So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新年を迎える準備、完了! [INFORMATION]

【今年もお世話になりました。新年は4日から営業します】
01.jpg
毎年恒例の大掃除を終え、昨日で2017年の営業を終了しました。大会の運営などでお店を閉めている期間などもあり、お客さま皆さまにはご迷惑をお掛けしましたが、今年も無事に終了することができました。感謝いたします。

【模様替えをしてチームオーダーのデザイン用のテーブルを作り】
02.jpg
お店の奥にある、ミーティングスペースにMacを1台、大きなモニターとセットしました。
プランがなくても、ここで如何ようにでもデザインします。
何しろ今年は5時間、6時間が当たり前でしたから…。

【資料の書棚もカレゴリーごとに仕分け完了】
03.jpg
実はここにサンプルなどもディスプーっぽく置いてあります。

【10年分のテニス雑誌は倉庫に引越予定】
04.jpg
毎号お送りいただいているテニス専門誌。3誌になってしまいましたが、月に3冊=年36冊、10年で360冊という訳です。棄てられませんので倉庫に移動予定。

【店内も大掃除完了です】
05.jpg
来年もごきげんなテニスアイテムをたくさん作っていきます。

【年明け、初打ち用のチームウエアも「初荷」のシールで出荷しました】
004.jpg
最近は「初荷」という指定はなかなかないそうですが…、何とか間に合いました。

【36周年記念フェアーも継続中です】
06.jpg
2018年もご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

今晩11時10分「The 世界力第2弾」に錦織圭が出演 [INFORMATION]

【東海テレビ制作の「世界力」錦織圭が何を語るか?】
01.jpg
番組宣伝のリードは「日本人初のグランドスラム獲得を目指すテニスの錦織圭選手。リオ五輪で銅メダルを獲得するなど好調だった昨シーズンとは違い、今シーズンは手首のケガに苦しんだ錦織選手が今の状態を赤裸々に語ります」そして「ケガをした瞬間、何があった?」「リハビリで得たものは?」「ライバルと自分との違いは?」……日本中の注目を集める今の錦織圭を、滝川クリステルさんが様々な角度から迫ります。という流れのようです。カメラはブラデントンにも赴き、現地の練習風景なども放送するそうです。放送は今晩11時10分から0時25分まで。フジテレビ系列でご覧いただけます。

【12月29日は圭サンの誕生日】

昨日の誕生日にIMG Academyで練習する圭サンの映像がアップされています。

テニスマガジン・2018/ 2月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(12/21発売のテニスマガジン)】
01.jpg
今月のテニスマガジンの表紙は錦織圭サン。巻頭に単独インタビュー記事があり、この他に圭サンのこの1年を振り返る54ページもの大特集(右画像がその扉です)が組まれています。今年の後半は出場がありませんでしたがロジャースカップまでを完全網羅しています。

【マンスリーダイジェストは見開きで話題満載】
02.jpg
出産休暇だったセリーナが復帰(エキシビションはオスタペンコと)、アルマグロがあきやま病院と契約締結、引退したステパネクがジョコビッチのコーチに、パンチョ・セグラが96才で大往生、ノボトナは49才で永眠されました。ご冥福をお祈りします。

【巻頭の技術モノは選手とコーチの関係】
03.jpg
元オーストラリアのケイチェルさんによる、指導者と選手へのお勉強会のレポートです。「プレーヤーは、選手は、コートで何を見て、何を探ればよいのか?」これが大きなテーマで、様々な角度からテニスを見て探る、から展開され、バックハンドスライスをマスターすることの重要性について。多く語っています。

【圭サンの出ないツアーファイナルのレポート】
04.jpg
残念ですが、日本企業がスポンサーになったにもかかわらず、レポートは見開きです。それもディミトロフとゴフィンの初出場のひたりが決勝を争うと云う面白大会だったのですが、いったい何人の日本人報道記者の数だったのでしょうか?来年また楽しみにしましょう。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

スマッシュ・2018/2月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(12/21発売のスマッシュ)】
01.jpg
今月のスマッシュの表紙は、この1年活躍した4選手をコラージュしています。
右画像は中とじになっている、2018カレンダーの背表紙です。1月から見開きで、フェデラー、杉田祐一、ズベレフ、シャポバロフ、ナダル、ティエム、ディミトロフ、デルポトロ、ハレプ、錦織圭、ゴフィン、12月はまたもやフェデラー、カレンダーの日程にはもちろん大会スケジュールが記載されています。これだけでもお値打ちですね。

【連載の終わったベイビーステップの作家さんインタビューです】
03.jpg
連載が終了した勝木光先生へのインタビュー記事です。ご本人はもっと描きたかったと思いますし、こちら読者側としては、デ杯やグランドスラムチャンピオンを見たかったのですが、ひとりの少年がグランドスラムに出場したと云うところで終わりというのも、センチメンタルでもあり、ここまでは本当にできるはなしなので、夢物語にならず、よかったのかもしれません。先生の次の作品を楽しみに待ちましょう。

【連載2回目の、プロの上達法/今月は、尾崎里紗の場合】
02.jpg
尾崎さんの場合取り組んだのは、スライスサーブとバックハンドのディフェンスショット。このサーブそうとう飛んでます。バックハンドもギリギリのところから重そうな球を打っています。股関節の使い方が絶妙ですね。

【NOBUの36周年記念・読者プレゼントのご案内】
04.jpg
NOBUの36周年のドライシャツを読者プレゼントでも差し上げています。もちろん店頭でもお買い上げのお客さまにはプレゼントしています。年内は30日(11時〜18時)まで営業しています。年始は4日から。皆さまのご来店をお待ちしています。

【ドリームテニス2017のレポート】
05.jpg
今年もドリームテニスが華々しく行なわれました。実際に圭サンのボールを打ちシーンはありませんでしたが、主審をしたり、様々なシーンでご来場の方たちを楽しませてくれました。残念ながらブリスベンの出場はやめたようですが、ベストに近い状態に戻ってから、帰ってきてくれれば良いかと思っています。(その時こそ“お帰り圭”と云いたいですね)

NOBUは「不定休」。営業日はこちらからご確認ください。

高校選抜テニスの関東予選が終了 [TENNIS LINKS]

【千葉県白子で行なわれていた高校選抜の関東予選は昨日終了】
01.jpg
http://tennismagazine.jp/_ct/17138963
テニスマガジン・オンラインの完全記録がアップされました。関東高校選抜は男子が秀明八千代、女子は早稲田実業が優勝を飾りました。そして全国大会の出場権を獲得。

【選抜はシングルス3ポイント、ダブルス2ポイントの7人がメンバーとなります】
02.jpg
全国選抜高校テニス大会は学校対抗の団体戦で、都道府県予選大会を勝ち抜いた各上位2校が地区大会に進出(北海道はそのまま上位3校が全国大会へ)、地区大会で上位進出した男女各56校が全国大会を争う(来年は40回記念大会なので、8校増枠の64ドロー)大会です。

【法政二高テニス部のサイトにも結果が掲載されています】
03.jpg

http://hosei2nd-tennis.asablo.jp/blog/2017/12/26/8755571
法政二高は1回戦で甲府工業を5-0で、2回戦は東京学館浦安に4-1、準決勝は東京1位の東海大菅生に3-2で勝利をおさめ決勝に進出しましたが、秀明八千代に2-3で敗れ準優勝です。NOBUでは毎年、チームのプラクティスウエアーやグッズをお作りしているので、結果が気になり、色々なサイトにアクセスして情報をゲット。準優勝の結果を知り、顧問の先生にお祝いメールをしました。この調子をさらに上乗せして、全国選抜でも良い結果を残してください。まずはおめでとうございました。

朝日新聞の夕刊で大坂なおみちゃん [Tennis Books]

【昨日の夕刊を開いてビックリ、なおみチャン】
01.jpg
朝日デジタルで読むことができます
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13290299.html?rm=150
朝日新聞のテニス担当・富山正浩記者のインタビュー記事です。
抜粋すると「ハイチ出身の父と日本人の母を持つ大坂ならではの苦悩を抱えていた。「日本選手と対戦すると、これまではみんなが相手を応援したけど、今回は私も日本人として見てくれるのが分かった」。会場のあちこちから飛ぶ「ナオミ!」の声援。それが、かえって重圧になったという。大阪市で生まれ、3歳の時に米ニューヨークへ移住。シャイな性格を案じてのことか、異文化に早くなじんでほしいとの配慮か、学校からは、家庭でも日本語を話さないよう指導された。幼い頃にしゃべれた日本語も今ではほとんど忘れてしまった。なのに、日本のファンが受け入れてくれたことがうれしかった」とのこと。

【ビーナス・ウィリアムスを撃破した試合のハイライト】


【今年の全米1回戦でケルバーを破ったあとのオンコートインタビュー】

ストリコバから「新幹線」というニックネームをもらったそうです。
来年は今年以上の成績を収められるようにがんばってください。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

読売新聞の日本スポーツ賞/テニス部門は杉田祐一 [Tennis Books]

【第67回の日本スポーツ賞が発表されました】
01.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20171222-OYT1T50053.html
今年のスポーツ界で活躍した選手を表彰する第67回日本スポーツ賞。グランプリに輝いたのは、陸上男子100mで9秒98の日本新記録を樹立し、日本人で初めて10秒の壁を破った桐生祥秀が選ばれました。特別賞には、スピードスケートの小平奈緒と、スキージャンプ高梨沙羅が、奨励賞は、バドミントンの奥原希望。

【テニス部門は杉田祐一です/紙面を拡大】
02.jpg
本当に今年はがんばりました。来年は更なる上を目指してがんばってください。

【ATPのサイトで特集されました/丁寧な英語でしゃべっています】

かっこいい仕上がりになっています。日本語よりも英語の方がおしゃべり?

Merry Christmas to you [INFORMATION]

【クリスマスカードをリメイクしました】
01.jpg
クリスマスイブの今日、皆さんはどんなテニスライフをおすごしですか?

Team NOBU/芝田雅司のプレー写真をいただきました [INFORMATION]

【カメラマンの鯉沼さんがご来店くださり、2枚の紙焼きをいただきました】
01.jpg

昨年の全日本の時の写真です。鯉沼さんが36周年のお祝いとクリスマスプレゼントとして持ってきてくれました。来週、プロモデルコーナーにディスプレーします。

【迫力あるバックハンド】
02.jpg

NOBUのプロモデルは「Nマーク」「コート柄」「クロスラケット」の3デザインですが、芝田はコート柄、飯野翔太はクロスラケット、小野田賢はN-マークとそれぞれに好みが分かれています(決して振り分けている訳ではないのですが選手それぞれの好みです)。

【日本リーグプログラムでの芝田の選手紹介】
03.jpg
高校1年生の時から注目していた選手で、31才になった今も実業団でがんばっているのをサポートできるのはありがたいことです。コメントにある「嘘くさい笑顔」とありますがもちろん次男ですから「たらし」です(笑)。とはいえ、日本リーグでも決勝トーナメントに進出できるようにがんばって欲しいと思います。

2時間テニス・デイパックに新色登場 [NOBU ITEM]

【好評のラクチン・デイバッグの新色を作りました/グレーです】
001.jpg

今年の6月に発売した「2時間テニス・デイパック」。紺色だけの販売でしたが、新色のグレーをお作りしました。背中のプリントも柄も替えて、昨日からお店に並びました。

【こちらのデザインは架空のテニストーナメント】
002.jpg

品番:NG-02_NEW
サイズ:左右30センチ、天地44センチ、マチ14センチ。
価格:\3.200-(税込) 色:従来の紺にグレーを追加しました。
素材:ポリエステル100% 内容量:18リットル

【紺とグレーの2色展開になりました】
003.jpg


紺色の詳細は【[↓]】でご覧ください
http://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2017-06-20
朝練の時は毎回このバッグを使っていますが、特に冬場が便利なことに気がつきました。なぜかと云うとこの季節は厚着をしてコートに行きますが、シャツなどを着替えることがないので、ラケットとタオルと水分だけで済むからです。よろしければお試しください。

通信販売の詳細、サイズチャートや送料は、
http://www.tennisfactory.co.jp/info/info.html

ご注文は support@tennisfactory.co.jp ?or ?お気軽にCall:03-3499-6160

季節のご挨拶が続々と届き始めました [TENNIS IMAGE]

【国際テニス連盟からのメールマガジンは】
01.jpg

さすがに本家は7カ国語で季節のご挨拶です。宗教上の理由などもありますから“メリークリスマス”という訳にはいかず、このような言語表現になるのでしょう。

【国際テニス殿堂からは】
02.jpg

テニス殿堂の方は、今年選ばれたアンディー・ロディックや、ここで行なわれたトーナメントの優勝者である、ジョン・イズナーそしてグスタボ・クエルテン、ロッド・レーバー、スタン・スミスさんらをコラージュして楽しそうなカードになっています。

【そしてATP年末恒例の動画です】

トップ選手たちからのコメント集です。このセーター欲しい!

【この季節になると聞きたくなる“Heart Warming”なこの曲がお勧めです】

皆さんも楽しい週末をお過ごしください。Happy Holidays!

ベイビーステップの連載が終了 [Tennis Collection]

【10年の連載を終えた作家さんから描き下しの色紙をいただきました】
01.jpg

先生直筆のメッセージで、「ご協力いただき、ありがとうございました」と、あります。単行本を毎号お送りいただき、最終回は47号目となりました。その本も本日お店のポストに入っていました。グランドスラムで活躍するとか、デ杯で日の丸を背負ってプレーするとか、見たいシーンもたくさんありましたが、チョット残念な終わり方になってしまいました。特にデ杯は、先生とも色々と話しをしていたので、ショッキングではありました。とは言え、10年の永きにわたる連載。普通の高校生がテニス界で登って行く姿には多くの賞賛があったのではないでしょうか。良いストーリーだったと思います。

【今世紀最大のプレゼントかもしれません】
02.jpg

編集担当者からのご挨拶文には「勝木先生の次回作はいつになるかわかりませんが、またお世話になることがありましたら、何卒よろしくお願い致します」と結ばれていました。次作も別の角度からのテニスネタで作っていただけたらと期待しています。

勝木先生、しっかりと休養をとって次作に向けてがんばってください。

2枚だけのオリジナルシャツ [Custom Made]

【顧問の先生に感謝の気持ちを込めたオリジナルシャツです】
01.jpg
中学校の駅伝部が引退に際し、おふたりの顧問の先生に送るシャツです。背中に全員の部員の名前(左が男子、右が女子)を書き込み、Special Thanksとして、先生のお名前をいちばん下にいれ、レイアウトしました。送られてきた生徒たちの名前が最初は漢字で、イマドキのお子さんの名前で読むことが難しく、その後、ひらがなをお送りいただき、アルファベットに変換するためにキーボードを叩きました。NOBUのチームオーダーはそこまで致します。いただいたイラストは画像のまま処理し、必要部分はタイプしました。製版する工場のスキルが高いため、スキャンされた画像をそのまま配置しているにもかかわらず、また解像度が非常に低いので、実際にプリントした場合「ジャギー(ギザギザした感じ)」が発生することが多いのですが、このようにきれいに仕上がりました。

【2枚だけもオリジナル】
02.jpg
胸も支給されたスキャン画像を基に“つなぐ”とテキストを入れました。駅伝部ですから「襷をつなぐ」という意味です。胸のワンポイントも上述のようにきれいに仕上がりました。
NOBUでは、いかようにもデザインしますのでお気軽にお問い合わせください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

国際テニス連盟が決めた今年のチャンピオン [YouTube Tennis]

【国際テニス連盟は、共にスペイン人のナダルとムグルサを選びました】
01.jpg
http://www.itftennis.com/news/277534.aspx
コメントは「Find out who else has been honoured with the ITF's year-end World Champion award.」とのことです。

【今年のナダルのグランドスラムでのベスト20ショット集です】

ティエムへの高速ロブはすごいものがあります。何しろすごいコートカバーリングからのダウンザラインのパスは驚くべきものの数々です。さずがナダル!

【今年のウィンブルドン決勝のハイライト】

ナンバーワンに輝いたのはこの勝利だったでしょう。低い位置に重心をおくレディーポジション、小さめのテイクバックでミスの少ないテニスでした。

Roger Federer Foundationのトートバッグ [Tennis Collection]

【カメラマンの伊藤さんから36周年記念にとトートバッグをいただきました】
01.jpg
自宅にガット張り機を持っているテニスマニア・カメラマンの伊藤さん。ラケットやグッズ、レアなアイテムは「TennisWarehouseのヨーロッパ」から購入しているそうで、購入の際に、「RF」ジャケットなどと一緒に、このトートバッグを買ったそうです。これを4ユーロで購入することにより、「フェデラー財団」に寄附したことになるのだそうです。

【ワインと共に頂戴しました】
02.jpg
リサイクル生地の織物です。赤のアクセントが効いているので、コートで映えそうです。
ワインも含めて、伊藤さん、ありがとうございました。

【アフリカの子供たちの教育のための募金活動です】
03.jpg
http://www.rogerfedererfoundation.org/en/home/
フェデラーの財団活動は12年以上活動していて、その恩恵を受けた子供たちは来年には100万人に達すると、冒頭に書かれています。チョットのぞいてみてください。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160