So-net無料ブログ作成

デ杯・中国戦のお土産 [Tennis Collection]

【デ杯・最終予選(vs China)のお土産が届きました】
01.jpg
自称:テニスボールコレクターとして、アピールしている訳ではありませんが、海外でのトーナメントや対抗戦などに行った知人からのお土産でテニスボールをいただくことが多いです。今年に入ってからも既に全豪オープンのボールをいただき、今回はお宝感たっぷりのデ杯使用球です。デ杯のような国別対抗戦では開催国がサーフェスと使用球を選択する権利があり、日本国内で開催される場合は「スリクソン」がほとんどで、今回の広州はHEADだったようです。しかも「Davis Cup」の文字がボールにプリントされています。デ杯の対戦用にこのような文字入りのボールは初めて見ました。なかなかお宝感があります。

【使用球は“HEAD”のデ杯の刻印入りです】
02.jpg
缶のラベルにもデビスカップのロゴがプリントされています。今回はWOWOWで全5試合をオンデマンド観戦しましたが、デ杯のボールチェンジは「7-9」。つまりゲームの合計が最初は7ゲームが終わったらニューボールに交換、次は合計9ゲームが終わるごとに交換して行きます。最初はプラクティスがあるので7ゲームな訳です。つまりそんなにたくさんボールと使用するわけではないのに、缶のパッケージまでデ杯使用にしてしまうなんて凄いことだと思ったのですが、実は2017年より公式パートナーとなっていて、日本国内でも販売されていました(勉強不足でスイマセン)。公式サイトによると「Encore[トレードマーク]テクノロジーで耐久性を、そしてSmartOptik[トレードマーク]で視認性を向上。高級でエレガントなシルバーのパッケージ・デザインをまとい、この長い歴史と伝統を誇る団体戦の精神を象徴します」とのことです。いちど使ってみることにします。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160