So-net無料ブログ作成

レクサス東京オープンのレポート [TENNIS IMAGE]

【最終日は晴天に恵まれ多くの観客の方がご観戦にいらっしゃいました】
001.jpg
第1回目となる「レクサス東京オープン」何と決勝戦は大学生同士の決勝となり、筑波大学4年の川橋勇太が、UCバークレー校1年の菊池裕太を5-7.7-5.7-6で破り優勝しました。川橋クンはITF大会で初めての優勝。試合は大いにもつれ、第1セットはブレーク合戦。菊池クンがファーストアップの5-0。40-0でマッチポイントがありましたが、川橋クンが見事に跳ね返し、7ゲーム連取でセットオールに。ファイナルでも菊池クンのマッチポイントがありましたが、ここでも挽回し試合はタイブレークに。タイブレークでは川橋クンの気合いが、菊池クンに隙を与えず、7-0で完勝。見事に初代チャンピオンとなりました。

【卒業後はプロに転向予定の川橋勇太クン】
004.jpg
川橋クンは春の関東学生2連覇、また関東オープンでも2連覇中。先週のポルシェ軽井沢オープンでも大成高校の先輩である守谷総一郎と組んでダブルスで優勝。ジュニア時代に大きな戦績はありませんが、筑波大学に進学して、大きく成長しました。現在、選手活動をするためのスポンサーを捜しているとのこと。爽やかなナイスガイですので、どなたかいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

【一昨年インターハイ3冠の菊池裕太クンの成長にはビックリです】
002.jpg
昨年の3月に兵庫の相生学院を卒業後、9月にUCバークレー校に入学。すぐに台頭を表し、チームのナンバーワンプレーヤーになりました。カリフォルニア州のトップクラスの12校が集まって対抗戦を行なう「PAC12」では、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝き、全米学生では団体戦とダブルスでベスト16入り。将来の目標は全米学生(NCAA)のシングルスで優勝することと話していました。もちろんそこまで行けばプロに転向でしょう。チャンスはあと3回。日本人留学での初優勝に期待しましょう。

【週末に行われたレクサス車の試乗会と車両展示の模様】
003.jpg
ポルシェ、レクサスと続いた、初夏の「ITF World Tennis Tourの自動車シリーズ」も無事に終了。2大会共に免許を持っていない大学生の優勝と云う「オチ」もつきました。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160