So-net無料ブログ作成

Hopman Cupが来年からお休みに入ります [TENNIS IMAGE]

【男女の国別対抗戦であるホップマンカップが今年までで、ひと休みだそうです】
01.jpg
https://www.itftennis.com/home.aspx
国際テニス連盟(ITF)のデビット・ハガティー会長は30年に渡って開催されてきた「ホップマンカップ」を今年1月に行なわれたのを最後に、ひと休みするとコメントしました。これは2020年からATPが始める「ATP CUP」という国別の団体戦を開催するのにあたり、日程が重複するため、ITFが「開催を断念した」という表現の方が正しいかもしれません。

【終わった訳ではなく、将来を見据えてでのお休みとアナウンス】
02.jpg
https://www.itftennis.com/about/itf-events/hopman-cup/hopman-cup.aspx
ハガティー会長は「男女ひとりずつの国別対抗戦を開催することに意義がある」と表明し、スポンサーと会場を探し、再開する意向を示しています。

【1989年から30年間開催されました】
03.jpg

この大会は豪州の偉大なる指導者である、ハリー・ホップマンさんの業績を称え、豪州の元選手である、ポール・マクナミーとチャーリー・ファンカットの発案で始まりました。参加する各国は男女それぞれひとりずつで、それぞれがシングルスを戦い、1勝1敗の場合はミックスダブルスで勝敗を決める、ややエキシビションマッチのような団体戦で、全豪オープンを控えた選手たちがパースに集まってきます。

第1回大会では、まだチェコスロバキアだったときの、メシールとスコバ。翌年はエミリオとアランチャのサンチェス兄妹を擁したスペイン、1993年はシュティッヒとグラフのドイツ、95年はベッカーとフーバーの同じくドイツが、2001年にはフェデラーとヒンギスのスイス、03年はブレークとセリーナのアメリカ、08年はフィッシュとセリーナ、そして昨年と今年はフェデラーとベンチッチがミックスにまでもつれる戦いで2年連続してズベレフとケルバーのドイツを破って優勝しています。豪州の南西にある街・パースの会場は連日満席になる大会だったのでちょっと残念でもあります。