So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Custom Made ブログトップ
前の20件 | -

イベント参加者全員に配布するお揃いのシャツ [Custom Made]

【毎年制作しているイベント用のスタッフシャツ/胸面】
01.jpg
毎年この季節にイベントを行っている“ハンズオン東京”さん。ボランティアスタッフの方全員に配布するのですが、毎年デザインを替えて制作しています。同じ方の参加率が高いのかもしれません。こういうお揃いのシャツがあると、ボランティア作業もモチベーションがアップしそうです。ご発注いただく担当者の方も、「生地の色は今年はチェリーレッドで、プリントのグレーは墨60%で」とマニアックなリクエストですから、こちらのやりがいをうまく刺激してくれます。丸の中に手のひらが見えますか?

【主催者である“ハンズオン東京”のロゴマーク/背面】
02.jpg
ボディはアメリカ・GILDAN社製のヘビーウエイト・コットンTee-Shirtsです。今回は「S」サイズが多いので背中のプリントサイズもやや小さめで(撮影サンプルもSサイズ)、このような仕上がりになりました。ダンボール4箱で280枚、本日出荷しました。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

でかい、大きい、そんなサイズもお作りします [Custom Made]

【お客さまからのリクエストで、大きなサイズをお作りしました】
01.jpg
テニスコーチをしているお客さまから、普段NOBUでラインナップになっていないサイズを作ってもらえないかと云うリクエストをいただき、「5Lサイズ」をお作りしました。NOBUでは製品化した以降、何年も同じデザインを継続して展開しますので、2回、3回とリピート制作をしています。今回リクエストをいただいたのは、「そろそろ色とサイズをリストックしなければならないな」と思っていたアイテムだったので、それに追加して大きなサイズをはめ込みお作りしたものです。このシャツ、バストは160センチです。本当にデカい!

【よって4つのデザインのご要望にお応えしました】
02.jpg
今回特別に大きなサイズを作りましたが、販売価格は通常のサイズのものと同じで対応させていただきました。もちろん在庫展開をしていない「小さいサイズ」をお作りすることも可能ですので、ご遠慮なくお問い合わせください。在庫の調整などもあり、お手元に届くまで、多少お時間をいただくこともありますが、ご理解のほど…よろしくお願い致します。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

陶器などのオリジナルもお作りします [Custom Made]

【結婚式の2次会のお礼の品としてお作りしました】
001.jpg
お客様のご依頼でお作りした、タバコが入るくらいの小皿にふたりのイニシャルを入れて、さりげなく結婚式の日程なども入れました。1991年のお仕事です。

【深さも2センチくらいの金縁のお皿です】
002.jpg
2010年にNOBUを今のところに移転して8年が経過しまして、気分転換に模様替えをしようと思い、8年前に移転してから、いちども開けていないサンプル入れの箱などを整理していたら、こんなお皿が出てきたのでご紹介。主に紙類などを断捨離しているのですが、8年分となるとすごい量になりました(45Lが8袋)。明日は不要になった「MO」「CD」「DVD」などの整理をして、日曜日に行なう予定の配置換えに備えます。お楽しみに!

東京アンダーグランドの新製品 [Custom Made]

【テニス解説でお馴染みの佐藤武文さんのブランドから新デザインが…】
01.jpg
サイト上での商品の紹介コメントは以下の通り
「TUTC公認のテニスチーム「MAGIC MADNESS」のDryTシャツです。
レフティーとそのフォロワーから構成されるチームです。
「SHADOWS」のライバルチームでもあります」とのこと。
ボクには、正直よく理解できませんが…。
こちらから通信販売で購入できます:https://bpproducts.thebase.in/

【色目はガーネットレッドと黒の2色です】
02.jpg
基本、ぎっちょ用という理解でおりますが…。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

亜細亜大学テニス部のフォーマルシャツ [Custom Made]

【スカウトなどでジュニアの大会などに行く場合のフォーマルシャツ】
01.jpg
亜細亜大学の森年詞コーチに依頼されて作ったフォーマルポロシャツです。
ASIA TENNISの文字を大学の校章にアレンジしてデザインしました。
インターハイや全日本ジュニアの時のスカウト活動用のベーシックポロシャツです。

【今年のインカレでは亜細亜大学の学生たちもがんばっています】
02.jpg
こういったフォーマルなシャツが1枚あると、ああこの方は亜細亜大学の方なんだと云うことがはっきりして、進むか否かは別として分かりやすいアイテムになります。亜細亜大学テニス部は、コーチングスタッフも充実していて、環境も恵まれていますので、セレクトの基準のひとつにされても良い大学テニス部だと思います。ジュニアの最後の大会も国内では、あとは国民体育大会くらい。高校3年生の諸君にとっては進路についても悩まれる時期となりますが、自身が何をしたいかを良く考慮して進路を決めることの大切かと思います。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

ハンズオン東京のメッシュキャップ [Custom Made]

【生地が全てメッシュ素材のベースボールキャップのフロントに刺繍入れ】
01.jpg
生地に刺繍をする場合、ミシンがデザイン通りに勝手に動いてもらうためにパンチカードを制作します。これは俗にいうパンチ代金。針を何回動かすかによって値段が変わってきます。きめの細かい仕上がりを望むならば、細い糸を使ってストローク数を増やすと云う考え方です。またこのパンチカードを作っておけば、今回はキャップですが、次回はポロシャツに刺繍をすることを考えているので、それにも対応できるように作っておいてくださいというリクエストもできます。今回も次はポロシャツをお作りになると云うことを念頭に置いてパンチカードを作り、キャップに直接刺繍をしました。

【キャップ工場への指示書のイメージ画像はこんな感じで作成】
02.jpg
様々なボランティア活動を行っている“ハンズオン東京”のイベント用スタッフウエアを毎回制作させていただいていますが、どのようなボランティアグループかと云うと[↓]
「1980年代後半、NYの若者達によって新しいスタイルのボランティア団体「NY Cares」(ニューヨーク・ケアーズ)が設立されました。 彼らは、多額のお金を使わなくても、自分たちの「時間」を提供することで地域貢献ができると考え、アフター5と週末を活用してのプロジェクトを開始しました。「長期間の拘束」という負担を取り除き、仕事に影響を及ぼさず、無理のない範囲でも十分に意義深いボランティアができるシステムを構築したのです。やがて「NY Cares」が行なう活動の情報が各地に広がり、同様の主旨の団体がワシントンDCとアトランタで誕生しました。さらに、それらの団体を統括するハンズオン・ネットワークはポインツ・オブ・ライト財団との統合を果たしたことで全米最大のボランティア組織となり、海外では日本を含む16カ国に250以上の活動拠点を擁する世界最大の組織に成長しました。この組織の日本唯一の活動拠点がハンズオン東京なのです。」
弊社の少しだけサポートさせていただいています。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

ROAD TO WIMBLEDON 2018のチームウエア [Custom Made]

【今週開催される「ROAD TO WIMBLEDON 2018」】
02.jpg
https://www.gcs-tc.com/news/archives/58
グラスコート佐賀テニスクラブとウインブルドン選手権を主催する“All England Lawn Tennis and Croquet Club”との長年にわたるクラブ間の交流により、2018年4月23日(月)~28日(土)に『ROAD TO WIMBLEDON』の日本大会(国内予選)が開催され、少年2名、少女2名の選手を選出。10日の金曜日にウィンブルドンに向けて出発しました。

【選ばれたのはこの4選手たち】
03.jpg
男子優勝   佐藤 駿弥(泉パークタウンテニスクラブ)
女子優勝   安高 日渚莉(ルーセントTA熊本)
男子準優勝  吉村 直記(名古屋グリーンテニスクラブ)
女子準優勝  奥野 柚来(ダイヤモンドテニスクラブ学園前)
良い経験をして帰ってきてください。

【チームのキャプテンは神谷勝則さんでウエアはこんなデザインです】
01.jpg

『ROAD TO WIMBLEDON』の日本大会に立ち会った神谷さんが引率として4人のジュニアと共にイギリスに行くことになり、真っ白なウォームアップセットの制作を依頼されました。日本に帰ってからも着られるように日の丸とかはデザインせず、シンプルに「JAPAN TENNIS」をチョット濃いめの紫でプリントしました。現地から全員の集合写真も送られて来ると思いますので、その時にはまたご紹介します。皆さんがんばってください。

【今回の制作は上下の5セットだけです】
カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

今年も「MLB」イベントのシャツを制作 [Custom Made]

【復興支援ベースボールプロジェクトの参加者・スタッフ用のシャツをお作りしました】
01.jpg
2011年の東北大震災、2016年の熊本地震などで被災された地区の少年少女の被災地⽀援活動の一環として野球でつながりを!と云うコンセプトのもと「ハンズオン東京」が2016年から始めたイベントのスタッフと参加者用のシャツを毎年制作させていただいています。胸のデザインは毎年ほぼ同じですが、背中にはこのイベントに賛同した企業さんたちのロゴマークが入るのでレイアウトを差し替えてプリント用の製版も差し替えています。

【胸3色、背中3色の豪華な仕上がりです】
03.jpg
2016.17年は巨人で活躍されたクロマティさんが中心となって指導、今年は元西武のデストラーデさんがお越しになるようです。子供たちも幸せです。

【ダークグレーとグレーの2色展開】
02.jpg
【勢揃いで着るとなかなかの壮観です】
04.jpg
MLB、アメリカ大使館などの協力のもと、毎年開催されています。
参加者の皆さんには、夏の思い出になることでしょう。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

浦和学院高校テニス部・2018年バージョン [Custom Made]

【浦和学院高校テニス部のチームウエア・2018年バージョンです】
01.jpg
漢字の文字は高校のモットーでデザインしました。
英文を和訳すると、『やることなすこと、何もかもうまく行かなかったとしても、気にすることはない。 またやって、また失敗すればいい。前より上手に失敗すればいい。』

【胸にはテニスコートとチーム名】
02.jpg
浦和学院テニス部は今年は団体戦でインターハイに行くことはできませんでしたが、個人戦では男女共に出場選手がいるので、今日から行なわれる個人戦にあわせてチームウエアをお作りし、四日市の宿舎にお送りしました。チームメンバー全員で参加することはできませんでしたが、これを着てみんなで応援してください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

軽井沢トーナメントの参加賞 [Custom Made]

【今年の軽トーの参加賞はダークグリーンのジャガードです】
01.jpg
軽井沢トーナメントは先週の土曜日から始まりました。台風の影響で週末は軽井沢会コートを使用することができませんでしたが、近隣のインドアコート2カ所を使って、男子ダブルスとミックスダブルスの序盤戦を終えることができました。また昨日から始まったベテラン部門は、台風一過の晴天のもと、スケジュール通りに消化されました。今週末が各種目の決勝が行なわれます。
ドローなどの詳細は:http://karuto.org/program/karuto.html
参加賞のタオルは、もちろん今治製。ダークグリーンと白のジャガード織です。

【デザインコンセプトは例年通り】
02.jpg
2つに折って、ベンチに掛けた時に大会ロゴがきれいに見えます。

【そして反対側には開催年度が】
03.jpg
100年が過ぎ、2年目の夏です。参加者の皆さん、がんばってください。

軽井沢フューチャーズのスタッフウエア [Custom Made]

【スタッフ用のジャケットです】
01.jpg
軽井沢フューチャーズは初夏の6月の開催とは言え、エリア的には朝夕がまだまだ肌寒いところ。よってこのような裏地付きのジャケットは必需品。毎年ではありませんが何年かにいちど、お揃いのアイテムをお作りしています。今年はダークグリーンでお作りしました。

【暑いときはドライ素材の半袖でポケット付き】
02.jpg
とは言え、日中は紫外線量も多く気温も上がるので、ドライタイプのシャツも用意しました。主審の方などはペンやメモなどを常備することもあり、このようなポケット付きにしてみました。現場で実際にポケット下のを入れている主審の方を見届け、ありがたし!

【ボールパーソンは新緑の季節にあわせて、発色の良いグリーンにしました】
03.jpg
ボールパーソンは地元長野県のジュニア選手たち。岩見亮と佐藤博康がダブルスで優勝した年のボールパーソンに、その後全日本ジュニアで優勝しプロになった千村夏実(今は引退しました)さんが勤めていたこともありました。とても素直で元気のいい娘だったことを覚えています。今年はアメリカでは「ケリー・グリーン」と呼ばれているはっきりとしたグリーンでお作りしました。全員が小学生ですが、最後の土日の2日間、球拾いをしてくれるおかげで、試合も引き締まり、選手たちにとっても集中力が増す試合展開になります。子供たちにただただ感謝です。来年もよろしくお願いしますね。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

横浜スーパー・ファクトリーのスタッフポロシャツ [Custom Made]

【ドライ素材のポロシャツでスタッフウエアをお作りしました】
01.jpg

【背中にも大きくロゴマークをプリント】
02.jpg

【日本最大級の撮影用のスタジオです】
03.jpg

http://www.y-s-f.co.jp/
横浜スーパー・ファクトリーは横浜市鶴見区にある日本最大級のCM撮影スタジオです。広大なスペースにバリエーション豊かなスタジオ、豊富な照明機材、備品、優秀なスタッフを揃えてあらゆるクリエーティブワークをサポートいたします。と云うのがこのスタジオのご説明。広告業界ではかなり有名なところです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

ORACLE TENNIS TEAMのウエア [Custom Made]

【黒地に赤のロゴがきれいに入りました】
01.jpg
【今季の第2弾はシャツとパンツのブラックバージョン】
02.jpg
春先に続いて、日本オラクル・テニス部のチームウエアをお作りしました。
今までは白地か赤ボディーでしたが、遂に黒バージョンも制作です。

【昨日ご紹介した、マッケンジー・マクドナルドのスポンサーでもあるオラクル】
03.jpg
http://uclabruins.com/news/2017/3/21/mens-tennis-mcdonald-receives-100k-oracle-us-tennis-award.aspx
マッケンジーくんには昨年のプロ転向後、オラクル本体から10万ドルの助成金が与えられました。3年生だった彼は2016年のナショナル・メンズ・カレッジ・オブ・ザ・イヤーに選ばれプロに転向。この「Oracle USテニス賞」は、その後の彼の大きなサポートになったことでしょう。昨日は残念ながらラオニッチに4セットで敗れましたが、ランキングは100位を切って、70位代に入って来ると思います。これからはチャレンジャーからツアーに主戦場が移っていくので、ここからの1年が正念場になりそうです。

埼玉平成高校・テニス部のチームウエア [Custom Made]

【今年のデザインはこちらです/Crazy Tennis Boys】
01.jpg
昨年に引き続き、埼玉平成高校・テニス部のチームウエアをお作りしました。雨で練習がお休みになっ日に、監督さんとキャプテンがご来店され、全くの「ノープラン」から、ここまでのデザインを仕上げました。チームのメンバーはどんな感じなの?と聞いたところ、みんな「ノー天気なヤツらばかりですよ」という返事があり、それならいっそのこと「Crazy Tennis Boys」でデザインしちゃおうかということになり、こんな感じで出来上がりました。学校名はきちんとまじめに入れています。

【ロンティーもお作りしました】
02.jpg
半袖はミックスグレー(霜降りグレー)に白プリント、長袖シャツは白地に黒プリントで、チーム全員が揃えました。今週末から始まる関東ジュニアに間に合わせて欲しいと云う、リクエストにも対応させていただきました。良い結果を残してくれるとうれしいですね。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

ファーストシティテニスクラブのオリジナルシャツ [Custom Made]

【藤沢にあるファーストシティテニスクラブのオリジナルシャツをお作りしました】
001.jpg
http://www.fc-tennis.co.jp/
テニスクラブのロゴマークに“テニスのない生活(人生)なんて…”というコピーが入りました。130センチから大人のLサイズまでをひとつのプリント用の版でまかなうため、大きさで悩みましたが、良い感じな仕上がりになりました。

【色は赤と紺と黒の3色】
002.jpg
プリントは全て白で、まとめました。シンプルでオーソドックスな出来上がりです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

エブリスタのスタッフシャツ [Custom Made]

【アメリカのAlstyle社製のコットンシャツにプリントしました】
01.jpg
エブリスタとは、DeNAとNTTドコモとの共同出資企業で小説やコミックなどの投稿コミュニティサイト (UGC)です。本社が近いこともあり、ご依頼を受けて制作しました。

【投稿作品数が230万を越えた記念でしょうか?】
02.jpg
白無地と白地に黒のトリムタイプの2種類に墨色でプリントしました。

【サイトはこんな感じです】
03.jpg
https://estar.jp/
基本的に利用料は無料で読み放題です。、有名作家・有名人の作品は「E★エブリスタプレミアム」として月額¥210-で提供されています。無料のコンテンツはプロを目指す作家や個人の趣味で製作された作品が中心で、誰でも簡単に投稿が可能となっているそうです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

NOBU×豊島岡女子学園/コラボタオル [Custom Made]

【豊島岡女子学園のテニス部コーチの方からのご依頼でタオルを制作】
01.jpg
合宿のあとに部員の皆さんに何かプレゼントをしたいと仰るコーチに“ではタオルにプリントなどは、いかがですか?”とご提案。こんな感じに仕上がりました。

【NOBUの定番・ライトタオルの反対側に学校名とチーム名をプリントしました】
02.jpg
タオルは販売価格が¥1.000-ですから、製版代金とプリント代金を追加していただき、出来上がりました。簡単なプレゼントならこんな形もありですね。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

アリゾナ大学・女子テニス部が来日 [Custom Made]

【明治大学と対抗戦をすることになり、記念シャツを作成しました】
02.jpg
アメリカの大学は5月の下旬から夏休み。その夏休みを利用してアリゾナ大学・女子テニス部が来日して日本の大学と交流すると云う話を聞きました。東京では日本大学と明治大学と対戦をすると云うことを、明治大学の監督でNECの実業団メンバーだった上原真吾さんからお聞きし、記念のシャツを作ってくださいとご依頼を受け、製品化しました。

こちらは背中のデザインです。あえて「東京庭球対決」を云う漢字をデザインに入れました。シルエットは東京の摩天楼をイメージして、アリゾナ大学の部員さんたちに帰国後も着ていただけるような「かっこよさ」をデザインしました。もちろん漢字だけでは分からないので英文にも同様な表現をしてのレイアウトです。

【胸にはクロスラケットで両校のロゴをステンシルに】
01.jpg
対戦が行なわれたのは今月初旬。監督の真吾さんからの依頼で、いくつかのパターンのデザインをご提案。かなり色々なデザインを作成しましたが、胸はワンポイント、背中は大きめなインパクトのあるデザインというオーソドックスな形で収まりました。

【アリゾナ大学テニス部のサイトにも日本滞在レポートが上がっています】
03.jpg
https://arizonawildcats.com/news/2018/6/1/womens-tennis-cats-in-japan.aspx
皆さんにお召しいただいています。9日間の滞在、楽しかったようです。

チームオーダーは1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

東京アンダーグランドのゲームウエア [Custom Made]

【スカルマークが胸に大きく入ったゲームウエアです】
001.jpg
https://bpproducts.thebase.in/
東京アンダーグランドの新製品です。
白地の他にも、紺、黒、エンジ、デイジーなどのベースで製品を作りました。

【胸と袖のデザインはこんな感じ】
003.jpg
胸には製造者ロゴ、袖にはコマーシャルロゴでの製品化です。
このデザイン、公式の試合で着用が可能です。

【白地のドライハーフパンツも登場です】
002.jpg
こちらはゲームパンツ。
基本色は紺、黒、ロイヤルブルーとありましたが、白が追加です。
2012年から始まった「東京アンダーグランド」のウエア作り。バリエーションも増え、かなり盛り上がってきました。アイテムもドンドン新作が出ています。

「東京アンダーグランドテニスクラブ」の製品は、弊社が責任を持って製造しています。
カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

TOKYO TENNISのチームオーダー [Custom Made]

【早稲田大学庭球部OBの方からのご依頼でチームウエアを制作】
01.jpg
「TOKYO TENNIS Tee」は、基本的にコットン100%の製品を販売していますが、チーム戦に出場する際にメンバーでお召しになると言うことでしたので、「それならドライ生地でお作りしますよ」とご提案して制作しました。袖にチーム名をプリントしました。

【FUJI FILM TENNIS TEAMです】
02.jpg
ご担当の方から会社のロゴをイラストレータデータでお送りいただき、そこに「TENNIS TEAM」の文字をレイアウトしました。ロゴに近いフォントを選び、アイデンティティーを殺さないように注意しながら左右幅を決め込みました。出来上がればなんてことないのですが…。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html
前の20件 | - Custom Made ブログトップ