So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

設計のコンセプトは40フィートのコンテナに理由があった [TENNIS IMAGE]

【グリーンセットのコンテナ収納の場面に立ち会いました】
01.jpg
25〜26枚のボードがひとつにまとまって、それが20カートンとネットポール(インドアなのでコの字の形状)がまとめられました。相当なスペースです。

【これをフォークリフトを使ってコンテナに詰め込みます】
02.jpg
職人さんは前夜にひとりでコートをばらした、スペイン人のアドリアーノさん。
セッティング、コートサーフェス塗り、ばらし、コンテナ搬入と全ておひとりです。

【このシーンがポイントです】
03.jpg
40フィートのコンテナの左右いっぱいにコンテナが積まれます。搬入などを考えた場合、設計する際にまずはコンテナの大きさがあって、そこで1枚のパネルの大きさが計算され、この大きさのコンテナであれば、1面分(約500枚)でちょうど満載になるということです。

【ひとつがとても重量なので、乗せたあとは人力も必要です】
04.jpg
この人達も、毎回パネルを入れるたびに、万力持参で昇降し作業します。

【そして奥まで入れこみます】
05.jpg
これはマンパワー。奥からきれいに積まないと、最後に帳尻が合わなくなるので慎重。

【そしてこれが最後のパッキンで、ネットポストです】
08.jpg
奥行きがピッタリとはまっているのが分かりますか?素晴らしい設計とハンドリングです。
ふたつのフォークリフトを使って、縦長を横から奥に放り込みます。

【八戸から釜山を経由してスペインまでの船旅です】
06.jpg
40フィートコンテナのサイズは、左右:2.4m、高さ:2.6m、長さ:12.2m。
67立方メートル、制限重量:30トンでグリンセット1面分が収納されました。
またお借りすることもあるかもしれませんが、気をつけてお帰りください。