So-net無料ブログ作成
Custom Made ブログトップ
前の20件 | -

東京アンダーグランドのコラボTee-Shirts [Custom Made]

【浜松のテニススクールとのコラボレーションアイテムです】
01.jpg
東京アンダーグランドテニスクラブが浜松にあるテニススクールとコラボして制作したドライ・T-シャツです。クラブのマークとスカルマークが並列でデザインされたものです。

【英文はスクールのキャッチフレーズ】
02.jpg
http://oharatenniscreation.com/
生地の色は赤ですが「スカーレット・レッド」という染料にちょっとだけ黒が入った渋みのある赤に白でプリントしました。バランスの良いデザインで仕上がりました。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

富山のテニスイベントHoodyです [Custom Made]

【アイリッシュ・グリーンをいう名前のきれいなグリーンを選んでプリント】
01.jpg
東京アンダーグランドテニスクラブのブランドでのカスタムメイドバージョンです。明治大学テニス部OBで現在は三井住友海上のテニス部でも活躍する「諱くん」などが出場した富山県室内選手権のスタッフウエアなどに使用されたようです。アメリカのギルダン社のHoodyは40色以上の製造があり、基本的にSサイズからXLサイズまで在庫があるので「お好きな色と必要なサイズと数量」でお作りすることができます。Hoodyはチームウエアの伝統的定番ですので是非皆さんで揃えてください。

【TOYAMAはアルファベットにするときれいな文字組みができました】
02.jpg
東京アンダーグランドテニスクラブとコラボレーションすると、こんなデザインもできる訳です。意味はよくわかりませんが「テニスカルチャーヲドライブシテイク」がブランドのコンセプトのようです。単なるテニスウエアだけに留まらず、テニスの文化活動にも関わって行きたいという気持ちの現れでしょうか?これからのドンドン面白いアイテムを作って欲しいと思っています。そしてそれらの制作に関わって行くのを楽しみにしていきたいです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

東京アンダーグランドのヘッドウエアたち [Custom Made]

【東京アンダーグランドテニスクラブの直刺繍キャップです】
01.jpg
https://bpproducts.thebase.in
スカルマークのテニスエウアを展開する東京アンダーグランドテニスクラブがヘッドウエアも作りました。フラットバイザーのキャップには、ロゴマークを直接刺繍をする手法でオリジナルキャップができました。ガットなどは細いのでチェーンステッチで表現しました。黒地に白糸の刺繍はシンプルでありながらインパクトがあります。
使用しているキャップは「NEWERAの39THIRTY」です。

【ニットキャップにはワッペンを作って縫い付けました】
02.jpg
「TOKYO UNDERGROUND TENNIS CLUB」の文字を3段で組み、縁取りをとってワッペンを制作しました。カットしたあとに周りの4辺を熱処理をしてほつれないような加工を施しています。ワッペンを作っておくと汎用性があるので、このようにニットキャップに縫い付けたり、その他なんにでも付けることができ、便利に使うことができます。ワッペンをきれいに仕上げるためには、プリントで云う版を同じ、「パンチカード」を作り、針が勝手に動いて同じ仕上がりになる方法で制作します。価格はどれだけ針が左右に振れるかの回数で変わってきますので、その都度お見積をしています。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

今年の慶應チャレンジャーの大会グッズ [Custom Made]

【何度もミーティングを重ね、出来上がった今年のデザインです】
01.jpg
国際大会のATPもITFも、今年からのレギュレーション変更に際して、ロゴマークを替えたのは既にこのブログでもご紹介しました。慶應義塾大学体育会庭球部が開催する「慶應チャレンジャー」は男子がATPで女子がITFトーナメントのため、ふたつのロゴを併用してデザインしています。まずはファーストプランとしてレイアウトして、ATPもITFの承認を得ます。このようなロゴを販売物などにする場合には許可を得ることが最大優先事項で、問題無しとの了解を得られ、製品化[→]販売可能という段取りになります。そして出来上がった今年のバージョンがこちらです。白地のドライシャツには濃紺のプリントで、紺地には白のプリントで、XSからXLまでの5サイズ展開のご要望通り制作をして、先週末に納品しました。

【今年のHoodyは大人の人にも着ていただくというコンセプトでデザイン】
02.jpg
慶應チャレンジャーの今年のかぶりパーカは黒ボディに左胸ワンポイントの大人バージョン。ワンバウンドしたボールに「2019」と年号が入っています。プリントポジションはわざと内側にし、人の体は丸いので、着た時に大会ロゴがきれいに見える位置にしました。

【お手軽なリックサックもお作りしました】
03.jpg
いわゆるランドリーバッグの大きさのショルダーです。今年はこの他にもスポーツタオルのプランなどもあり、楽しみなマーチャンダイズの展開があるでしょう。
東横線の日吉駅から徒歩5分。観戦もおススメです。

大会の詳細は:http://www.keio-challenger.jp/

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

時々ボツになることもあるサンプル作成 [Custom Made]

【カスタムメイド制作の場合、サンプル作成は必須の場合もあり】
001.jpg
002.jpg
今年からお取り引きが始まった「横浜スーパー・ファクトリー」さん。初年度はスタッフ用のウエアを夏物と冬物の2回を納品させていただきました。どうしてもジャケットが欲しいというリクエストで、このようなストレッチ素材のアイテムのサンプルをお作りしたのですが、やはりコットン素材の長袖 T-シャツのほうが良いということになり、このサンプルはお蔵入りしてしまいました。ただ大切なのはこういった目に見える基を作ることにより、次の可能性が出て来るということです。「そう云えばあの時に作ったサンプル、かっこ良かったよね」とか、プレーンなモノから、マニアックなものへと見方によっては変化が必要な時も将来的にはある訳で、このようなサンプル提案はボツになっても、次回に向ける布石として非常に有意義な形でもあります。NOBUでは1点からの制作はもちろん、サンプル提案もお引き受けしますので何なりとお申し付けください。
皆さまからのお問い合わせを、心よりお待ちしています。

お問合せ、コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

歴史ある「メディカルスポーツプラザ」のスタッフウエア [Custom Made]

【1979年からあるスポーツ施設のスタッフウエアをお作りしました】
01.jpg
この施設内にあるテニススクールのヘッドコーチは、ボクと同学年で明治学院大学庭球部の主将を務めていた大山弘幸さんで、とある会合の時に再会し、その後施設のオリジナルアイテムの制作依頼をいただいていて、トートバッグ、ドライシャツ、かぶりパーカなどを納品させていただいてきました。この冬のテーマはえんじ色のHoodyということで、きれいなクリムゾンレッドを選んでお作りしました。

【バランスの良いクラブロゴです】
02.jpg
施設の詳細は:http://www.medical-sports-plaza.com/
船橋市内で東武野田線・馬込沢駅から徒歩10分という立地。スイミングスクールも併設されていますので、お近くにお住まいの方は、まずは体験レッスンから…。おススメです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

傘寿のお祝い「1セットのみのオリジナル」 [Custom Made]

【80才にしてフルマラソンを完走したお母さまへのプレゼント】
01.jpg
02.jpg

この秋から発売したダブルニットの上下セットでオンリーワンをお作りしました。
ファスナーと手首、ウエスト部分のニットが黒なので、敢えて黒でプリントしました。通常ですと白でとなりますが、自分の名前入りで尚且つ80才記念の文字が入っている(しかも女性ですし)ので、そんな配慮もあり、あまり目立たないように仕上げてみました。
パンツはふくらはぎ側(このパンツの特徴であるヒザ裏・下の切替ステッチがポイントになっているので)にして、トレーニングの時に後ろから走ってくる人にも分かりやすい位置にプリントしました。1枚だけの制作だから発想できることかもしれません。

【42.195キロをフィニッシュした時の画像をトレースしてというリクエストがあり】
03.jpg
この画像をメール添付でお送りいただき、ポンチョを取ってトレース作業。

【トレースデータにお名前と80才の文字を入れてデザイン提案】
04.jpg
80才のお祝いは傘寿。英文で検索してみると「Sangju」と表記されていて、前述の配慮の通りストレートには理解しにくいこの表現でデザインしてみました。今回のトレースのポイントは、ゴールした時の両手がピースサインをしているのですが、画像ではよく見えておらず、そのままだと「愛」がなかったので、強引にピースを作ってしまいました。ついでにキャップのつばも大きくしてきれいなランナーの姿にしました。イラストレーターですとこんなことも自由自在です。「Kimikoさん、おめでとうございました」。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

法政二高・女子テニス部が快挙です [Custom Made]

【関東高校選抜(団体戦)で創部3年目の初出場で初優勝です】
01.jpg
顧問の先生のコメントは:http://hosei2nd-tennis.asablo.jp/blog/2018/12/26/9017457
いやいやおめでとうございました。

【NOBUでお作りした応援用のジャケット】
02.jpg
応援に駆けつけた保護者や卒業生たちが着用するための「応援ジャケット」先生の発案で、差し上げるのではなく、部室に保管しておき、大会などの時に会場に持参し、応援に駆けつけてくれた方々が着用できるようにすることにしました。なかなかアイディアです。うまく活用してください。

【法政大学の女子部員たちもサポートしてくれたそうです】
03.jpg
関東選抜の試合詳細はテニスマガジンテニスマガジン・オンラインでご確認ください。
https://tennismagazine.jp/_ct/17238856
この優勝で、春の全国選抜は4隅(4シード)が付くことになるので、だいぶ戦いやすくなると思います。より上を目指してがんばってください。

TOKYO UNDERGROUND TENNIS CLUB Tote [Custom Made]

【佐藤武文さんのブランドで新作のトートバッグ】
c.jpg

初のカモフラージュ柄の登場です。
[→]のサイトから詳細をご覧ください:https://bpproducts.thebase.in

【薄手素材のマルシェトート】
b.jpg

TOKYO UNDERGROUND TENNIS CLUBのTote-Bagは4種類の新作を発表しました。
ギフトアイテムが欲しい季節にぴったりの提案ですね。

【コーデュラの生地のサコッシュです】
d.jpg
ちょっとしたプレゼントにも良いかもしれませんね。

【ボールトートも登場】
a-1.jpg

[→]のサイトから購入できます:https://bpproducts.thebase.in

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

竹内庭球研究所が正式名称です [Custom Made]

【TENNIS LAB.のメンバー用のシャツ】
lab01.jpg
竹内映二さんとは彼がアメリカの大学を経て、プロになった頃からのお付き合いで、現役引退後は日本テニス協会のナショナルコーチになり、デ杯コーチとして活躍、その後2000年に独立をして「竹内庭球研究所」を設立、芦屋のテニスクラブを間借りして、金城理美、中村藍子、不田涼子、近藤大生などが育ちました。設立当時は毎週木曜日にお店を定休日にして芦屋に通い、会社設立のサポートをしてきました。当時から奈良から毎日通ってくるジュニアもいたり、開設当時から賑やかで、じゃあ皆んなでお揃いのトレーナーでも作ろうかと、このデザインで版を作り、選手たち全員にプレゼントしたりしていました。その後映二さんはデ杯の監督になり、選手とコーチも増え、練習の拠点をブルボンビーンズドームの屋外コートに移し、現在に至ります。先日懇親テニスの会があり、その後の食事会で昔話に花が咲き、あの時の「版」はまだ残っていますか?となり、今の選手たちに配ろうということになり制作しました。18年ぶりの復活です。

【デザインは開設時に作ったものでEijiman Tennis Academyはシャレのつもりでした】
lab02.jpg
テニスラボのロゴは会社設立の時にじっくり作りました。「Humana Sans」というフォントを基に少し太らせても時間を調整して作ったものです。ただトレーナーとかにプリントするには、もう少し何かを加えたいと云うイメージがあり、ほんのシャレのつもりで「Eijiman Tennis Academy」という文字と罫線を併せてデザインフィニッシュしたのを覚えています。18年ぶりでもなかなかコンサバティブでシンプルな仕上がりになりました。
同じところを拠点にする選手たちが他の人のシャツを着ないように、背中のタグは「Custom Made」 を縫い付け、皆さんには自分の名前をマジックで書いていただくようお伝えしました。グランドスラムの練習コートでこのシャツを来たラボの選手を見かけたら声をかけてあげてください(苦笑)よろしくお願いします。
コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

NJ テニスクラブのスポンサー用パッチ [Custom Made]

【契約選手の袖につける熱転写シート】
01.jpg
つくばにある「NJ テニスクラブ」さんはクラブウエアなどでお取引させていただいていますが、契約選手用のパッチを作って欲しいとのリクエストがあり、このような感じでお作りしました。このようなシートはインクジェットプリンターを使って制作しますので、製版代金もかからず、ロットもありませんので(今回も30枚だけの制作です)お気軽にお作りいただけます。但しシャツなどに圧着する際には、それなりの機械を使ってマーキングしますので、家庭用のアイロンでははがれてしまうこともあり、NOBUではシャツをお預かりして、圧着[→]納品という方法をお勧めしています。お気軽にご相談ください。

【提案はこのような感じでお見せしました】
02.jpg
企業ロゴの大きさは指定サイズがありますので、ロゴの左右から天地を割り出して大きさを決めます。インクジェットなので色は何色でも使えますが、シンプルな方がインパクトがあるので、まずは分かりやすくご提案し、ここからどのような方向性でパッチを作るか?クライアントと話しを進めていきます。

この熱転写シートはアイディアによって様々な方法で有効的に使うことができます。
デザインのご提案などは随時対応しますので、ご遠慮なくご相談ください。
もちろんデザインも含めてです。

法政二高・女子テニス部のウエア [Custom Made]

【ダブルニットのZip Hoodyのオレンジに紺でプリント/かっこ良く出来上がりました】
01.jpg
武蔵小杉にある法政二高は、男子では名門中の名門。2年前から男女共学になり、テニス部も女子部が創設されました。以前の部旗をお作りしたりしてきて、今回初めて全国選抜の出場権を得たので、女子部のチームウエアをお作りすることになりました。NOBUで今年から展開するダブルニットのHoodyで法政二高カラーのオレンジを選び、少量でお作りしました。イメージよりも、かなりカッコイイ!仕上がりになり、嬉しい気持ちになりました。

【背中には校章を入れ、Girls TENNIS Teamで女子テニス部を表現しました】
02.jpg
法政二高の「Girls TENNIS Team」は2016年からということで、年号をそれに併せデザイン。10年後、50年後、100年後でも、ここから始まる同校のテニス部の歴史を築きあげていって欲しいと思います。このウエアはチームメンバーではなく選抜に帯同してくれるコーチ陣のために用意すると監督さんが仰っていましたので、より一体感を構築してくれる1枚になってくれれば良いなと思っています。春の選抜で法政二高女子部が活躍してくれることに期待します。選手、スタッフの皆さん、がんばってください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

日本リーグ「山喜」さんのユニフォームをお作りしました [Custom Made]

【ゲームウエアは黄色に黒でプリント】
01.jpg
今週末から始まる「テニス日本リーグ・ファーストステージ」に出場する「山喜」さんのチームウエアをお作りしました。ドライタイプのゲームシャツとパンツ、Hoodyとスウェットパンツの4アイテムをチームメンバー分だけの制作です。

【袖と背中には会社名をプリント】
02.jpg
単に会社名だけではイメージできないと思い、ラインを引いて下にTENNISという文字を入れ、全体的にバランス良く文字を組んでみました。袖も同様のコンセプトです。

【パンツには、山喜さんが運営する新松戸のテニスクラブのロゴを】
03.jpg
SYSの文字とラケットを掛け合わせたロゴマークは従来のもの。良いデザインなので、サイズをパンツとHoodyの胸、シャツの胸に合う大きさに調整して製版しました。

【Hoodyは紺地に白でプリントです】
04.jpg
HoodyはアメリカのGildan社製の使用。ライト感覚でお召しいただければと…。

【背中のプリントは位置をオシャレに】
05.jpg
テニスでないシーンでも、SYSがアピールできればと云うデザインを背中に持ってきました。日本リーグの最中にメンバー全員で食事に行く時でも、このデザインならOKです。

【スウェットパンツはタイトなタイプをセレクト】
06.jpg

NOBUでも昨年から好評をいただいている細身のシルエットのスウェットパンツにSYSのラケットロゴをモモの部分にプリント。やや濃いめのグレーが紺のHoodyとの相性の良さを引き立たせます。山喜さん、決勝トーナメントまで進出してください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

非売品のHoodyだそうです [Custom Made]

【東京アンダーグランドの新しいHoodyですが…】
01.jpg
Gaoraの解説でお馴染みの佐藤武文さんがプロデュースする「東京アンダーグランドテニスクラブ」のオリジナルテニスアパレルはサイトだけの販売で【[↓]】
https://bpproducts.thebase.in/
「Base」というサイトからの購入ですが、コインを購入して、そこから商品を買うシステムがあります。ここでコインを先払いした顧客の方にお礼という意味合いでこのHoodyをプレゼントする企画を実施中。つまり非売品。興味のある方は【[↓]】を
https://bpproducts.thebase.in/coin

今年のテニスラボの記念品は“スカル・タオル” [Custom Made]

【スカルデザインのタオルを2種類お作りしました】
001.jpg
002.jpg
黒地のスポーツタオルに、墨20%のグレーでプリントしました。
デザインは5年以上前にラボに在籍していたイラスト好きなジュニア選手が描いたもので、T-シャツにプリントしようと製版だけしておいたのですが、なかなかサイズなども決まらず、そうこうしているうちにその選手も卒業し、お蔵入りになっているのを思い出し、タオルにプリントすることになりました。
NOBUではチーム用にお作りしたプリント用の版はずっと保管しているので、ご安心して追加してください。以上業務連絡でした。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

兵庫チャレンジャーの大会グッズ [Custom Made]

【今年も販売用の大会グッズを制作しました】
01.jpg
会場に入ったすぐの場所に、販売ブースを設置し、初日から販売しています。

【奥にコートも見える場所です】
02.jpg
今年はドライタイプの半袖と長袖の Tee-Shirts、アメリカ製のフードパーカー、トートバッグ、タオルマフラー、ダブルニットのジップパーカーを制作しました。

【今年の人気はジップパーカーです】
03.jpg
このモデルはダブルニットの素材で、紺とグレーで展開しています。

【女性に人気なのはこのトートバッグ】
04.jpg
勝った選手のサイン会なども行なわれていて、このトートバッグにサインをもらう方も多いようです。会場内だけ、期間中のみの販売ですから、バリュー感があります。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

東京アンダーグランドのゲームパンツ [Custom Made]

【5色目としてグレーをお作りしました】
01.jpg
ガオラの解説でお馴染みの、佐藤武文さんのプライベートテニスウエアブランド「東京アンダーグランドテニスクラブ」は元デ杯選手の金子英樹さん、実業団・リコーの只木クン、山喜の野口クンらの選手たちも着用。選手たちが試合で着るためのゲームウエアもラインナップが充実してきました。そして今まで黒、白、紺、ロイヤルブルーの4色で展開していたゲームパンツに5色目のグレーが登場しました。

【スカルマークとクロスラケットのワンポイントのみ】
02.jpg
サイトからの購入が可能です:https://bpproducts.thebase.in/
アイテムも豊富ですので是非のぞいてみてください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

オリジナルプリントの折りたたみ傘 [Custom Made]

【日本歯科大学テニス部の創部55周年記念で折り畳み傘をお作りしました】
01.jpg
ワンタッチで拡げて、ワンタッチで畳める便利な傘をお作りしました。
55周年ということで、デザインを8パターン作成し、その中からお選びいただいたデザインは、クロスラケットに日本歯科大学テニス部と、55周年の文字を組み合わせました。
左右にボールを置いたことで、良いバランスになりました(自画自賛)。

【老若男女がターゲットなので、紺とエンジの2色で制作しました】
02.jpg
「55㎝耐風構造自動開閉ミニ傘」というのが業界用語。もっと大きい傘もあったのですが、軽さを重視した骨組みを選び、このモデルに決定。きれいな仕上がりになりました。

【もちろんケースにも名入れしました】
03.jpg
こちらはスペースに限りがあるので、文字だけで55周年をデザイン。
平置きした時に見える程々の大きさで傘本体と同じフォントで組みました。
ご担当の歯科医師の先生からも「結構好評でした」との連絡あり。こちらこそです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

テニス部OB有志の会のお揃いジャケット [Custom Made]

【エンジの生地にベージュに刺繍糸がきれいに映えるジャケットをお作りしました】
001.jpg
大学庭球部に在籍していた時に和知さんという方がOBとして監督を務めていらっしゃいました。当時は和知さんもまだ30才代で、毎日短パンで東横線の綱島にあったコートまでお越しになっていて、当時短パンで電車に乗ることを「和知ル」なんて表現をしていた時代でした。ボクの短パン人生もそこから始まりました。和知さんにはボクが3年生の時から4年間くらい監督をしていただきました。そしてその当時の4年生から、1年生まで(高校3年の学年まで)の5学年が、卒業後1年にいちど集まり、そのメンバーで毎年シングルスのトーナメントをしていました。監督さんからするとボクたちはまだまだ「お子様ランチ」なヤツらばかりで、トーナメントの名称も「Kids Cup」。監督さんが大理石のトロフィーを寄贈してくださり、毎年その覇権を競り合っていました。毎年会場を替えて、1泊2日で温故知新。奥サマも庭球部のOGで、お子様ランチの会を楽しみにしてお越しいただきました。会は25年ほど続きましたが、監督さんが体調を崩され、現在は休会中となっています。このジャケットは、15年続いた時に和知夫人から全員にプレゼントされたものです。夫人にはこだわりがあり、全仏オープンのコートと同じ色の生地で作って頂戴とのリクエストがあり、弊社にて製造しました。左袖にはそれぞれの名前が刺繍で入り、100%オリジナルです。
※ボクはこのご夫妻から「Paul/ポール」というニックネームをつけられ、いつも「おい!ポール」と呼ばれていたのですが、ネーム刺繍は一律名字で入れて、というご指示がスポンサーである奥サマからあったのは今でも理由が分かりません。きっとこうしたことがご夫妻ならではの昭和なこだわりだったのかもしれません。

【ラケットをイラストチックにあしらい「Kids Cup」の文字と掛け合わせました】
002.jpg
佐賀のウィンブルドン九州、湯河原ラケットクラブ、軽井沢、箱根、御殿場にあったチェンバース、五島列島の福江島、千葉のエストーレ、などなど、メンバーの出身地や居住地などを訪ねて会場を選び、庭球部の同窓会に旅行をつけ、そこでシングルスのトーナメントをやっていた「Kids Cup」。懐かしいイベントでした。

【この1枚で思い出し、撮影しました】
小野田・次郎.jpg
小野田賢は大学庭球部の後輩で、今年の全日本テニス選手権の大会運営のサポートをしているのが、左の次郎さん。Kids Cup学年では1年生で、学生時代は全日本学生テニス連盟の役員もしていました。そのふたりがFacebookでこの写真をアップしたので「オオ!懐かしい」とクローゼットから出しての撮影です。残念なことに監督だった和知さんは今年の6月に79才で永眠され、お子様ランチのプレーを見てもらえることはかなわなくなりました。幸い年長が64才になるKids Cupメンバーは全員が健在ですので、どこかで復活させたいと思っています。和知さん、安らかにお休みください。
【私事の話題になってしまい、申し訳ありませんでした】

青野リゾートの天然芝コート開業記念のタオル [Custom Made]

【天然芝コートの開業記念にご来場者の方にお配りしたタオルです】
001.jpg
タオルをOPP袋に入れ、その上から熨斗紙で包んでお土産にしました。
もちろんお菓子と、天然芝コートのブロシャーを同封して、お越しの方へお渡ししました。

【白いタオルにきれいな芝色のグリーンでプリント】
002.jpg
34センチ×84センチのフェイスタオルで4つに折った時にロゴが見えるデザインです。
AONOはデザインすると「O」が2つあるので、最初の「O」はラケットで、次の「O」はボールにして「AONO」と作り、Grass Courtは芝生らしいフォントを使ってのデザインです。真ん中に罫線を入れてアクセントにしました。良い感じの仕上がりになりました。

【Sky Markでの往復で、こんなキットカットをゲット】
003.jpg
神戸に行く時は、三宮からポートライナーで18分という至近距離な神戸空港発着のスカイマークエアラインに依存します。スカイマークは通常の搭乗の際もキットカットが乗客に配られますが、今週はキャンペーンだったようで、札幌、東京、名古屋、神戸、沖縄(奄美大島や茨城、長崎、鹿児島もあったかもしれません)といった路線を持つ空港名が入ったキットカットを、帰路の羽田でいただきました。そういうことも旅の楽しみです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html
前の20件 | - Custom Made ブログトップ