So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ミカエル・ユーズニーが引退しました [YouTube Tennis]

【ロシアのベテラン、36才で引退です。お疲れさまでした】
001.jpg
https://tennismagazine.jp/_ct/17207740
ミカエル・ユーズニー: 1982年6月25日・モスクワ生まれの36才。6才でテニスを始め、ATPツアーでシングルス10勝、ダブルス9勝で、自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス38位。2002年のデ杯でロシア代表チームを初優勝に導いた(20才で初出場の時、2-2の最終シングルスに抜擢され「この時のメンバーはサフィンとカフェルニコフ」フランスのマチューとの対戦で2セットダウンから逆転勝利)実績を持ち、06、10年全米オープン準決勝に進出(グランドスラムの全大会でベスト8以上に進出)。今後は、ご自身同様のタフなファイターを育ててください。楽しみにしています。

【ユーズニーと云えばこの映像が思い出されます】

ファイナル5-5にするポイントでの長いラリーでバックハンドをミス。
その後のユーズニーの石頭ぶりが半端ありません。
この精悍さは、引退してもプーチンに愛され「KGB」かなんかで暗躍できそうです。

【ベストマッチはこれかな】

2006年の全米、準々決勝でナダルを破った試合。ナダルもこの頃はかっこ良かった。

【そして引退を讃えるホットショット集】

切れのある片手バックと、タッチの良いネットプレーも彼の魅力でした。
長い選手生活、お疲れさまでした。