike 完成(非売品) [Tennis Collection]

【30年ぶりに通勤用自転車を購入しました】
01.jpg
1年の間に2台も盗難に遭い、途方に暮れましたが、クヨクヨしていても仕方がないので、被害に遭った翌日(3月11日)、この数年メンテナンスでお世話になっている「サイクル・フィックス」さんで、お勧めの1台を購入し、ステッカーなどでお化粧してNOBU仕様に仕上げました。細めのシャフトと、きれいな2つの三角形がお気に入りです。

【ハワイのお土産、ラケットショップのシールです】
02.jpg
イタリア車にアメリカ車と乗り継ぎましたが、今回は国産の「ミヤタ自転車」です。しっかりと防犯登録をして保険にも入り、4桁の数字合わせの鍵も!

【古いNOBUのシールをさりげなくシャフトに貼りました】
03.jpg
自宅からの通勤で片道約10キロ超。所要時間・45分以上。往路はどんなルートを使っても道玄坂上まで登り、渋谷駅まで下り、宮益坂を登ると云う過酷な経路なため、ママチャリでは厳しいわけです。そして30年の間に自転車も様々な進化をしていて(制動力の高いシマノ製デュアルピボットブレーキなど)、1日20数キロを走る分には、充分な相棒です。

【早速、記念撮影です】
04.jpg
昨日は天気もよかったので、記念撮影してしまいました。取られないように注意します。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

全豪オープンのお土産/第4弾 [Tennis Collection]

【見事な発色のターコイズブルーの全豪Tee-Shirtsが送られてきました】
01.jpg
先週はインディアンウェールズ、今週はマイアミと転戦している日比野奈緒ちゃんからのお土産で、昨日ご実家のお母さまから届きました。とてもきれいなブルーです。

【背中には今年からの新しいロゴマーク/バランスの良い大きさです】
02.jpg
菜緒チャンはマレーシアで準優勝しランキングを80位まで戻しましたが、マイアミのエントリー締め切り時は100位台でしたので予選からのトライ。好調のようですので予選突破を目指してがんばって欲しいものです。

【ディテールにもこだわりを感じます】
03.jpg
最近このての大会シャツはディテールに気遣いがあります。例えば背中のタグ。数年前からですが織りネームと呼ばれる縫い付けるタグが減り、生地に直接プリントする作り方になってきました。グランドスラムなので大会名とサイズ、そして品質、生産地などもこの背首のプリントに収納されています。いわゆる「お宝感」がこれだけで倍増します。そしてこの胸プリント、細かい模様をご覧いただけるでしょうか。文字の中にある罫線も抜きにせずプリントしているんです。そして「メルボルン2017」をさりげなく黒でプリントしているので、2017年を過ぎても何気で着ることができる細心の気配りがあります(デザイナーがそこまで考えているかは分かりませんが…)。ネームの脇挟み込みも良いセンスです。
早く半袖でプレーできる季節になりますように!

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

フェドカップ・アメリカチームのキャップ [Tennis Collection]

【素晴らしいお土産を頂きました】
01.jpg
フェドカップのアメリカ対ドイツの対戦が行なわれた、ハワイ州マウイ島に休暇で行っていた先輩から、先日はプログラムを頂きましたが、今日は何と!キャップのお土産を頂きました。全米テニス協会のお墨付きキャップです。

【なんと対戦と開催地名までが刺繍されています】
02.jpg
開催地限定「アメリカ対ドイツ、マウイ、ハワイ」の刺繍が後頭部に入っています。

【ディテールもかなりしっかりしている高品質なキャップです】
03.jpg
キャップはアメリカキャップ界では老舗で1918年創業のAmerican Needle社製のドライタイプのものに刺繍を施したもの。ロークラウン(おでこの部分が低い形状)で、つばの部分は「Technocrat Ventilator」というかっこいいシール(とっても高度な通気性とでも訳しましょうか?)が張られています。貴重品すぎてちょっと冠るには勇気がいりますね。先輩、ありがとうございました。次はデビスカップをお願いします。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

43年前に買ってもらったラケットです [Tennis Collection]

【アメリカのSPALDING社製のSPEEDSHAFTというラケットです】
001.jpg
ボクが高校2年生の時にアメリカのテニス雑誌に広告が出ていたラケットで、ちょうどそれを見つけたときのタイミングで祖母がハワイに旅行すると聞き、「それじゃあおばあちゃん、このラケットを買ってきてよ」と、ねだってお土産に買ってきてもらった思い出のラケットです。確か次の大会で必ず優勝するからとか云ったんでしょうね…。

【必ず2本ね!と、欲張ったリクエストをかなえてくれました】
002.jpg
当時はまだ1ドルが360円の時代でしたから100ドルでも3万6千円。贅沢なリクエストでした。まだウッドのオープンスロートのラケットなんてお目にかかれない発想でしたから、これは本当に貴重品で、これを模したフタバヤのビゴラス、河崎のマイダスなどが後に発売されることになるわけです。これにブルースパイラルのハイシープ・スーパーを45ポンドくらいで張って使っていました。他にも棄てられないラケットがたくさんありますが、ボクにとっては「超お宝」なアイテムのひとつです。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

全仏ジュニア・ワイルドカード選手権のレセプション [Tennis Collection]

【昨晩は大会に向けてのレセプションがあり、遅い時間に出席してきました】
001.jpg
男女8人の選抜された18才以下の選手たちが集い、優勝者が全仏オープンが開催される週にワイルドカードをかけた大会に出場できると云う、プレ・ワイルドカード選手権です。レセプションではパリ市長など列席もあり、なかなか盛り上がったレセプションでした。終盤では大会のドローイングがあり、一昨年引退した瀬間友里加さんがドローの立ち会いを努めました。司会はお馴染みのフローラン・ダバディさん。大会は明日から3日間の日程で、1回戦、準決勝、決勝と1日1試合。果たして栄冠をつかむのは…。

【出席者に配られたラコステのマグカップ】
002.jpg
ブラックのマグにはラコステのポロシャツがイラストで焼かれています。なかなか面白いアイディアです。この他にもメインスポンサーのロンジン社からボールペンやカタログなども頂戴しました。このマグカップはお宝としてNOBU店内にディスプレーしましょう。

国際テニス連盟のキーホルダー [Tennis Collection]

【デ杯期間中にITFのスタッフから頂きました】
002.jpg
こんなにしっかりとした紙袋の中には、シルバーのキーホルダーが…。

【お宝すぎて使えません】
001.jpg
10年くらい前にもいただき、大切に使っていましたが、壊れたこともあり、今回は大切に保管しておこうかと思っています。お宝自慢でスイマセン。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

全豪オープンのお土産/第3弾 [Tennis Collection]

【全豪オープンのお土産/第3弾をいただきました】
001.jpg
ミスティング・ドリンクボトルとおおきなぬいぐるみです。

【このボトル、お水が霧になって出てくるんです】
003.jpg
ボトルには普通にお水を入れるのですが、ブルーのハンドルを押すと、ミスティング作用で霧になって出てきます。もちろんお水を飲むこともできる、テニスにはもってこいの新たな武器にまちがいありません。こんなお宝を考える豪州人もさずがですし、全豪に観戦に行ってこんなお土産に買ってきてくれた友人もさすがです。

【卒業旅行に行った庭球部後輩からはぬいぐるみ】
002.jpg
コアラです。カワイイ!。この春から実業団のチームに入って、社会人テニスを続ける後輩が卒業旅行でメルボルンに行っていましたが、デ杯の時に持ってきてくれました。青山学院ロゴのぬいぐるみ、お店に飾ります。皆さん本当にありがとうございます。

日本チーム応援グッズ [Tennis Collection]

【エレッセさんの日本チーム応援グッズ】
01.jpg
デビスカップ、フェドカップの日本チームのオフィシャルウエアはエレッセさん。有明で行なわれたデ杯の会場内でもチーム応援用のグッズのシャツやタオル、シューズなどが販売されていました。日本チームのウエアは“ジャパン・レッド”シューズまで作っちゃうのはさすがです。これで応援してくださいと、いただきました。

【砂入り人工芝用のソールです】
02.jpg
赤と白のツートンでデザインされています。白を汚さないで履くことが大事ですね。

【5番目はサポーターです】
03.jpg
シャツの袖には「5」の数字入り。デビスカップもフェドカップも代表選手は4人まで。サッカーのサポーターが11人の選手の次に「12」の選手として応援するのと同様に5を袖につけて応援するってのはおおいに意義のあることです。5番目の代表選手としてサポーターも応援です。9月のデ杯・プレーオフでもこれですね。

【有明の会場はこんな雰囲気で】
04.jpg
フェドカップチームは残念な結果に終わりましたが、来年に期待しましょう。
そして何より、多くのサポーターができつつある日本に感謝とお礼です。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

全豪オープンのお土産/第2弾 [Tennis Collection]

【全豪オープンのお土産/第2弾をいただきました】
01.jpg
大会プログラムと、初日のデイリープログラム。ぬいぐるみとボールペンをいただきました。ぬいぐるみは今年から変わった大会ロゴをあしらって、全体に“A”の文字で、中を“O”の文字を抜いたデザインになっています。プロモーションには良いツールですね。

【お馴染み“エミレーツ航空”のクッションと小物を並べてみました】
02.jpg
見えにくいのですが、ボールペンにはテニスボールが入っていて、中で動いてくれます。大会グッズもかなりたくさんありますが、こういう小物もいただくとうれしいものです。

正確に調べたわけじゃあり末世んが、女子シングルス決勝はウイリアムス姉妹の対決になりましたが、ふたりの年齢合計(36-35)は“71才”!これ最年長記録じゃないでしょうか?ちなみに決勝進出最年長記録は、1994年のウィンブルドンで当時37歳8ヵ月だったマルチナ・ナブラチロワだそうです。これでナダルが勝てば全員が昭和生まれという快挙です。

【週末も営業しています】皆さまのご来店を心よりお待ちしています。
NOBU Store Hours:http://tennisfactory.co.jp/info/info.html

全豪オープンのお土産 [Tennis Collection]

【新しいロゴになった全豪の試合球をいただきました】
01.jpg
コーチ陣を引く連れて予選から全豪オープンの視察に行っていた「神谷Showコーチ」が帰国され、早々にお土産を持ってきてくれました。昨年は優勝者の名前が入ったTee-Shirtsをいただいたのですが、あまり気を遣わせるのも…、と思い、今年は「Used Ball」でいいからお願いします。と伝えたところ、律儀に大会使用球を買って来てくれました。もちろん「AO」のロゴ入りです。大会のビニール袋入りで、うれしさ3倍です。

【4球入りはありがたい】
02.jpg
いつも朝練では4球使って練習していますので、通常3球入りの海外ボールと違って4球入りはありがたいお土産です。気温が低いときは軽いボールの方が飛びも良いですから、早速次回の練習ではこのボールを使うことにします。神谷さん、ありがとうございました。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160
前の20件 | - Tennis Collection ブログトップ