So-net無料ブログ作成

全米学生の団体戦で日本人選手が大活躍 [YouTube Tennis]

【USTA(全米テニス協会)のYouTubeチャンネルで特集が組まれました】
01.jpg
https://www.youtube.com/user/tennis
フロリダ州オーランドに新設された“USTA National Campus”で全米学生選手権(NCAA)が開かれ、日本で云う1部リーグ(ディビジョン1)の団体戦で、男子で優勝したのはテキサス大学で3勝1敗のシングルスで伊藤雄哉が見事に勝利し、最優秀選手賞も受賞しました。一方の女子はスタンフォード大学が優勝。お母さんは学習院のテニス部だった樋口エマがチームメンバーのひとりで、優勝の輪の中にいます。NCAAの男女の優勝チームに日本人選手がそれぞれ在籍(メンバーとしてプレー)したのは初めてのことではないでしょうか。おふたりとも、おめでとうございました。

【男子はテキサスチームのベスト8からのダイジェスト版】

優勝を決め、倒れ込んでいるのが伊藤クンです。

【女子のスタンフォードもベスト8からのダイジェスト版です】

来年は2017年のインターハイ3冠の菊池裕太の所属するUC・バークレーに期待です。