So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の20件 | -

日比野菜緒チャン、ホノルル6万ドルで優勝 [TENNIS IMAGE]

【第1シードがついた、ホノルルのチャレンジャー大会です】
01.jpg
http://www.gotcoh.com/
国際テニス連盟主催の女子サーキットのハワイ(6万ドル)のシングルス決勝で、日比野菜緒が久しぶりに優勝しました。昨日の3時間の準決勝で疲れもあったでしょうが、トーナメントのトップシードは、アメリカのジェシカ・ペグラを6-0,6-2(54分の試合)で下して勝利を収めました。ツアーでは2015年のタシケント以来です。

【ホノルルの女子の大会はこれが初めてだったようです】
02.jpg
決勝戦の前にネット越しで記念撮影に収まる菜緒チャン(右側)

【賞金9.119ドル、WTAランキング80ポイントを獲得】
03.jpg
これで113位にランクされた、23歳の菜緒チャン。今週はカリフォルニア州・バークレイテニスクラブで開催される6万ドルの大会に移動した模様。全米オープンには「USオープンワイルドカードチャレンジ」と云うシステムがあり、以下の大会でWTAシングルスランキングポイントの累計が最も高い2人の選手に本戦のワイルドカードが与えられます。

【2018 US OPEN WILD CARD CHALLENGE】
・7月9日 :ホノルル$ 60,000
・7月16日の週:カリフォルニア州バークレー$ 60,000
・7月23日の週:アシュランド、ケンタッキー州$ 60,000
・7月30日の週:San Jose WTA Premier
        ワシントンDC WTAインターナショナル
        レキシントン、ケンタッキー州$ 60,000
・8月6日の週 :ペンシルベニア州ランディスビル$ 60,000
これらのトップ2になったら、本戦にダイレクトで入れちゃうでしょうが…。

【初めての女子の大会らしく多くのスポンサーが集まっています】
04.jpg

どれもアメリカっぽく、きれいな企業ロゴたちです。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

軽井沢フューチャーズのスタッフウエア [Custom Made]

【スタッフ用のジャケットです】
01.jpg
軽井沢フューチャーズは初夏の6月の開催とは言え、エリア的には朝夕がまだまだ肌寒いところ。よってこのような裏地付きのジャケットは必需品。毎年ではありませんが何年かにいちど、お揃いのアイテムをお作りしています。今年はダークグリーンでお作りしました。

【暑いときはドライ素材の半袖でポケット付き】
02.jpg
とは言え、日中は紫外線量も多く気温も上がるので、ドライタイプのシャツも用意しました。主審の方などはペンやメモなどを常備することもあり、このようなポケット付きにしてみました。現場で実際にポケット下のを入れている主審の方を見届け、ありがたし!

【ボールパーソンは新緑の季節にあわせて、発色の良いグリーンにしました】
03.jpg
ボールパーソンは地元長野県のジュニア選手たち。岩見亮と佐藤博康がダブルスで優勝した年のボールパーソンに、その後全日本ジュニアで優勝しプロになった千村夏実(今は引退しました)さんが勤めていたこともありました。とても素直で元気のいい娘だったことを覚えています。今年はアメリカでは「ケリー・グリーン」と呼ばれているはっきりとしたグリーンでお作りしました。全員が小学生ですが、最後の土日の2日間、球拾いをしてくれるおかげで、試合も引き締まり、選手たちにとっても集中力が増す試合展開になります。子供たちにただただ感謝です。来年もよろしくお願いしますね。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

朝日新聞と集英社の無料デリバリーマガジン「T JAPAN」 [Tennis Books]

【The New York TimesのStyle Book/日本語版でテニスをピックアップ】
01.jpg

ご紹介するのは1年前の第11刊で、この号の表紙はアラーキーさんです。「T JAPAN」は朝日新聞と集英社が発行している、無料デリバリーマガジンで、友人が発行責任者をしていることから、毎号自宅に送っていただいています。基本的にファッションとライフスタイルがテーマではあるのですが、時々時事ネタもあり、楽しく読んでいます。

【この号でのスポーツネタは、インディアンウェールズのマスターズです】
02.jpg
https://www.tjapan.jp/ENTERTAINMENT/roger-federer-may-17
筆者のプロフィールが記載されていないので「Miho Nagano」さんがどんな方なのか分かりませんが「Catch Me if You Can」を言うタイトルで、「フェデラー・マジックを追いかけて」と云うリードのテキストが載っています。記事の中でファンにインタビューしているのですが、彼曰く「ロジャーはどこかイエス・キリストのような感じがしない?食うか食われるかと云う勝負の世界にいながら、神みたいに冷静でテニスを心から愛していることが伝わる」そして言葉が詰まったという。成人した男性がフェデラーに感極まって泣いたという。もしフェデラーが引退してしまったら「自分の中の一部も死んでしまうかもしれない。結婚して子どももいる自分がスポーツ選手にこんな感情を抱くのも変だと、十分分かっているんだけどね」と練習コートにいるフェデラーをみながら語ったと云います。詳しくはリンクからお読みください。かなかなテニス専門誌にはないレポートです。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

懐かしいアイテムは、大学テニス部のスタジャン [Tennis Collection]

【これは40年前に作ったスタジャンです】
001.jpg
今でもタンスに入っている大切なジャケットです。大学2年生の時に庭球部でお揃いのスタジャンを作りましょうと上級生に提案して、担当となり責任制作しました。当時神田にあった中央スポーツに何度も通い、作ったことを覚えています。予算の関係で袖を全部レザーにすることができまかったのですが、それなりの仕上がりになりました。当時は毎日これを着ていたのを覚えています。とは言え大学に行く時は学ランでしたから、土日の1日練習の時に着ていったのかもしれません。その後、母校の庭球部は25年前くらいまでは毎年作っていて、NOBUができてからは、弊社で製作を請け負っていました。中央スポーツがまだあるのかは分かりませんが、その親戚の方が営んでいる縫製工場とはいまだにお取り引きがあり、こういったものの制作ももちろんお作りすることもできます。

【ワッペンは分度器を使ってデザインしました】
002.jpg
胸のワッペンのデザインはかなりこだわりました。当時は大学生のテニスサークルが全盛期でしたから「体育会/ATHLETIC ASSOCIATION」だぞ!みたいな意気込みもあり、裏では毎日学ランだけど、ずっと続くような定番デザインであり、かつ「めちっちゃオシャレな」スタジャンを作って「どうだい!」みたいに着こなすことにこだわって頭をひねったことを思い出します。ですから棄てることもできません。着ることもありませんが、自分にとってはお宝であることに間違いありません。今みたいにパソコンもイラストレータなんてソフトもない時代でしたから、分度器を駆使してアーチの文字組みをし、校章もほぼ手書きで入稿しました。織地に刺繍と云ういちばん安上がりの方法(パイルとかを使っていないので)での出来上がりでしたが、かなりの完成度だと思います。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

車の情報誌が軽井沢フューチャーズをレポート [TENNIS LINKS]

【Car View !/日本最大級のクルマ総合情報サイト】
01.jpg

https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20180613-20103977-carview/1/#contents
リードがいいですね“911に乗ってポルシェがサポートするテニスの試合を見に行った”
テニスやゴルフの若手選手を支援するポルシェジャパンとのタイアップで、試乗レポートとフューチャーズのツアーにおける位置付けなどまでアップしていただきました。

【Car Watch/車と毎日暮らしていく上で役立つニュースなど】
02.jpg

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1127440.html
こちらのリードも素晴らしい“イラストレータのゆきぴゅーさんが最新ポルシェで“男子プロテニスの登竜門”「軽井沢フューチャーズ2018」を観戦してきましたの”
こちらでは多くの写真と共にフューチャーズに関して細かくレポートしていただきました。なかなか読み応えがありますので是非どうぞ!

【Response/自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク】
03.jpg

https://response.jp/article/2018/06/27/311279.html?from=tprt
こちらは昨秋に発売された『718 ボクスター GTS・6速マニュアル』に乗って東京から軽井沢フューチャーズを観戦に行くと云うストーリーです。試乗記なのですが、ポルシェとスポーツに関連した記事もあり、写真も多くアップされていますので是非ご覧ください。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

横浜スーパー・ファクトリーのスタッフポロシャツ [Custom Made]

【ドライ素材のポロシャツでスタッフウエアをお作りしました】
01.jpg

【背中にも大きくロゴマークをプリント】
02.jpg

【日本最大級の撮影用のスタジオです】
03.jpg

http://www.y-s-f.co.jp/
横浜スーパー・ファクトリーは横浜市鶴見区にある日本最大級のCM撮影スタジオです。広大なスペースにバリエーション豊かなスタジオ、豊富な照明機材、備品、優秀なスタッフを揃えてあらゆるクリエーティブワークをサポートいたします。と云うのがこのスタジオのご説明。広告業界ではかなり有名なところです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

ワールドチームカップ、2020年から復活へ [TENNIS LINKS]

【AFP通信がパリからこのニュースを配信しました】
01.jpg
http://www.afpbb.com/articles/-/3180751
ATPは、2012年までドイツのデュッセルドルフで開催されていた国別団体戦のワールドチームカップが復活し、2020年1月に復活後の第1回大会を開催すると発表しました。賞金は1500万ドル(約17億円)、24カ国が参加して、ツアーのランキングポイントも与えられるとのこと。デビスカップがレギュレーションを替えて開催しようと検討しているさなかにこの発表があったと云うことは、今後の国際テニス連盟の動向も気になります。

【BBCの報道ではATPとITFの関係についてかなり掘り下げてレポートしています】
03.jpg
https://www.bbc.com/sport/tennis/44676167
両者の確執は「Googleの翻訳機能」を使ってお読みください。

【オーストラリアの地元新聞はメルボルンでの開催を発表】
02.jpg
https://www.couriermail.com.au/sport/tennis/brisbane-to-host-atps-world-team-cup-in-january-2020/news-story/eed6bd56657a9c502728d6c282998c73
この報道ではオーストラリアテニス協会の主導で、全豪オープンの2週間前に10日間のイベントとして開催と、ややフライング気味。メルボルンを中心に2〜3のクイーンズランド州内の都市で行なわれるとも書かれています。ほぼ同時期に開催されるホップマンカップやニュージーランドで唯一の大会などの調整がスムーズに行くことを祈りましょう。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

ORACLE TENNIS TEAMのウエア [Custom Made]

【黒地に赤のロゴがきれいに入りました】
01.jpg
【今季の第2弾はシャツとパンツのブラックバージョン】
02.jpg
春先に続いて、日本オラクル・テニス部のチームウエアをお作りしました。
今までは白地か赤ボディーでしたが、遂に黒バージョンも制作です。

【昨日ご紹介した、マッケンジー・マクドナルドのスポンサーでもあるオラクル】
03.jpg
http://uclabruins.com/news/2017/3/21/mens-tennis-mcdonald-receives-100k-oracle-us-tennis-award.aspx
マッケンジーくんには昨年のプロ転向後、オラクル本体から10万ドルの助成金が与えられました。3年生だった彼は2016年のナショナル・メンズ・カレッジ・オブ・ザ・イヤーに選ばれプロに転向。この「Oracle USテニス賞」は、その後の彼の大きなサポートになったことでしょう。昨日は残念ながらラオニッチに4セットで敗れましたが、ランキングは100位を切って、70位代に入って来ると思います。これからはチャレンジャーからツアーに主戦場が移っていくので、ここからの1年が正念場になりそうです。

マッケンジー・マクドナルドをご存知ですか? [YouTube Tennis]

【ウィンブルドンで4回戦に進出中の23才のアメリカ人青年です】
01.jpg
https://www.atpworldtour.com/en/players/mackenzie-mcdonald/mk66/overview
“Mackenzie McDonald”、カタカナで表示すると“マッケンジー・マクドナルド”、ニックネームは “Mackie"。アメリカ・カリフォルニア州のピエモント出身。1995年4月生まれの23才です。3才でテニスを始め、地元のバークレーでコーチングをしているウェイン・フェレイラの指導を受け、2012年の全豪オープンジュニアでベスト4に進出し、ITFのジュニアランキングを12位で終えます。その後、名門「UCLA」に入学(コーチは、ビリー・マーティンがつとめています)。1年生からNo.1としてチームの主役でプレーし、3年生の2016年に全米学生で単複に優勝し、大学を中退してプロに転向しています。そして順調にランキングを上げ、今年の全豪では2回戦でディミトロフに惜敗。現在行なわれているウィンブルドンでは4回戦に進出し、今日はラオニッチとの対戦です。

【顔立ちがアジア系な感じがしていろいろ調べているのですが…】
02.jpg
https://www.usta.com/en/home/stay-current/national/asian-american-spotlight--mackenzie-mcdonald0.html
全米テニス協会では「Asian Pacific-American」と紹介されていますが、まだ彼のルーツを確定できていません。USA TODAY誌では彼のことを「The native Californian」いわゆるカリフォルニアの先住民の子孫と表現したりしています。とは言え、178センチ、73キロの青年がアメリカの大学を途中で辞め、プロ転向し、100位を切るランキング入りするのは久しぶりのことかもしれません(はっきり調べていません)。気になったのでランキングを調べてみると、初めて出たシニアの大会が、2013年のマスターズ・シンシナチで(もちろんワイルドカード)、1回戦でニコラス・マウを、2回戦でスティーブ・ジョンソンを下し3回戦でゴフィンに敗れたのですが、ATPランキングの初ランクインで「646位」というとんでもない偉業から始まっています(この時まだ18才)。そして2試合目が全米オープンの予選という、帝王学を学ばせてもらっていた坊やから始まっています。それからUCLAに入学ですから、なんてこったい!と上級生は思っていたでしょうね。2014年以降は学業との両立やNCAAのルールなどもあり、夏休みにだけフューチャーズやチャレンジャーを転戦。それでもランキングを落とすことなく、2015年は461位で終え、420位で始まったプロ生活をフューチャーズ初優勝などを経て、2016年は320位で通過し、2017年は176位で順調に上げて、今年の全豪では予選を勝ち上がり2回戦でディミトロフと6-4.2-6.4-6.6-0.6-8とファイナルセットの死闘の末敗れはしましたが、一躍彼の名前を世界のテニスファンに知らしめました。その後2月のダラスでのチャレンジャーでは復帰を狙う錦織圭サンに決勝で敗れはしたもののランキングを145位にまで上げ、103位でウィンブルドンに乗り込んだと云うここまでのランキングヒストリーです。今はオーランドにある「全米テニス協会のナショナルキャンパス」を練習拠点においてトレーニングしています。かなり気になる選手です。

【今年の全豪2回戦のディミトロフとの試合・ダイジェスト】

ネットの詰め方とか、なかなかアメリカの大学生らしい感じです。
得意なショットはフォアハンドらしいですが、繋ぎ球と決め球の違いが分かりすぎますね。
フェレイラがファミリーボックスの端に居るのが彼らしいって感じです。

【マッキーへのインタビューです】

同じアメリカ人では、ティアホやテイラー・フリッツなどとの対戦も多く、彼らと同じ時間を共有していることも多いようです。「いいヤツ」な感じのATPのインタビューです。

埼玉平成高校・テニス部のチームウエア [Custom Made]

【今年のデザインはこちらです/Crazy Tennis Boys】
01.jpg
昨年に引き続き、埼玉平成高校・テニス部のチームウエアをお作りしました。雨で練習がお休みになっ日に、監督さんとキャプテンがご来店され、全くの「ノープラン」から、ここまでのデザインを仕上げました。チームのメンバーはどんな感じなの?と聞いたところ、みんな「ノー天気なヤツらばかりですよ」という返事があり、それならいっそのこと「Crazy Tennis Boys」でデザインしちゃおうかということになり、こんな感じで出来上がりました。学校名はきちんとまじめに入れています。

【ロンティーもお作りしました】
02.jpg
半袖はミックスグレー(霜降りグレー)に白プリント、長袖シャツは白地に黒プリントで、チーム全員が揃えました。今週末から始まる関東ジュニアに間に合わせて欲しいと云う、リクエストにも対応させていただきました。良い結果を残してくれるとうれしいですね。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

ファーストシティテニスクラブのオリジナルシャツ [Custom Made]

【藤沢にあるファーストシティテニスクラブのオリジナルシャツをお作りしました】
001.jpg
http://www.fc-tennis.co.jp/
テニスクラブのロゴマークに“テニスのない生活(人生)なんて…”というコピーが入りました。130センチから大人のLサイズまでをひとつのプリント用の版でまかなうため、大きさで悩みましたが、良い感じな仕上がりになりました。

【色は赤と紺と黒の3色】
002.jpg
プリントは全て白で、まとめました。シンプルでオーソドックスな出来上がりです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

テニスクラシック・2018 /8月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(7/5発売のテニスクラシック)】
01.jpg
今月のテニスクラシックの表紙は錦織圭サン。現在開催中のウィンブルドンでは3回戦進出を決めました。次戦はニック・キリオス。まずは最初の壁ですね。
右画像は楽天オープンの告知記事です。本戦は10月1日から。もうアッという間に始まってしまいそうです。チリッチは2回戦でよもやの敗退(昨年は準優勝でした)ですが、ハードコートシーズンをじっくり戦ったうえでの来日に期待したいところです。

【今月の巻頭技術モノは“重いボール”です】
02.jpg
今月の技術モノのメインは「相手をへこます、ズッシリ重いボール」です。この角度からの圭サンのフォアハンドのグリップを見ると、あまりの厚さにビックリします。軟式テニスのウエスタングリップどころではないかもしれません。このグリップで「ハンマーでガツン!と叩くイメージ」が重いボールを生み出すんだそうです。ボクが小さい頃は「ボールを引きつけて、前足に体重移動をして、振り切る」でしたが、今はラケットも違い、全く異次元の理論です。

【佐藤哲哉さん解説のダブルスもの】
03.jpg
今月号では「男子ダブルスの世界を知る」と題して、現在のツアーでのダブルスがどうなっているのかを解説しています。次ページでは位置取りと動きと云うテーマで3種類のフォーメーションを紹介しています。トピックスではウィンブルドンだけ、ダブルスも5セットマッチであると云うこと。もちろんファイナルセットはロングです。

【トピックスでは】
04.jpg
プレーヤーたちの最新情報をまとめた「特トピ!」今月号の話題は、マレーが342日振りに戦線復帰(ウィンブルドンは欠場)、セリーナの全仏でのキャットスーツを選んだ理由、ティエムとムラノビッチの仲良し具合、ムグルサの目標は学校建設を手助けすること、全仏ダブルスで優勝したマウとエルベールの裏話などなど、詳細は本誌でお読みください。

エブリスタのスタッフシャツ [Custom Made]

【アメリカのAlstyle社製のコットンシャツにプリントしました】
01.jpg
エブリスタとは、DeNAとNTTドコモとの共同出資企業で小説やコミックなどの投稿コミュニティサイト (UGC)です。本社が近いこともあり、ご依頼を受けて制作しました。

【投稿作品数が230万を越えた記念でしょうか?】
02.jpg
白無地と白地に黒のトリムタイプの2種類に墨色でプリントしました。

【サイトはこんな感じです】
03.jpg
https://estar.jp/
基本的に利用料は無料で読み放題です。、有名作家・有名人の作品は「E★エブリスタプレミアム」として月額¥210-で提供されています。無料のコンテンツはプロを目指す作家や個人の趣味で製作された作品が中心で、誰でも簡単に投稿が可能となっているそうです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

店内に「アウトレットコーナー」を作りました [INFORMATION]

【廃番になったものや、サイズが不揃いになったものなどをアウトレットに】
01.jpg
久しぶりに店内のレイアウトをして、アウトレットのラックを作りました。スペースの問題もあり、新しいアイテムなどができて、棚がいっぱいになってしまい、いくつかの品番を廃番にして、この棚に収めました。NOBUにお立ちよりの際は、のぞいてみてください。

【ほとんど同じアイテムはないので、こちらからお選びください】
02.jpg
キッズ、ジュニア、レディース、男女兼用で仕分けをしています。ビニールに入れてサイズ分けをしていますので、まずはサイズシールからセレクトしてください。価格は税込です。

東京は梅雨明けをして暑い日が続きますが、皆さまのご来店をお待ちしています。

うすうす感じてはいましたが、昨夜はショックでした [TENNIS IMAGE]

【こういうことって起こるんですね】
001.jpg
http://www.rogerfederer.com/
昨晩のウィンブルドン・センターコートのオープニングマッチをご覧になった方はさぞかし驚かれたことと思います。真相は分かりませんが、ナイキ社は年間:10億円。今回の契約はアンバサダーとしての契約で、年間:33億円。且つ現役を引退しても継続する10年契約のようです。この差額は“ロジャー・フェデラー・ファンデーション”の一環で、アフリカの子供たちのために使われることを切に願います。でももう、大会ごとに変わるナイキのフェデラー・モデルを見ることができないのは寂しい限りです。

【ロンドンのお店のTwitterです】
002.jpg

袖のロゴ、カタカナです。なかなかサプライズな発表でした。

【フォーブスの日本語版サイトでのレポートは以下の通り】
https://forbesjapan.com/articles/detail/21892
フェデラーが獲得した賞金総額は1億1600万ドルに達しているが、スポンサーシップで稼ぐ金額も莫大だ。メルセデス・ベンツとスイスの菓子メーカー「リンツ&シュプルングリー」は昨年末、フェデラーとの契約を更新した。昨年、新たにイタリアの食材メーカー「バリラ」と、推定4000万ドルの契約も結んでいる。他のスポンサーとしては、クレディ・スイスやロレックス、モエ・エ・シャンドン、NetJetsなどがあげられる。フォーブスの「世界で最も稼ぐスポーツ選手ランキング」で7位に入っており、年収は7720万ドル。そのうち6500万ドルがスポンサー収入で、1220万ドルが賞金だった。今後の1年でのスポンサー収入は7000万ドルを超え、イベントの出演料を含めるとさらに金額は膨らむとみられる。彼に匹敵する収入を稼ぎ出せたスポーツ選手としてあげられるのは、マイケル・ジョーダンとタイガー・ウッズの2名のみとなっている。彼は今回のウィンブルドンで9回目の優勝を狙っている。しかし、試合の結果を待たずして、彼は莫大な金額を手にすることになった。
※なかなかシリアスなお金の話で、さずがフォーブスって感じです。

NOBU×豊島岡女子学園/コラボタオル [Custom Made]

【豊島岡女子学園のテニス部コーチの方からのご依頼でタオルを制作】
01.jpg
合宿のあとに部員の皆さんに何かプレゼントをしたいと仰るコーチに“ではタオルにプリントなどは、いかがですか?”とご提案。こんな感じに仕上がりました。

【NOBUの定番・ライトタオルの反対側に学校名とチーム名をプリントしました】
02.jpg
タオルは販売価格が¥1.000-ですから、製版代金とプリント代金を追加していただき、出来上がりました。簡単なプレゼントならこんな形もありですね。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

グアム・フューチャーズのお土産 [Tennis Collection]

【グアム・フューチャーズは清水悠太が井藤祐一を下して優勝しました】
01.jpg
1週間遅れの結果ですが、6月24日に行なわれた決勝で19才の清水が優勝。今年1月の中国に続き2勝目を挙げました2勝目を挙げました。ダブルス決勝では、江原弘泰と片山翔のペアが優勝です。レポートはグアムのニュースサイトからお読みください。
https://www.guampdn.com/story/sports/2018/06/24/yuta-shimizu-19-wins-guam-futures-tournament/728823002/?hootPostID=3a1a525247f4d578e7250c45040f0535

【5年くらい前にいただいた、グアム・フューチャーズの参加賞】
02.jpg
グアムのヒルトンホテルのコートで毎年開催されるフューチャーズ。トーナメントディレクターはトーガン・スミスさん。面倒見の良い方で、毎年ジャパンオープンの観戦にも訪れる親日家でもあり、毎年大会の参加賞をいただいています。それがこの1枚。彼がサポートしていることで多くの日本人選手がエントリーしていて、今年の第1シードは江原弘泰。清水は準決勝で江原を下して、決勝進出。兵庫県のテニスラボでいつも練習を共にしている井藤との決勝でした。ふたり共にい良い結果でよかったです。

【バックプリントは協賛企業のロゴが入っています】
03.jpg
左側のまん中のロゴ“GUAMERICA”よく見ると「GUAM」と「AMERICA」。
現地ではよく使われている表現なのかもしれません。

「P」で始まるテニス用語のドライシャツ [NOBU ITEM]

【Power Tee-Shitrsと命名しました/ミントブルー】
01.jpg
Power:力、強、勢、威力、動力
Prestige:品格、立派、敬意、尊敬
Passion:情熱、熱中、激情、熱血、情緒
Positive:積極的、肯定、明確、確信、直裁
Patience:我慢、根気、辛抱、沈着、勉励
これらを全て持ち合わせていたら、世界一になれそうな気分です。

【かなりはっきりとした色目での展開/ジャパンブルーです】
02.jpg
自宅観戦(W杯サッカー)のお共にも最適な色目です。

【少し黒みの入った、ガーネットレッド】
03.jpg

品番:NT-23-New 
サイズ:男女兼用のM、L、XLの3サイズ
色目:ブルー、ジャパンブルー、レッド、オレンジの4色展開
素材:ポリエステル 100%。ドライタイプ生地を使用。
価格:¥3.200-(税込み)

【濃いめのオレンジは、サンセットオレンジ】
04.jpg
自分自身を盛り上げたい練習の時にお召しになってください。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

通信販売の詳細、サイズチャートや送料などは、
http://www.tennisfactory.co.jp/info/info.html

ウィンブルドン前のエキシビションマッチ [TENNIS LINKS]

【ロンドン郊外の“Hurlingham”でエキシビションマッチが行なわれています】
01.jpg
02.jpg
https://www.hurlinghamtennisclassic.com/
1867年に設立された“The Hurlingham Club”というプライベートクラブで、26日から29日までの間に“Aspall Tennis Classic”という「全豪で云うならクーヨンクラシックと同じような扱いの」イベントが行われています。もちろん天然芝のコートで、毎日3マッチが組まれています。第1試合は女子シングルスでシャラポワさんらが出場、第2試合は男子シングルスで、初日はガスケがプイユを下し、昨日はナダルがエブデンを破り、今日は圭サンがケビン・アンダーソンと対戦します。第3試合はベテランのダブルスで、バーラミさんを中心に、ペルンフォルスやルセドゥスキーなどが会場を盛り上げているようです。全くのエキシビションなので、イベントは今日で終了(ロンドン時間なのでこれからです)。来週からのウィンブルドンに向けて各選手共に調整に入ることと思います。

【インスタグラムにたくさんの写真が上がっています】
03.jpg
https://www.instagram.com/aspalltennisclassic/
今年で25周年を迎えたこのイベント、日本人選手の出場がなかったので全く気がつきませんでした。昨年はヒョン・チョンらも出場していたようです。今週の芝の大会に出ていないトップクラスがここに集っていると云う印象です。ああっ、今日はシングルスが2試合で、ディミトロフとハチャノフの対戦が第1試合で組まれています。写真で見る限り、絶好のコンディション感が伝わってきます。一度でいいから観戦したいものです。

真っ白な「Stan Smith」をいただきました [Tennis Collection]

【夏場に白いテニスシューズが欲しいなと思っていたところ…】
01.jpg
思いがけず、真っ白なスタン・スミスをいただいてしまいました。
昔からアディダス社は選手の名前をシューズのアイテム名にすることで有名ですが、スタン・スミスはもちろんテニスプレーヤー。ウィンブルドンチャンピオンでもあります。

【かかとの部分も真っ白なスタン・スミスです】
02.jpg
発売当時はこの部分がグリーンで、ずっとそれが定番で製品化していたのですが、ある時から色々な色で作られて、チョット残念な感じを持っていたのですが、白なら安心です。

【ベロの部分もなかなかオシャレです】
03.jpg
もちろんスタン・スミスの似顔絵が描かれています。ご存知の方も多いと思いますが、東京で行なわれた第1回目のツアーファイナルの優勝者は「スタン・スミスさん」彼はこの大会で優勝した後、アメリカの兵役で軍隊に入ると云って帰国しました。子供心に衝撃的なコメントだったのを覚えています。

【CNNの特集コンテンツでこのシューズの核心に迫っています】

ラコステ、フェレッド・ペリーなどなど、テニスプレーヤーのブランド恐るべしです。
前の20件 | -