So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年08月| 2018年09月 |- ブログトップ
前の15件 | -

スマッシュ・2018/11月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(9/21発売のスマッシュ)】
01.jpg
今月のスマッシュの表紙はもちろん、大坂なおみチャン。全米オープン優勝の帰国し、記者会見、スポンサーイベント、テレビの取材などオフコートでいろいろ忙しかったはずなのに東レでもよくがんばりました。日本テニス協会からは800万円の報奨金までゲットしましたが、彼女にとってお金は二の次って感じがなんだかとっても清々しい雰囲気があり、好感度が一段とアップです。ツアーファイナルまでがんばって!

右画像はタイでのアジア大会で日本人選手のメダル獲得の記事です。男子ダブルスでは上杉海斗/島袋将と伊藤雄哉/綿貫陽介のペアがそれぞれ銅メダルを獲得し表彰台に乗った写真が掲載されています。加藤未唯/二宮真琴の女子ダブルスと、上杉/林恵里奈のミックスも銅メダルで、日本は4つのメダルを獲得しました。シングルスで優勝すれば東京オリンピックのワイルドカードが与えられる大会でしたが、内山靖崇、綿貫、加藤、穂積絵莉は全員3回戦敗退という結果になってしまいました。2020年6月の自己ランキング(大まかですが70位以内ならばOK)での出場を目指して、がんばってください。

【表彰式後の記者会見でのうれしいカット】
02.jpg
いやいやお父さんはうれしいよ!と思っている方も多かったのでは…。

【巻頭の技術特集は苦手なショットの対処法】
03.jpg
スマッシュ編集部は「テニスの苦手総選挙」を行ない情報を収集。ランキングに入ったトップ20の項目に対する対処法を一挙に検証しました。ランキング順は
1)フォアハンドのチャンスボールを決めきれない(10%)
2)バックに高く弾むボールが来るとうまく返せない(8.7%)
3)深いボールで下げられた時、フォアをしっかり返せない(6.7%)
4)サーブでトスが安定しない(5.6%)
5)アドサイドで外に跳ねるサーブのリターンが難しい(5.3%)がトップ5
これに対し3人のコーチがその対処法を解説しています。皆さんご参考になれば…。

【全日本ジュニア・トーナメントレポート】
04.jpg
今年の全日本ジュニアのレポートです。12才以下から2才刻みに18才以下まで。
様々なカテゴリー毎に、様々なドラマがあったようです。詳しくは本誌で。

【いよいよ、ジャパンオープンが始まります】
05.jpg
全米オープンから、デ杯・プレーオフ、日本女子オープン、東レPPOと続いた国内主要トーナメントもこの後は、ジャパンオープンと全日本選手権の2大会となりました。今号ではジャパンオープンの常連の他にニューカマーとして、デミノー、シャポバロフ、ティアホー、ヒョン・チョン、チチパスらの紹介をしつつ、大本命を圭さんにしてページを構成しました。ツアーファナルを見据えて、この大会前にパリに飛んだ圭さんが東京で勝つためにはやはり皆さんの応援でしょうか?さあ、飛田給に結集です!

テニスマガジン・2018/ 11月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(9/21発売のテニスマガジン)】
01.jpg
今月のテニスマガジンの表紙は当たり前ですが、日本人初のシングルスグランドスラマーになった大坂なおみチャンです。マディソン・キーズに勝ったところで(ウィンブルドンの決勝を見ていたのでセリーナは崩れるかもと思い)、こりゃ行けるんじゃないかなと感じていました。とは言え、まさか日本人選手が…。本当におめでとうございました。
右画像は来年からフォーマットが変わるデビスカップに対して、テニスマガジンなりの取り上げ方をしています。まあ毎年プレーオフはあるので、有明開催もあるのでしょうが、ワールドグループは1カ所での開催になり、フォーマットも3セットマッチで2日間に変更されます。団体戦のあり方が大きく変わる節目となるのでしょうか?疑問点は山積み?。

【ジョコビッチと圭さんの準決勝を振り返る】
02.jpg
亜細亜大学テニス部の堀内監督による、準決勝の解説です。「ジョコビッチに完璧に封じられた」というリードでストレートで敗れた試合を振り返ります。ポイントは圭サンのサーブ力、確率とポイント獲得率に絞られていると云うところでしょうか?

【インカレのレポートでの取材者の本音】
03.jpg
今年のインカレは望月勇希と牛島里紗の初優勝で終わりました。準優勝の羽澤慎治、松田美咲もよく健闘しました。元編集長が毎年取材をしていて思うことを「大会総評」としてレポートしています。大学生のモチベーションを「意識の差」として、インカレという大舞台での残念な内容を悲観しています。来年からは本格的にトランジッションツアーが始まり、安易にプロ転向などという方向性を見いだすことができなくなった今、特に男子の大学生たちはどこに向かって行くのか、少し時間がかかるかもしれません。

【全国中学生もインターハイ並みの取り扱いです】
04.jpg
全国中学生大会のレポートも年々扱いが大きくなっている気がします。今年は団体戦出場校の全選手紹介がカラーページで編集(男子だけで見開きです)されました。

【テニマガ捜査本部/都道府県別勢力図】
05.jpg
国内のトップランカーたちの出身地がどこか?捜査本部が立ち上がりました。男女の上位50人でポイントを積算し、1位は東京、以下埼玉、神奈川、兵庫、大阪、千葉、京都、愛知、福岡、そして10位タイで群馬、広島、岡山という順になりました。ジュニアを排出するアカデミーの存在がランキングに反映する大きな理由かもしれませんね。

ミカエル・ユーズニーが引退しました [YouTube Tennis]

【ロシアのベテラン、36才で引退です。お疲れさまでした】
001.jpg
https://tennismagazine.jp/_ct/17207740
ミカエル・ユーズニー: 1982年6月25日・モスクワ生まれの36才。6才でテニスを始め、ATPツアーでシングルス10勝、ダブルス9勝で、自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス38位。2002年のデ杯でロシア代表チームを初優勝に導いた(20才で初出場の時、2-2の最終シングルスに抜擢され「この時のメンバーはサフィンとカフェルニコフ」フランスのマチューとの対戦で2セットダウンから逆転勝利)実績を持ち、06、10年全米オープン準決勝に進出(グランドスラムの全大会でベスト8以上に進出)。今後は、ご自身同様のタフなファイターを育ててください。楽しみにしています。

【ユーズニーと云えばこの映像が思い出されます】

ファイナル5-5にするポイントでの長いラリーでバックハンドをミス。
その後のユーズニーの石頭ぶりが半端ありません。
この精悍さは、引退してもプーチンに愛され「KGB」かなんかで暗躍できそうです。

【ベストマッチはこれかな】

2006年の全米、準々決勝でナダルを破った試合。ナダルもこの頃はかっこ良かった。

【そして引退を讃えるホットショット集】

切れのある片手バックと、タッチの良いネットプレーも彼の魅力でした。
長い選手生活、お疲れさまでした。

チョットユニークなヨーロッパのお土産 [Tennis Collection]

【ヨーロッパを旅してきた友人からのお土産です】
01.jpg
ヨーロッパ旅行を計画し「Tennis Warehouse」という通販テニスグッズサイトで予約を入れ、宿泊するホテル宛に品物が着くように指定し、受け取ると云うユニークなスタイルで購入し、お土産としていた、テニスウエアハウスとフェデラーファンデーションのトートバッグです。確かにテニスウエアハウスは日本の小売店よりも安く買えますが、送料や関税などを考えると少量の場合は価格が変わらなくなってしまう場合がありますが、このような方法(旅行で欧米に行く予定があるならば)を使えば、割安で仕入れることが可能です。なかなか良いアイディアをいただきました。そしてお土産、ありがとうございました。

今週末はシカゴで“Laver Cup”です [TENNIS LINKS]

【昨年から始まった“Laver Cup”今週末にアメリカ・シカゴで開催です】
01.jpg
https://lavercup.com/
昨年はフェデラーがキリオスの猛攻にあいながら、見事な勝利でチーム・ヨーロッパが勝利をおさめました。日本の圭さんはツアーファイナル出場を目指して、今週はフランスの250に出場。いつかこの対抗戦にもチーム・ワールドの選手として参加してもらいたいものです。さてさて今年はどんな結果になるか、楽しみですね。

【チーム・ヨーロッパとチーム・それ以外の団体戦です】
02.jpg
昨年勝ったのはヨーロッパ。今年もボルグ監督のもと、フェデラー、ズベレフ、ディミトロフ、ゴフィンに加え、ジョコビッチとエドムンドが参戦(補欠にシャルディー)、一方のチーム・ワールドはマッケンローが監督。選手はケビン・アンダーソン、ジョン・イズナー、シュワルツマン、ジャック・ソック、キリオス、ティアホというメンバーを揃えました。どちらが勝っても面白い戦いになりそうです。

【今年はこんなグッズも発売されます】
03.jpg
https://lavercup.com/shop
そこそこお手軽な価格ですので、チョット欲しくなりますね。

ここで残念なお知らせもあります。シーズン終盤で、ラファエル・ナダルが北京と上海を右ひざの故障で欠場すると発表しました。個人的には全豪までに直して戻ってきてくれたらいいなと思います。お大事に。

楽天オープンのダブルスと予選のリストが出ました [TENNIS IMAGE]

【いよいよマクラクラン・勉チャンのディフェンドが始まります】
02.jpg
勉チャンはストルフと組んでエントリーしました。昨年のこの大会で優勝し、今やツアーの一員としてダブルスランキングも21位と、この1年で急浮上しましたが、ここからポイントに対するディフェンドが始まります。ATP500ではダブルスの優勝も500ポイントですから、何とか優勝してポイントを守りたいところ。ツアーファイナルの出場権はストルフとのペアで現在13位。チョット厳しいところに位置していますが、このあと上海などの高ポイント大会もありますから可能性もない訳ではありません。がんばって欲しいな…。

【マッケンジー・マクドナルドもリストに入りました】
01.jpg
予選のカットは77位ですから、とんでもなくレベルの大会大会になりました。太郎チャンはワイルドカードなので、アウトの1番のルーカス・ラッコが繰り上がりそうです。全米で活躍したジョン・ミルマン(フェデラーに勝利)は37位に上げていますが、ジャパンオープンは全米の前にエントリーの締切だったので、予選に回りました。エブデン、テイラー・フリッツ、ライアン・ハリソン、メドベデフ、ベノア・ペール、セッピ、そしてイチオシのマクドナルドとすごいメンバーでの予選です。予選を観に行く方が面白いかもしれません。

20年間お世話になった愛用のシューズ [Tennis Collection]

【1998年に購入した、Nike・アガシのシグネチャーモデルが遂に剥離】
01.jpg
1998年にアメリカのアウトレットで見つけた真っ白なテニスシューズ。とにかくシンプルで履きやすく、5年くらいは普段履きにしていましたが、ややくたびれてからはもっぱら「ガーデニング用」に目的変更。以降15年もの間お世話になりました。先日草むしりをしている最中、急に身長が2センチくらい低くなったなと思ったら、ウレタンのソールが剥離して、悲しいお別れとなりました。

【両足ともに同時に剥離】
02.jpg
1998年は1ドルが110円くらいの相場で、確か30ドルくらいで購入。
きれいなヘリンボーンはすり減りも少なく、チョット残念でした。

【アガシのオリジナルロゴを探して】
04.jpg
これはようやく探したアガシのシグネチャーのシャツで、ロゴを再確認。
このシューズ、アガシのシグネチャーモデルでした。

【タンの部分にアガシのマークが入っています】
03.jpg
購入した時は“アガシモデル”と思っていて、いろいろ検索したのですが、現物にあたることはできませんでした。アウトレットアイテムだったのかな?1990年代(デニムパンツからネオンカラーに変遷の頃ですからね)に真っ白なシューズに遭遇して、何はともあれこのシューズをゲットと思ったのを思い出しました。物持ちいいんです…。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

東京アンダーグランドの新製品 [Custom Made]

【テニス解説でお馴染みの佐藤武文さんのブランドから新デザインが…】
01.jpg
サイト上での商品の紹介コメントは以下の通り
「TUTC公認のテニスチーム「MAGIC MADNESS」のDryTシャツです。
レフティーとそのフォロワーから構成されるチームです。
「SHADOWS」のライバルチームでもあります」とのこと。
ボクには、正直よく理解できませんが…。
こちらから通信販売で購入できます:https://bpproducts.thebase.in/

【色目はガーネットレッドと黒の2色です】
02.jpg
基本、ぎっちょ用という理解でおりますが…。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

そろそろ終止符を打ちましょう(セリーナ問題) [TENNIS LINKS]

【国際テニス連盟は早々に主審を擁護のコメントを発表】
01.jpg
https://www.itftennis.com/news/291172.aspx
国際テニス連盟は、全米オープン女子シングルス決勝の主審を務めた、ポルトガル人のカルロス・ラモスさんが3つのコード・バイオレーションを与えたことに、彼の決断は規則に合致するものであるというコメントをトップページで発表しました。日本人選手として初めてのグランドスラムタイトルを手にした大坂なおみ選手の優勝でしたが、セリーナの行なった行為(発言)で、なんだか後味の悪かった一連の報道もここに来てようやく終止符が打たれそうです。なおみチャンも、こうなったらあと3つのグランドスラムタイトルをなるべく早くゲットして、真のチャンピオンになってもらうしかありません。

【毎日新聞の論調はなかなかシュールです】
02.jpg
https://mainichi.jp/articles/20180914/mog/00m/050/004000c
これはなかなかよく取材をして書いています。人種差別や性差別からは目をそむけてはならないが、事実をねじ曲げその差別を利用するのは如何なものか?

【朝日新聞は柔道の山口香・筑波大学教授にインタビュー】
03.jpg
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13679589.html?rm=150
紙面から抜粋:山口教授はスポーツから性差別をなくす必要性には同意するが、主張の仕方としては否定的だ。「正しい判定に納得がいかず暴言に至った。負けた後に性差別だと言い出したのは論点のすり替えで、自己弁護のために性差別を持ち出すのはよくない。ずるいと思われ、差別を助長する」当日の会場を含め米社会にS・ウィリアムズ寄りの反応が目立ったのは、黒人や女性に対する差別に敏感な米社会の世論を背景に、味方したくなる感情に傾いた人が多かったからではないかと分析した。

【ラモスさんは今週、デ杯:クロアチア対アメリカ戦で主審を務めています】
04.jpg
https://tennismagazine.jp/_ct/17205897
AP通信はアメリカのジム・クーリエ監督は「この一件は意見が分かれ、ある意味で政治的な問題のようになっているが、カルロスはただ、彼が理解している通りに規則を行使しただけだと我々は考えているよ」との見解を示した。とレポートしました。

いずれにしろ、もうこの件には終止符が打たれたと思います。
なおみチャンが世界ランキング1位になる日を心待ちにしましょう!

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

世界各地でのデ杯/初日を終えて [TENNIS IMAGE]

【ワールドグループは準決勝、プレーオフは8対戦が組まれています】
01.jpg
https://www.daviscup.com/en/home.aspx
●準決勝の1試合:フランス対スペイン(フランスのインドア・ハード)
初出場のブノア・ペールがカレノ・ブスタを、ルーカス・プイユがバウティスタ・アグートを、それぞれ勝利し、フランスが2-0とリード。
●準決勝のもうひと試合は、クロアチア対アメリカ(クロアチアの屋外クレー)
ボルナ・チョリッチがスティーブ・ジョンソンを、マリン・チリッチがフランシス・ティアホを、それぞれ勝利し、クロアチアが2-0とリード。

【注目のプレーオフ】
●オーストリア対オーストラリア(オーストリアの屋外クレー)
デニス・ノバク(133位)がアレックス・デミノーを、ドミニク・ティエムがジョーダン・トンプソンを、それぞれ勝利し、オーストリアが2-0とリード(これは意外でした)。
●カナダは、シャポバロフとラオニッチの2枚看板で、オランダに2-0。今日のダブルスにはネスター(46才)がポシュピシルと組んで、地元トロントに登場します。
●アルゼンチンはシュワルツマンとペラが勝利し、コロンビアに2-0。コロンビアはカベルとファラの最強ダブルスはノミネートされず、地元の英雄、サンチアゴ・ヒラルドも最高位28(2014年)から410位までランキングを落としています。
デ杯では昔から「何が起こるか分からない戦い」とも言われているので、初日の結果だけで勝敗の予想はできませんが、最終日が終わってどのような結果になるのか楽しみです。

さてさて、勘違いしていたのがひとつ、フランスの監督はアメリ・モレスモに変わったと認識していたのですが、ヤニック・ノアがプイユに抱きついている(?)よく調べてみたら、モレスモさん、来年からデ杯監督でした。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

デ杯・初日を終えて2勝です [TENNIS IMAGE]

【オープニングマッチでダニエル太郎がストレート勝ち】
01.jpg
https://www.daviscup.com/en/home.aspx
太郎チャンは危なげなく、15本のサービスエースで相手国チームのナンバー2に勝利!サービスゲームでのポイント獲得率が82%と、好調のようです。

【続く第2試合も西岡良仁がストレート勝ちをして日本は王手です】
02.jpg
西岡もプレッシャーがかかる相手のナンバーワンにストレート勝ちです。最初の2セットは西岡がともにワンブレークで連取。第3セットは2-1から初めてサービスをダウンしましたが、すぐにブレークバック。終始、西岡のペースで試合が進み、ランキングは上の(ミルジャ・バシッチは79位、西岡は現在170位)相手に1時間53分で決着をつけました。日本はシングルスで2連勝。明日のダブルスに勝てば、日本チームの勝利が決まります。
とにかく良かった!

アメリカのお土産にタオルをいただきました [Tennis Collection]

【食べて、寝て、テニスしかしない】
01.jpg
淡いグリーンに濃いグリーンでプリントされたシンプルなデザインタオルです。
大きなタオルもうれしいのですが、2時間テニスにはもってこいの大きさです。
洗濯をしてもすぐに乾くし、これ便利に使わせていただきます。

【アメリカン・コットンプロダクトです】
02.jpg
アメリカのテニスグッズによくあるのが、この「食べて、寝て、テニスする」というコピー。Tee-Shirtsなんかでもよく見かけるデザインです。

【検索してもすぐにこんな感じで表示されます】
03.jpg
アメリカ人はこういうギャグが大好きなんでしょうね。
いつもお土産、ありがとうございます。

さてさて明日からはデ杯のボスニア・ヘルツェゴビナ戦。組み合わせが今日行なわれ、シングルスはダニエル太郎と西岡良仁が、ダブルスにはマクラクラン・勉と内山靖崇のペアが出場すると発表されました。このフォーマットは今回で最後になりますが、勝ち残って終わりにしてもらいたいものです。ガンバレ!日本デ杯チーム!

Naomiチャン、日本はスゴイことになっていますよ [TENNIS IMAGE]

【CITIZENは金曜日にNaomi Specialを発売】
01.jpg
https://citizen.jp/news/2018/20180910.html

【こちらは日清食品のトップページです】
02.jpg
https://www.nissin.com/jp/

【ヨネックスもやってます】
03.jpg
http://www.yonex.co.jp/tennis/news/2018/09/1809101500.html

【シューズはアディダス】
05.jpg
https://shop.adidas.jp/

【WOWOWさんが制作する公式サイト】
04.jpg
http://www.naomiosaka.com/
そして近々帰国で立川へ。来週もがんばってください。

ROAD TO WIMBLEDON 2017のアルバム [Tennis Books]

【今年初出場の日本チーム・メンバーです】
04.jpg
14才以下の国際イベント「ROAD TO WIMBLEDON」のチームウエアを製作した件は既にお伝えしましたが、現地「WIMBLEDON」での集合写真をいただいたので紹介します。左から、安髙日渚莉、奥野柚来、神谷監督、佐藤駿弥、吉村直記の各選手たちです。

【昨年行われたイベントのフォト・ダイアリー】
01.jpg
昨年は英国、インド、中国、香港の4カ国が参加して行なわれたようです。右側が表紙で、左が背表紙です。背には昨年の優勝者と準優勝者の写真です。

【試合だけでなく様々なトレーニングもあり】
02.jpg
ティム・ヘンマンさんが芝のコートで子供たちに指導している写真も掲載されています。今年は上記の4カ国の他に日本チームも加入して合計5カ国のでイベントだったそうです。14才以下で、あこがれのウィンブルドンの地に立てたことは今後のテニス人生に大きな影響をもたらしそうですね。何とも羨ましいかぎりです。

【天然芝コートの分布図】
03.jpg
中国には北京と南京に、そして香港。日本は佐賀にありますという地図です。
来年のフォト・ダイアリーを見るのが楽しみです。

テニスクラシック・2018 /10月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(9/5発売のテニスクラシック)】
00.jpg
今月のテニスクラシックの表紙は錦織圭サンの後ろ姿。全米ではドロー運にも恵まれベスト4進出。残念ながら優勝したジョコビッチにストレート負けの14連敗を喫しました。スポーツニッポン誌上で、松岡修造さんが以下のようにコメントしています、「ケガから復帰してきてベスト4は凄いことだと思う。だが僕が悔しいのはジョコやナダル、フェデラーに「やっぱり錦織はテニスじゃなくて心のどこかに弱いところがあるな」と思われたこと。ジョコビッチは自分にない何を持っているのか、どんなことをしても勝とうとするメンタルの強さはどうしたら吸収できるのか。テニス人生があとどれくらいあるか分からないが、そのことを圭には考えてほしい。」と話し、冒頭のチャッチコピーでは「ジョコの呪い”凡ミスで圭の魂がどこかに吹っ飛んだ」と叫んでいます。

右画像は今月号から始まった技術モノ“日本史上最強から学ぶ、錦織圭のテニスメソッド”の扉です。ベーシック編の第1回目は、「世界ナンバーワンの両手バックハンド」で、増田健太郎さんの解説で7ページの特集です。脚のパワーを生かす「腰の低さ」がポイント!

【巻頭の技術モノのテーマは“もっと前で打て”本当の打点】
01.jpg
打点の真実について解説しています。しかして“正しい打点は、今のあなたの打点よりもっと前にある”--よく分かっていますが、引きつけようとしちゃうんですよね…。

【今月号には別冊がついています/テクニック用語事典です】
02.jpg
現代テニス用語事典です
ストローク編では、
リニアゾーン、バギーホイップ、ペンタゴン型、エクステンド・アーム、アクシス・シフト、ビハインド・レッグ、アーム・バックワード、クロース・トゥ・ウエスト
サーブ編では
フット・アップ、フット・バック、リスト・ターン、スローイン・ファストアウト、アーム・フォワード、アーム・エクステンション、パーム・トゥ・ライト
リターン編では
ダイアゴナル・ステップ、パラレル・セット
ボレー編では
支持基底面、キャッチ&プッシュ、などなど、皆さんどれだけご存知ですか?

【フット・アップとフット・バックの解説です】
03.jpg
フット・アップは右のズベレフのように、トスアップ直後に後ろ足を引きつけるフットワークで、パワーが出しやすいとのこと。フット・バックは左のチリッチのように、トスアップ後も両足のスタンスを変えないフットワークでサーブが安定しやすいのだそうです。

【さあ、全米のあとはジャパンオープンです】
04.jpg
今年の出場者がかなり見えてきました。チリッチ、ワウリンカ、アンダーソンなどの常連に加え、デミノー、シャポバロフ、チチパス、ティアホー、ヒョン・チュンなどのヤング・ガンたちも参戦します。さてさて今年は誰が優勝するのか?インドアのグリーンセットが有利に働くのは?この秋の楽しみな大会が「Coming soon」です。
前の15件 | -
2018年08月|2018年09月 |- ブログトップ