So-net無料ブログ作成

ATPのサイトで「ATP CUP」の開催要項が発表されました [TENNIS IMAGE]

【2020年の1月、豪州のブリスベン、シドニー、パースで開幕します】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/perth-to-host-atp-cup-2020
ATP CUPは男子テニスの国別対抗戦で、デビスカップと違い、ATPポイントが付与される大会として、2020年から始まります。大会規模は、マスターズの下に格付けされる「750シリーズ」となり、賞金総額、1500万ドル(16億5千万円)。参加するのは24カ国。ひとつの会場で1日2対戦が行なわれ6日間の開催(パースとブリスベンが予選会場で、決勝戦はシドニー)になります。フォーマットはシングルス2ポイントとダブルス1ポイント(これは今年の11月に行なわれるデビスカップと同様)。

参加できる国は、その国の最もランキングが高い選手の順に24カ国(日本は6シード?)。6つのブロックに分かれて予選リーグが行なわれ、上位4カ国のトーナメントとなります。会期は全豪オープンの前々週でテニスオーストラリアの運営になるそうです。

現在発表されているランキング順でいくと…
セルビア、スペイン、ドイツ、オーストリア、スイス、日本
南アフリカ、アルゼンチン、アメリカ、ギリシャ、クロアチア、ロシア
カナダ、イタリア、フランス、ジョージア、ベルギー、イギリス
オーストラリア、ブルガリア、ポルトガル、カザフスタン、モルドバ、ポーランド
以上の24カ国です。で、次点がチュニジア、オランダ、スロベニア、チリと続きます。
チェコはベルディッチ、韓国はチュンがどこまでランキングを上げるか(カットのポーランドは69位なのでカットまでは全然わかりませんね)にかかってきます。
トップ10の選手が全員出場したら、とんでもない大会になりそうです。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160