So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

次期アメリカ・デ杯監督はマーディー・フィッシュに [TENNIS LINKS]

【TENNIS.COMのサイトで発表されました】
01.jpg
http://www.tennis.com/
昨年のデ杯準決勝でクロアチアに敗れたアメリカ。チームのキャプテン“ジム・クーリエ”で、パトリック・マッケンローのあとを継いで8年間チームを率いましたが、今回の敗戦で辞任。その後のインタビューで「選手の年齢に近い人」が適任ではないかと発言し、後任に注目が集まりました。USTAはこの提案に従い“マーディー・フィッシュ”が新監督に決まりました。日本チームの岩渕聡監督の選任をほぼ同じようなスタイルです。昨日の発表を受けてフィッシュは「自分にとっては夢のような仕事で、非常に光栄に思う」とコメント。

【テニスチャンネルのニュースコメントでは】
02.jpg
既にメルボルン入りしているテレビクルーは、リンゼイ・ダベンポートと、ジミー・アリアスがコメンテーターとして登場し期待度の高さを話し、讃えています。
フィッシュは1981年生まれの37才。ミネソタ生まれのフロリダ育ち。2000年にプロに転向し、02年からアメリカデ杯チームメンバー入り。03年にツアー初優勝を果たし、04年アテネ五輪で銀メダルを獲得。ツアー優勝はシングルスで6勝、ダブルスでは8勝(主にジェームス・ブレーク、アンディー・ロディックと組んでいました)。自己最高ランキングは2011年8月に7位を記録。そのご心臓疾患などを患い、15年の全米オープンで引退しました。その後ジャック・ソックらのコーチや、ESPNでコメンテーターのお仕事などもしていたようです。ちょっと楽しみですね。