So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
INFORMATION ブログトップ
前の20件 | -

あけましておめでとうございます [INFORMATION]

【年末年始の営業日のお知らせ】
12月30日(日)~1月3日(水)の間、お休みさせていただきます。
お客様の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦の程、よろしくお願いいたします。

【1月4日より通常営業いたします】
01.jpg

【こちらは新着アイテムテーブル/今年も色々作ります】
02.jpg

【プロモデルはこの1.5倍にボリュームアップ予定です】
03.jpg

【Desigh Tee-Shirtsもより楽しいものを作っていきます】
04.jpg

【テニスが楽しくなるモノ作りにもご期待ください】
05.jpg
07.jpg
06.jpg
2019年も「NOBU」をよろしくお願いいたします。

お問合せ、コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

新年を迎える準備、完了しました [INFORMATION]

【今年もお世話になりました。2019年は4日から営業します】
02.jpg
毎年恒例の大掃除を終え、昨日で2018年の営業を終了しました。今年の4月からお店のカレンダーを変更して日祭日をお休みにさせていただきました。休日にはもちろんシングルスをし、様々なカテゴリーのスポーツ観戦をしたり、美術館や博物館などを巡ったり、ガーデニングに精を出したりと、文化活動(?)を楽しみました。気分転換をすることで、色々なアイディアがわいて来て、秋には店内のレイアウトを2010年にこちらに移転して以来大幅に替え、おかげさまで37周年を迎えることができました。そして今年も無事に終了することができました。多くのお客さまに感謝いたします。

【2019年は4日からの営業です】
01.jpg
2019年もご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

テニスラボの懇親会 [INFORMATION]

【テニスラボの関係者が集まり懇親テニスの会が行なわれました】
01.jpg
元デ杯監督の竹内映二さん率いる「テニスラボ」。そのメンバーとコーチ陣、そして選手たちをサポートしてくださる方々が集い、懇親テニスの会ががあり、運営のサポートで「スポル品川大井町」に集合し、2面で4時間。たっぷりテニスをしました。

【日比野菜緒チャンと加藤未唯さんももちろん参加】
02.jpg
スポンサーの方達とペアを組んだり、このふたりがペアになって「かかって来なさい」マッチ(試合方式はタイブレーク3セットマッチ/最近よく使っています)をしたり、楽しい中に真剣さのあるテニスでした。このふたり本当に仲良しライバルです。

【こちらは三菱電機の仁木拓人と清水悠太】
03.jpg
10才の歳の差を感じさせない仁木のお茶目さと、悠太の落ち着き。
横のコートでレッスンをしているのは、コーチの劉さんです。

【おっと、西岡良仁もプライベート・パデルに来ていました】
04.jpg
パツキンに髪を染めた西岡クン。少ないオフにもパデルを楽しんでいました。

ツアーは今月31日には、2019年シーズンがスタートします。選手たちは束の間のオフを、旅行したり、スポンサーイベントをしたりと気分転換をし、そろそろトレーニングを開始し始めました。マネージメントをしているテニスラボの選手たちも合宿の3クール目に入りました。良き2019年になるよう、がんばって欲しいものです。

今日、37周年を迎えました [INFORMATION]

【37周年記念シャツをディスプレイしました】
37th.jpg
1981年の12月12日。この日の暦は先負だったので12時12分のオープンとしました。あれから37年が経ちました。様々なことがありましたが、皆さまのご愛顧のお陰で継続して営業しています。ありがとうございます。オープン時の気持ちを忘れずに、引き続きテニスマインドあふれるアイテムを作っていこうと思っていますので、よろしくお願い致します。

【今年のアニバーサリーTee-Shirtsはこんなデザインです】
37th_ad.jpg

詳細は:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-12-09
当初3色でしたが、急遽「白地×紺プリント」を追加生産することにしました。
皆さまのご来店を心よりお待ちしています。
今日のNOBUのBGMはサザン・オールスターズとユーミンです(笑)

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

おかげさまで37周年です [INFORMATION]

【37周年記念のシャツができあがりました】
01.jpg
1981年の12月12日にNOBUがオープンして、いよいよ37周年を迎えます。毎年恒例になっている「アニバーサリー・Tee-shirts」。今年のデザインは、オープンした1981年以降に世界ランキングで1位になった選手名を列記したデザインにしてみました。左上から1位の在位期間の長いロジャーさまから、最短ですが愛すべき、パトリック・ラフターまでの23人のプレーヤーたちです。この37年の間にわずか23人しかATPランキングの1位になった選手はいないということがチョット以外でしたが、羅列してみると「ああっ、そうだったな」とあらためて納得する部分もあります。スペースがひとり分空いたので「Who in Next ? 」としました。圭さんが来てくれることを信じながら、37周年モデルの発表です。

【バランスはこんな感じでのプリントです】
02.jpg

Model:NOBU37周年記念Tee-Shirts(選手名が入っているので非売品です)
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS、M、L、XLの4サイズ
カラー:ダークグレー、ロイヤルブルー、ネイビーの3色
☆:通信販売を含む、1万円以上お買い上げの客さまにプレゼントしています。
NOBU Anniverasaryは12月10日からのスタートです。

【プリントは…】
03.jpg
懐かしい選手名もたくさんあります。個人的にはリオスかムスター?

NOBUは、渋谷公園通り裏からスタートし、渋谷ファイアー通り裏、青山通り・青学西門裏と移転し、現在は渋谷2丁目・六本木通り裏と、渋谷区内ではありますが、表通りでの営業をせず〇〇裏の場所ばかりを探して37年間営業を続けてきました。お客さまの皆さまには長らくご愛顧いただいたことに感謝しております。引き続き、シンプルでオーソドックスなテニスウエアを作り続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

山下ちなみコーチのレッスンウエアをサポート [INFORMATION]

【札幌でコーチをする後輩の山下ちなみさんをちょっとサポートしています】
chinami01.jpg
ちなみさんは札幌出身でジュニアの頃にはワールドジュニア アジアオセアニア大会・日本代表、青山学院大学テニス部の時にはダブルスで全日本選手権ベスト16、全日本学生テニス選手権ベスト4という結果を残し、地元に戻って就職したのですが、国体に出場したりと、やはりテニスから離れられなくなり、試合に出場しながらレッスンもするという現場に戻ってきました。NOBUでは女性用のモデルが少ないので、レッスンする時に着られる「プラクティス・ウエア」を提供することにしました。

【生徒さんに撮ってもらったという写真が送られてきました】
chinami02.jpg

chinami04.jpg
理解のあるテニススクールらしく、試合にも多く出場しているようです。
来年は全日本の会場も有明に戻り、予選の枠が元に戻ると北海道枠で出場できるかもしれませんので、がんばって欲しいですね。そうなったら「Female Pro Model」でも作りましょうか…。参考までに着用のサイズはスウェットシャツとHoodyがSサイズ、スウェットパンツはMサイズ、TeeはレディースのMサイズです。ちなみさんの身長は160センチです。

店内改装から2ヶ月を経て、まだまだいじっています [INFORMATION]

【入口部分のテーブルには新着アイテムを入替…】
0001.jpg
NOBUの店内に入ると、正面にディスプレイテーブルがあります。ここにはまさしく「最新のアイテム」をレイアウトしています。最新はダブルニットの上下セット。どうぞ手に取って、その素材感をご確認ください。デニムキャップもこの秋人気のひと品です。

【プロモデルコーナーでは今年の全日本での契約選手のプレー写真を掲示】
0002.jpg
4種類のロゴデザインから様々なアイテムを展開している「NOBU・プロモデル」。来年の春にはもう少しバリエーションを増やしての展開予定です。お楽しみに!

【そしてあなどれないのが“アウトレットコーナー”です】
03.jpg
オリジナルでの展開ですと、サイズや色が不揃いになったり、同じコンセプトで打ち出していたにもかかわらず新しいモデルを作ったことにより型落ち的な要素を持つことになる品番などを、このアウトレットコーナーで販売しています。タグを見なくてもサイズ分けして棚に置いていますので、ご自身のサイズから探してみてください。良い発見があったりするかもしれません。この棚は、ご来店いただいた方だけの特典でもあります。

来年から「ATP」のロゴマークが新しくなります [INFORMATION]

【ATPからのインフォメーションです】
01.jpg
世界各地で63のトーナメント。1000、500、250のツアーと、ツアーファイナル、Next Gen、そしてのチャレンジャーで合計6つのコンテンツに分かれ、芝、クレー、ハード、インドアハードの4種類のサーフェスで、ATPが構成されています。

【過去のロゴの変遷】
02.jpg
1972年に創設された時のロゴがいちばん左、その後1990年にその[→]になり、2001年、09年と変更を重ね、2018年からは「Tommy Filfiger」がデザインをした、新しいロゴになります。

【チャレンジャーのロゴも新しくなります】
03.jpg
04.jpg
TとPの間にフォアハンドを打っている人がいるのが分かりますか?
ツアーに比べてチャレンジャーの方がマーチャンダイズなどには向いているかも。
来年の兵庫チャレンジャーのプランニングが楽しみになりました。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160

以前使用していた「織りネーム」の数々 [INFORMATION]

【今はもう使用していない織りネームです/NOBUの無地】
01.jpg
NOBUではブランドネームの両サイドを縫い付ける手法は20年以上前に消滅させました。それでも資料として残していたのですが、今回の店内改装と共に断捨離しました。懐かしい気持ちは画像とデータで残しておき処分です。上は珍しいタイプでシャツなどの襟の部分に挟み込むモノです。ボタンダウンシャツのような「布帛生地」などには縫い付けやすいのですが、カットソーにはちょっと手を焼いたようで、ウォームアップなどで使ったくらいになってしまいました。仕上がりは上品で良い感じでしたが…。

【NOBUのジュニアウエア用のもの】
02.jpg
2色の糸を使ってサイズとのコントラストを作りました。

【NOBU・キッズ】
03.jpg
ジュニアは実際に試合で着られるウエアというコンセプトで作り、キッズは練習用、普段着用として商品校正をしたため、主にTee-Shirtsなどはこれを使っていました。

【赤×緑、紺×赤をテーマにアイテム制作をしていた頃のもの】
04.jpg
これは4辺を縫い付ける大きめの織りネームとして制作しました。なにも「BAG」なんてのまで作ることは無かったでしょうに、作っちゃっていましたね。これだけでワッペンのような雰囲気がありましたので、背中だけではなく露出する部分にもつけたりしていました。ツートンパターンも今となっては懐かしい掛け合わせです。

【こちらは「OEM」製品用に使用したものです】
05.jpg
今でもそうですが、この織りネームがブランドの信用度にもつながる大切なもの。
織りネームは、そのときその時で「今はこんなふうに作る」をテーマに、デザインにも気を配って制作しています。背にこの1枚があると製品として締まった気がするからです。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

全日本選手権の芝田雅司/NOBU TENNIS TEAM [INFORMATION]

【芝田は単予戦決勝、複1回戦惜敗という結果でした】
01.jpg

芝田のプレー写真も飯野同様、大会オフィシャルフォトグラファーの安藤晃さんに撮影していただきました。ダブルスの1回戦の試合ですが、センターコートでのOPだったので、カメラピットもあり、様々なカットを撮っていただきました。毎度、感謝です。


【赤の霜降りドライシャツに、白のドライパンツです】
02.jpg

小野田と飯野は生地にやや腰のあるダンボールニットで作ったハーフパンツをはいていますが、芝田はTEE-SHIRTSと同じ素材のドライパンツの方が好みのようです。

【センターコートでのプレーは気持ちいいでしょうね/負けたから悔しいか…】
03.jpg

芝田は法政大学から実業団のリコーに就職。高校時代(法政二高)にはインターハイでダブルスで準優勝するなどジュニアの頃から活躍していました。この後は日本リーグです。

シャツ:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-08-02
パンツ:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-05-27
サンバイザー:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2016-12-23

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

全日本選手権の飯野翔太/NOBU TENNIS TEAM [INFORMATION]

【シングルスは予選、ダブルスは1回戦惜敗という今年の全日本でした】
02.jpg

飯野のプレー写真を大会オフィシャルフォトグラファーの安藤晃さんに撮影していただきました。序盤は試合数も多く、お忙しかったと思いますが、ありがとうございました。

【飯野は赤シャツに白パンツです】
01.jpg

飯野は早稲田大学から伊予銀行に就職。現役でプレーできるのもあと数年ですが、選手を続ける限りはサポートしていく予定です。

【ダブルス1回戦の試合からの撮影です】
03.jpg

今年は新設された愛媛フューチャーズにも単複で出場。日本リーグは優勝を目指してがんばってください。ファイナルステージには応援に行くつもりです。

シャツ:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-08-02
パンツ:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-05-25
リストバンド:バボラですね(取り扱いはございません/苦笑)

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

全日本選手権の小野田賢/NOBU TENNIS TEAM [INFORMATION]

【本戦1回戦で敗退してしまいましたが、予選からの勝ち上がりは立派】
小野田賢2.jpg

小野田のプレー写真を大阪テニス協会の斎藤宣孝先生に撮影していただきました。
毎度まいど感謝です。

【着用は「N TENNIS」モデル】
小野田賢4.jpg

斎藤先生曰く「ウエアがきれいに見える写真をセレクトしましたよ」とのこと。
紺のシャツに白のパンツのコントラスとはオーソドックスで落ち着きます。

【リストバンドも「N TENNIS」です】
小野田賢1.jpg
小野田クンのリクエストで長めのリストバンドを作りました。
もちろんメイドインジャパン。無地で作って後からワッペンを縫い付けています。
全日本は終了しましたが、12月からは日本リーグです。がんばって!

シャツ:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2016-08-22
パンツ:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2016-08-19
リストバンド:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2017-06-01

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

NOBU TENNIS TEAMの全日本の予選結果 [INFORMATION]

【小野田賢、芝田雅司、飯野翔太の予選結果は】
01.jpg

全日本選手権の予選に出場している「NOBU TENNIS TEAM」のメンバーたち。初日の今日の結果は、小野田が金城充にファイナル勝ちで明日の予戦決勝は関西大学の山尾玲玲貴クンと対戦予定。芝田はストレート勝ちし、明日は小倉孝介クンと予戦決勝。もうひとりのメンバーの飯野は1回戦で慶應義塾の今村クン(清風高校出身)にストレートで敗れてしまいました。まあ相手は大学王座が終わった直後で試合勘も残っていて仕方なかったのかもしれません。27日から始まる本戦には、芝田と飯野はダブルスでダイレクトですので、なんとか全員が本戦でプレーできるように、明日の予戦決勝もがんばって欲しいものです。

チームオーダーの打ち合わせも充分なスペースあり [INFORMATION]

【NOBU・リニュアル情報の第3弾です/バックスペース】
a.jpg
チームオーダーのデザインなどを打ち合わせするスペースも確保しています。
正面の左のカウンターの裏にそんな場所を確保しました。

【4人掛けの打ち合わせテーブルです】
b.jpg
以前は打ち合わせスペースとアトリエを仕切りする棚を、この画像の背のところに移動し、道路側の窓を殺したことによって、その前に打ち合わせができる充分な広さが取れました。

【手前のMacでチームオーダーの打ち合わせをすると…】
c.jpg
奥の机にいるデザイナーさんがフィニッシュまで持っていってくれます。
まず最初の打ち合わせは、3つあるテーブルの真ん中から始めましょう。

【見えにくいハリには修造さんが居たりします/驚かないでください】
d.jpg
修造さんがプロ転向する前の約2年間、NOBUのウエアを着て、世界を転戦してくれていました。その頃の写真があったので見えにくい「ハリ/柱」に、こっそり掛けちゃいました。

【奥からエントランスへの眺め】
e.jpg
こちらから「いらっしゃませ」です。
さあ、新しくなったNOBUに是非お越し下さい。お待ちしています。

全然違った「NOBU」に大変身しました [INFORMATION]

【NOBU Renewal・店内バージョン/入ってすぐは“お勧めアイテムテーブル”です】
01.jpg
右のドライシャツはニューアイテム、細身スウェットとデニムキャップ、白いクマさんがお出迎えしてくれます。2時間テニスリックはグレーを置き、コートハンガーにはコーチジャケットをディスプレイしました。ラケットは戦前のものです。奥のグリーンの敷物は「本物のオムニコート」。ちょっとひと休み用に椅子も1台、ご用意しました。

【入ってすぐ右側には人気の2時間テニス・リュックです】
03.jpg

白いスタン・スミスは販売用ではありません。何かアクセントが欲しかったので…。先週出来上がってきたばかりの黒と紺をこちらに置きました。入口はコート柄マットです。

【入ってすぐ右の棚は、男女兼用の“デザインTee-Shirts”シリーズです】
02.jpg
棚の上にはプリンスの特大ラケット、35年前の9万円だったグラファイト(あの頃1ドルが300円でしたから)、ウイルソンのクーリエモデルの他、道路側のディスプレイと同様にボール缶(こちら側は4球入りで)を飾ってみました。時計は売り物です。
この棚には男女兼用のデザインT-シャツ(XS?XLの5サイズ)が何と「53種類」置かれています。これらはこれからも、ドンドン増やしていきます。お楽しみに!


【まっすぐ進むと正面は“NOBU・プロモデル”コーナー】
04.jpg
棚の上にはメッセンジャーバッグとトートバッグ。プロモデルコーナーでは選手(小野田賢、芝田雅司)が実際に着た、プレー写真を額装し飾りました。プロモデルは今後も奥に深く、ドンドン制作予定ですので、皆さま是非ご期待ください。

【奥の正面はバッグコーナー】
05.jpg
[↑]から、コートバッグ、ミニトート、新作のシューズケース、トート、いちばん下には古いラケットコレクションをまとめてみました。友人から「棄てるには忍びないから、ここに置いておいてよ」とお預かりしているものもあります。手に取って、懐かしんでください。手前の棚の上にあるのはラケットモチーフの傘立てで、もちろん売り物です。

【バッグコーナーの横は正面カウンターです】
06.jpg
カウンターの前に米軍放出で頑丈な書棚を置き、アメリカから直輸入した小物をディスプレイしています。キーホルダー(38種類)ピアス、オーナメント、ストラップなど、テニスマインド一杯の楽しいアイテムばかり。是非のぞいてみてください。

【カウンターの反対側は「アウトレットコーナー」です】
07.jpg
廃番になったデザインなどを廉価で販売しています。チャンスです。

【そしてプロモデルの反対側は「NOBU City Model」コーナー】
08.jpg
簡単に説明すると「街着コーナーです」T-シャツもコットンです。
棚の上にはメンズソックスとリストバンド、ネックウォーマーも。

【ランドリーバッグと長袖シャツコーナー】
09.jpg
3色のランドリーバッグ、長袖シャツをこの棚にまとめました。
什器の色がこげ茶とパインなのでレイアウトにバランスを考慮し、お店に入ってから左側に見える什器を、全部焦げ茶で揃えてみました。

【そしてHoodyコーナーです】
10.jpg
NOBUのHoodyは全部で12デザイン。この秋、色目を増やします。
そして棚の上には、アフガン、ぬいぐるみなどの小物もレイアウト。

【最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。最後はレディスコーナー】
11.jpg
これで店内を1周していただきました。こちらは子どもと大人と同じデザインで130.150.レディスフリーの3サイズで展開しています。女性用の小物もこちらにまとめました。

今回のリニュアルは、お店を広く見せること、島ごとにカテゴリーを分け商品を選びやすく見ていただくため、販売しないものは(デザインTeeの棚の上以外)店内にはおかない、というコンセプトでレイアウト変更しました。棚などで遮るものがなくなり“抜けた店内”に是非足をお運びください。皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160

NOBU店内を大幅リニュアルしました [INFORMATION]

【構想・1ヶ月、作業1日、準備と片付けで2週間のリニュアルです】
01.jpg
エントランスは変わりません(当たり前ですが)

【入るとすぐには“Our Recommend Items”をディスプレイ】
02.jpg
店内の様子は明日ご紹介します。

【六本木通りに向かう道路側のディスプレイはこんな感じです】
03.jpg
こちら側に、今まで店内の正面にあった(奥との仕切り)背の高い什器を移動しました。棚の上には3球入りのボール缶がピッタリとはまったので、グランドスラムなどのお土産でいただいた缶を置き、左右1.8mの棚の上がボール缶でに目一杯になりました。「チームオーダーを引き受けますよ」というボードと共に、NOBU・イチオシデザインのTee-Shirtsを10アイテム、ストレートハンガーでディスプレイしました。

【青学西門に抜ける道路側がこちら】
04.jpg
右側にレディスの棚をセットし、その上にはアメリカからのインポートグッズをディスプレイ。36周年の記念シャツを飾り、目隠し用に左側にいちばん大きな棚を移動させました。

【大きな棚も道路側からはきれいにディスプレイしています】
05.jpg
赤いPOPは“家にいる時と同じようにリラックスしてお買物をしてください”というメッセージを書き添えています。その[→]はアメリカのテニスコートのイメージカット。そして、その[→]のブラインドになっているところが、「NOBU 庭球 ミュージアム」です。

【そのミュージアムとは】
06.jpg

アーサーアッシュスタジアムが完成した時の記念のレプリカ、ローランギャロのコートサーフェスの断面サンプル(アクリル仕立て)。そしてハードカバーの大会プログラム、グランドスラム4大会の使用球をこの凹んだところに納めてみました。
リニュアルでは什器は7台で、6台を移動。レジカウンターとその他に大きな棚が3台あり、先週の日曜日にマンパワー4人で、それらを移動し、台風来襲の電車が止まる前に解散にしました。月曜日は早朝からディスプレイをセットし直し、電話回線、ネット環境を整え、11時開店に間に合いました。売り場が広くなった店内の様子は、明日ご紹介します。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160

NOBUのオリジナルアイテムのサイズチャート [INFORMATION]

【まずはプロモデルからサイズチャートを作りました】
01.jpg
NOBUでは、通信販売も行なっておりますと言っておきながら、サイト上でのサイズ表示がかなり不明確な表示になっており、お客さまにはご迷惑をお掛けしています。まずはお問い合わせの多い、プロモデルのTee-ShirtsとPolo-Shirtsのサイズチャートを作成しました、今後はサイト上で徐々にアップしていく予定です。よろしくお願いします。

お問合せ、コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

店内に「アウトレットコーナー」を作りました [INFORMATION]

【廃番になったものや、サイズが不揃いになったものなどをアウトレットに】
01.jpg
久しぶりに店内のレイアウトをして、アウトレットのラックを作りました。スペースの問題もあり、新しいアイテムなどができて、棚がいっぱいになってしまい、いくつかの品番を廃番にして、この棚に収めました。NOBUにお立ちよりの際は、のぞいてみてください。

【ほとんど同じアイテムはないので、こちらからお選びください】
02.jpg
キッズ、ジュニア、レディース、男女兼用で仕分けをしています。ビニールに入れてサイズ分けをしていますので、まずはサイズシールからセレクトしてください。価格は税込です。

東京は梅雨明けをして暑い日が続きますが、皆さまのご来店をお待ちしています。

国際テニス連盟のロゴ基準 [INFORMATION]

【テニスグッズに関する様々な規定のお話/こちらは男子選手の場合】
01.jpg
テニスウエアなどの身につけるものに関して国際テニス連盟は様々な規定を設けています。大きく分けると製造者(メーカー)ロゴとコマーシャルロゴの大きさです。ラケットとシューズ、ソックス、リストバンド、キャップにはメーカーの「IDのみ」と明記され、パンツには13平方センチ以内のメーカーロゴを前と後ろにつけるとこが可能。シャツに関しては胸と袖に39平方センチの製造者ロゴをそれぞれひとつづつつけることが可能で、コマーシャルロゴも同じ大きさで2つ付けることが可能となっています。

【女子の場合もほとんど同じ規定が設けられています】
02.jpg
NOBUのキャップの件でもご説明した通り、2年前から展開している「NOBU PRO MODEL」のラインナップでは「NOBU TENNIS TEAM」と言う表記はコマーシャルロゴの扱いになり、製造者ロゴではないと言う指導をスーパーバイザーからいただき「NOBU TOKYO」と言うロゴに変更しました。すると今度は「国名や都市名はコマーシャルロゴ」とのご指摘をいただき(ルールブックのどこにも書いていないので分からなかった)、紆余曲折をたどって、先日からご紹介しているように「NOBU TENNIS」に統一することにしました。お客さまにご迷惑をお掛けしましたが、これで決着しそうです。

しかしながら「ATP」と「WTA」ではまた解釈が変わり(もっと大きなマークでもよくなる)なかなか落としどころが不明です。ただしNOBU的には、大きさの最大限のマークにするのはベストと言うふうには思っておらず、シャツはシャツなりの、パンツにはパンツなりのマークの程よい品の良さが大切と言う観点で製品作りをしていこうと思っています。この点にご理解くださいますよう、よろしくお願いします。

そして明日からはリメイクしたプロモデルの第3弾シリーズをご紹介します。過去のコート柄、ラケット柄と併せてご覧いただければと思います。よろしくお願いします。

あけましておめでとうございます [INFORMATION]

【年末年始の営業日のお知らせ】
12月31日(日)~1月3日(水)の間、お休みさせていただきます。
お客様の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦の程、よろしくお願いいたします。

【1月4日より通常営業いたします】
001.jpg

【好評をいただいているプロモデルをより一層、充実させます】
003.jpg

【テニスが楽しくなるモノ作りもご期待ください】
002.jpg
2018も「NOBU」をよろしくお願いいたします。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160
前の20件 | - INFORMATION ブログトップ