So-net無料ブログ作成

レクサス東京オープンのレポートが完成 [Tennis Books]

【トーナメントレポートをデザインし、製本したものが出来上がってきました】
01.jpg
サイズはA4で中とじの製本(A3のふたつ折り)です。表紙(右半分)はレクサスのテーマカラーの真っ黒で大会ロゴを置き、白で細く縁取りを取りました。その下に2019のトーナメント・レポートのタイトルです。背表紙はレクサス車の広告で1.400万円もする高級車の紹介です。コストの関係もあり、印刷はモノクロ(白と黒)の全ページ1色刷りです。

【大会概要と試合のレポート】
02.jpg
筑波大学4年生で卒業後はプロに転向予定の川橋勇太クンの初優勝だったこの大会、決勝戦の相手も大学生の菊池裕太クン。菊池クンは盛岡出身で兵庫の相生学院の3年生の時にはインターハイで3冠を達成し、カルフォルニアのUC・バークレー校に留学。1年生にして全米学生にも出場した逸材。決勝戦は菊池クンがファーストアップのセカンド5-0から逆転され、川橋クンが栄冠を手にしました。そんなレポートを書き、1ページでのレポートです。

【フォトギャラリーは見開きです】
03.jpg
東京都テニス協会が初めて主催する男子の国際大会は、レクサスがスポンサーになり、昭島の昭和の森テニスセンターで行なわれましたが、そこで活躍した選手や表彰式、スタッフの写真などを中心に写真をセレクトし、トリミングしてまとめました。NOBUにご提供できる数冊がありますので、ご希望の方はご連絡ください。

お問合せ、コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160