So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

デ杯・ファイナルの予選は中国と、アウェーです [TENNIS IMAGE]

【日本は中国を引き、アウェーでの対戦となりました】
01.jpg
抽選会の様子はYouTubeでライブ放映され、12番目の最後のシード国だった日本は最後に中国を引きました。かなりラッキーなドローだったと思います。

【各対戦は以下の通りです】
02.jpg
来年からフォーマットの変わるデビスカップ。まずは11月のファイナルの出場権をかけた予選の24カ国の組み合わせが決定しました。
2019年のデ杯ファイナル(11月にフランスで開催)には、今年のワールドグループベスト4に残ったクロアチア、フランス、スペイン、アメリカの4カ国と、ファイナル予選の勝者12カ国、ワイルドカードでアルゼンチンとイギリスの2チームを加えた、合計18カ国が出場できます。ファイナル予選(来年2月)では、国別ランキングの上位シード12か国と以下のレベルの12か国が対戦するフォーマットが構築されました。26日の抽選会では、組み合わせ抽選の前に、アルゼンチンとイギリスの2か国の空いたところにボスニア・ヘルツェゴビナと中国が推薦で加わったということになりました。

ファイナル予選はシングルス、ダブルスとも3セットマッチとなり、初日の土曜日にシングルス2試合が、翌日の日曜日にダブルス1試合の後、シングルス2試合を行なうフォーマットになりました。チョット寂しい気がしますが、5セットマッチ3日間に比べたら選手たちの負担も少なくなり(ランキングポイントも付きませんし…)そういう意味ではコンパクトな改革になるのかもしれません。毎年最低でもこの場所にいてください。