So-net無料ブログ作成
INFORMATION ブログトップ
前の20件 | -

水没からの営業再開です [INFORMATION]

【台風15号での店内浸水からリカバーして元気に営業を再開しています】
01.jpg
9日(月)の朝は店内に入ってからの1歩目で“ビチャッ”という音でとにかくビックリしましたが、その日は出荷用にストックしていたダンボールを敷き詰めて吸水作業。夜には全部を廃棄して、エアコンをドライに設定して帰宅。翌火曜日と水曜日は古新聞を敷き詰め吸水。木曜日にようやく湿り気は無くなり、お店も通常モードに戻りました。多くのお客さまから激励のお言葉や、差し入れをいただき、誠にありがとうございました。

【池にならなかったのでダメージは少なめでした】
02.jpg
このラケットカーペットはびっしょりでしたが、奥まで水が進んでいくのを防いでくれました。カーペットは2日間の天日干しでダメージゼロでした。

【オムニコート用の人工芝もひと役かっていました】
03.jpg
正面奥の棚までは浸水がなかったので、ストックも全て無事でした。

【ちょっとレイアウトを替えて営業再開です】
04.jpg
渋谷区神南で営業していた時は2階の美容院から水漏れがあり、商品の50%位をダメにしたことがあったり、倉庫の上の階からの水漏れを経験したり、外国人犯罪集団と見られる方にお店のドアをハンマーで破られたり(カギを開錠できず未遂に終わる)、実際に路面での小売店を営業しているとさまざまなトラブルがありますが、そう云うのを多く経験していると保険の重要性も感じますし、タフになっていく自分もいます。“ケセラセラ”で乗り越えていきたいと思います。皆さまのご来店を心よりお待ちしています。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

11月、今年も兵庫チャレンジャーが開催です [INFORMATION]

【今年のチラシはA4サイズで横位置のデザインです】
01.jpg
今年で5回目となる“兵庫ノア・チャレンジャー”は11月4日~10日の7日間で開催されます。今年から48ドローとなりましたが、予選は4枠なので月曜日から日曜日の7日間で行なわれます。トーナメントディレクターによると2020年も同時期での開催の申請するとのこと。日本国内では、慶應、四日市とこちらの神戸だけですので継続されるのは、多くの日本人選手にとって、有意義な大会となることでしょう。

【チラシの裏面も横位置でレイアウトしました】
02.jpg
会場は神戸からちょっと距離がありますが、入場は無料。是非ご観戦ください。

【ポスターはダイナミックなデザインでA1タテで制作】
03.jpg

昨年優勝した伊藤竜馬、準優勝の綿貫陽介、ベスト4の内山靖崇、今年大活躍の西岡良仁、ベテランにして現在日本人ランキング3位に付ける添田豪、そしてグランドスラムの予選に挑戦し続ける守屋宏紀と、昨年出場した6選手の昨年会場で撮影したプレー写真を切り抜いてレイアウトしました。大きなポスターなのでかなり迫力のある仕上がりになりました。大会への準備はこれからで、プログラムの制作、大会オリジナルグッズのプランニングなどなど。今からワクワクしています。是非会場に足を運んでください。お待ちしています。

NOBUの台風被害/店内浸水の巻 [INFORMATION]

【朝、お店を開けようとすると、イヤな予感が…】
01.jpg
台風15号の影響で渋谷の被害も多かったようです。いつも通り自転車での通勤でも世田谷通り、青山通りで街路樹が倒れていたり、道路は枝や葉っぱで覆われていたり、パンクに注意しながらNOBUにたどり着くと、フロアの色が変わっていました。入口部分から雨水が入り込み、店内の「1/6」くらいがビチャビチャ状態。とりあえず濡れているものは外に出そうと、まずはマットなどを駐車スペースに移動し天日干しです。

【ボディも台の部分が水没/水が溜まっていたわけではありませんが】
02.jpg
入口付近に床置きしていたボックスなどはソールが濡れた程度ですがこちらも天日干し。

【ダンボールを敷き詰めて吸水活動中】
03.jpg
店内で溜まっているわけでなく、入口部分からの浸水だけだったので、商品などへのダメージはゼロ。それだけは助かりました。よって通常営業中“Watch your steps”です。

【喫水線はこちら】
05.jpg
通常営業中は入口にテニスコート柄のバスマットを敷いているのですが、このマットが多くの水を含んでくれ、堤防の役割を果たしてくれたので、この部分までの浸水で留まることができました。しかしここまで来たなんて、今回の台風の恐ろしさを朝になって知りました。

【原因はこの排水溝】
06.jpg
いつもの雨したら、この上の方に見える排水溝から雨水を逃がしてくれるのですが、今回の台風は風が強かったので、溝に葉っぱが詰まってしまい、お隣の頭領が朝、浸水を発見してそれらを掃き出してくれたそうですが、排水溝の役割を果たしてもらえなかったそうです。大事には至らなかったのでポジティブにいきます。陣中見舞い受付中(苦笑)です。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

NOBU Parkingの使い方です [INFORMATION]

【NOBUのお店の前の駐車スペースは半分かかっていれば、OKです】
002.jpg
ご来店のお客さま用にお店の前が駐車スペースになっています。
凹みの部分の、半分に乗り上げていただければ、駐車禁止で切符を切られる(表現が昭和か)ことにはなりません。このスペースに侵入するかなり前から左に寄って進入すると、車両が斜めになることもありません。もしご来店時にこのスペースに駐車している車両があった場合は、すぐ手前の右側にコインパーキングがございますのでそちらに停めてください。お客さまの出庫に立ち会い、駐車料金はこちらで負担させていただきます。

【こんなサインも作りました】
001.jpg
「ここはNOBUのお客様専用駐車場です」というサインです。
A3サイズで出力して、パウチしました。渋谷2丁目路上禁煙サインとともに、お隣のビルのオーナーにお許しを得て、壁面に掲示しました。

NOBUでは日曜日と祭日が定休日となっていますが、お休みの間にここに駐車されるお客様は必ず事前にご連絡を入れてください。よろしくお願いいたします。

お問合せ、コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

渋谷区の路上、公園が全面禁煙になりました [INFORMATION]

【渋谷2丁目町会の担当者の方が持ってきてくれたサインです】
01.jpg
今年の4月1日から渋谷区は路上、公園が全面禁煙になりました。毎朝出勤して来るとNOBUの前には吸い殻が必ず、2〜3本棄ててあり、またお向かいのお店のスタッフが路上で喫煙しているため、煙が店内に入ってくることもあり、気持ちの良いこの季節にドアを閉めた状態で営業することもありましたが、これで気持ちよく「クレーム」できます(苦笑)。このサインボードはB4サイズですので、お隣のビルの管理会社に話をして、駐車スペースの正面になる壁面に張り出すことにしました。

【山手線の内側とはいえ、町会がある渋谷2丁目は住人の結束も堅く住みやすいところ】
02.jpg
A5サイズで、英語、中国語、韓国語表記の「タバコダメです」サインもいただきましたので、これもどこかに張り出す予定です。NOBUはお店の前に駐車スペースがあり、壁面から凹んでいるので、雨宿りなどで凌げることもあり、営業終了後の夜間に、ここでたむろして、飲酒・喫煙をしている人があるようで、朝のゴミ処理にうんざりすることもありますが、気持ちよくご来店いただけるように毎朝掃除をしております。

今回の禁煙で、ハローウィン、カウントダウンなどの「渋谷大騒ぎ」の時などはどうなるのでしょう?サインボードには「7/1以降、路上喫煙者には過料を徴収します」と書かれてますので、イベント時にどんな取り締まりをするのか?見物です。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

法政二高テニス監督の高橋司先生が“Team NOBU”に参加 [INFORMATION]

【アドバイザリースタッフとしてTeam NOBUに入っていただきました】
01.jpg
高橋司先生とは彼が法政二高のテニス部の生徒だった頃からのお付き合いで、そもそもは彼のお兄ちゃん(高橋淳さん)が大学卒業後、現在の家業を継ぐまでの間、NOBUで一緒に仕事をしていた関係だったからです。司先生は高校卒業後は体育の先生になることを決め、日本体育大学に進学、その後大学院に進み、母校である法政二高に就職し、現在までテニス顧問として母校をインターハイ、全国選抜などに出場できるテニス部を作り続けてきました。OBには神和住純さん、平井健一さんなどなど、錚々たる卒業生を排出している名門を預かる監督として、重圧もたくさんあると思いますし、4年目となる女子部創立もあり、多忙を極めていると思いますが、今回そんな先生からのお申し出があり(こちらはずっと前からNOBUを着ていただきたいと思っていたのですが…)、もちろん大歓迎でのアドバイザリースタッフにお迎えしました。これからは先生のアドバイスなどもいただきながら新製品の開発に当たって行きたいと思っています。どうぞご期待ください。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

9月までの営業日などの情報を公開しました [INFORMATION]

【青字、緑字の表示が営業日です】
01.jpg
http://www.tennisfactory.co.jp/info/info.html
4月から9月までの営業日を更新しました。基本的には日曜日と祭日が定休日ですが、大会の運営などでお休みすることがありますので、お越しになる時にこのページをチェックしていただけると幸いです。また、どうしてもこの日でないとご来店いただけないなどという時は、是非お申し出ください。朝練のあとに開けることも可能な日時もありますので、ご遠慮なく、メール又はお電話をいただければ幸いです。よろしくお願いします。
お問合せは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160

【こちらは通信販売での諸情報です】
02.jpg
カレンダーの表示の[↓]にスクロールしていただくと「通信販売の諸情報」をご覧いただくことができます。お客さまにはご迷惑をお掛けしていますが、NOBUでは通信販売をシステム化しておらず、メールかお電話でご連絡をいただくと云う「超アナログ通販」です。お支払いの方法も銀行にお振り込みいただくか、ヤマト運輸の代引きという2種類だけですが、お問い合わせいただいた時には丁寧にご対応させていただきますので、ご理解をいただければありがたいです。今後ともよろしくお願いします。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160

駐車スペースのネットを新調しました [INFORMATION]

【お店の正面は駐車スペースになっています/車体の半分が入れば大丈夫です】
01.jpg
02.jpg
駐車場のところには、こちらに移転したときから使っていた「Play & Stay」用の3mネットを飾っていましたが、さすがに経年劣化で色があせてしまい、あまりにみすぼらしい姿になったため、春を待って新調しました。以前はWilsonのネットでしたが、今回は「prince」です。ネットの帯も赤からグリーンになったので、ディスプレイしているTee-Shirtsの色(デザインも)をちょっと差し替え、色合わせも完了です。

【Play & Stay用らしく、かわいらしいキットで納品されました】
03.jpg
使わないときは右のバッグに入れて収納するようです。

【閉店後は店内に格納です】
04.jpg
小さなことですが、新しいデコレートで気分も春になります。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

NOBUの店内外をちょっとデコレートしました [INFORMATION]

【春らしくなってきたので、サインなどを作って、色々遊んでみました】
01.jpg
まずは駐車スペースにこんなボードを掲示しました。「ここはテニスが大好きな方だけの駐車場です」って感じで、「TENNIS BUM PARKING ONLY」です。

【NOBU TENNIS MUSEUMの横に目隠しボードを設置】
02.jpg
測道側はこのような感じにしました。37周年のTee-Shrtsの下に中途半端な「隙間」があったので、ここに目隠しボードをおき、テニス小物やカードなどを使ってコラージュ。

【店内側から見るボードにもデコレート】
03.jpg
いちばん下の「VOLVO GRAND PRIX」のステッカーは思い出深いもので、初めてサンフランシスコに行った時(まだATP Tourができる前)にカウパレスという体育館でグランプリトーナメントが行なわれていて、観戦した時にいただいた1枚。NorthWestで朝サンフランシスコに到着し、時差ぼけを防止するには現地の夜までは中途半端に睡眠を摂らないとの教えを守り、がんばってナイトセッションまで観戦しまた事を覚えています。

【ほとんど毎日、外国からのお客さまがいらっしゃるので、英文のサインも…】
04.jpg
お気に召したデザインがありましたら、色を選んでください。あなたにあったサイズを私どもの在庫から新しい1枚をお出しします。という気持ちを英文にしました。その他ほとんどのアイテムの価格を棚に表記しました。これでちょっとわかりやすくなった?。

【頂き物のフォトフレームにテニスコートの写真をレイアウト】
05.jpg
06.jpg
ずっしり重い「IKEA」のフォトフレームを3台いただき、アメリカに行った時に撮影した「コートのある風景」のお気に入りの写真をプリントしてレイアウトしてみました。かなり重い額なので、フロアに直置きしお客さまの導線を邪魔しないように、さりげなく置いてみました。ご来店の皆さまが和やかな気持ちになっていただけたらという思いからです。

37周年記念のプレゼントシャツに白を追加 [INFORMATION]

【12月12日から始めたアニバーサリーフェアのシャツに新色を追加です】
01.jpg
毎年恒例の「アニバーサリー・Tee-shirts」。今年のデザインは、オープンした1981年以降に世界ランキングで1位になった選手名を列記したデザインにしてみました。左上から1位の在位期間の長いロジャーさまから、最短ですが愛すべき、パトリック・ラフターまでの23人のプレーヤーたちです。

【プレゼントシャツは全部で4色からお選びください】
02.jpg

Model:NOBU37周年記念Tee-Shirts(選手名が入っているので非売品です)
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS、M、L、XLの4サイズ
カラー:ダークグレー、ロイヤルブルー、ネイビーの3色
☆:通信販売を含む、1万円以上お買い上げの客さまにプレゼントしています。

【店内でもこんな感じでディスプレイしています】
03.jpg

NOBUは、渋谷公園通り裏からスタートし、渋谷ファイアー通り裏、青山通り・青学西門裏と移転し、現在は渋谷2丁目・六本木通り裏と、渋谷区内ではありますが、表通りでの営業をせず〇〇裏の場所ばかりを探して37年間営業を続けてきました。お客さまの皆さまには長らくご愛顧いただいたことに感謝しております。引き続き、シンプルでオーソドックスなテニスウエアを作り続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

他の色の詳細などは:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-12-09

あけましておめでとうございます [INFORMATION]

【年末年始の営業日のお知らせ】
12月30日(日)~1月3日(水)の間、お休みさせていただきます。
お客様の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦の程、よろしくお願いいたします。

【1月4日より通常営業いたします】
01.jpg

【こちらは新着アイテムテーブル/今年も色々作ります】
02.jpg

【プロモデルはこの1.5倍にボリュームアップ予定です】
03.jpg

【Desigh Tee-Shirtsもより楽しいものを作っていきます】
04.jpg

【テニスが楽しくなるモノ作りにもご期待ください】
05.jpg
07.jpg
06.jpg
2019年も「NOBU」をよろしくお願いいたします。

お問合せ、コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

新年を迎える準備、完了しました [INFORMATION]

【今年もお世話になりました。2019年は4日から営業します】
02.jpg
毎年恒例の大掃除を終え、昨日で2018年の営業を終了しました。今年の4月からお店のカレンダーを変更して日祭日をお休みにさせていただきました。休日にはもちろんシングルスをし、様々なカテゴリーのスポーツ観戦をしたり、美術館や博物館などを巡ったり、ガーデニングに精を出したりと、文化活動(?)を楽しみました。気分転換をすることで、色々なアイディアがわいて来て、秋には店内のレイアウトを2010年にこちらに移転して以来大幅に替え、おかげさまで37周年を迎えることができました。そして今年も無事に終了することができました。多くのお客さまに感謝いたします。

【2019年は4日からの営業です】
01.jpg
2019年もご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

テニスラボの懇親会 [INFORMATION]

【テニスラボの関係者が集まり懇親テニスの会が行なわれました】
01.jpg
元デ杯監督の竹内映二さん率いる「テニスラボ」。そのメンバーとコーチ陣、そして選手たちをサポートしてくださる方々が集い、懇親テニスの会ががあり、運営のサポートで「スポル品川大井町」に集合し、2面で4時間。たっぷりテニスをしました。

【日比野菜緒チャンと加藤未唯さんももちろん参加】
02.jpg
スポンサーの方達とペアを組んだり、このふたりがペアになって「かかって来なさい」マッチ(試合方式はタイブレーク3セットマッチ/最近よく使っています)をしたり、楽しい中に真剣さのあるテニスでした。このふたり本当に仲良しライバルです。

【こちらは三菱電機の仁木拓人と清水悠太】
03.jpg
10才の歳の差を感じさせない仁木のお茶目さと、悠太の落ち着き。
横のコートでレッスンをしているのは、コーチの劉さんです。

【おっと、西岡良仁もプライベート・パデルに来ていました】
04.jpg
パツキンに髪を染めた西岡クン。少ないオフにもパデルを楽しんでいました。

ツアーは今月31日には、2019年シーズンがスタートします。選手たちは束の間のオフを、旅行したり、スポンサーイベントをしたりと気分転換をし、そろそろトレーニングを開始し始めました。マネージメントをしているテニスラボの選手たちも合宿の3クール目に入りました。良き2019年になるよう、がんばって欲しいものです。

今日、37周年を迎えました [INFORMATION]

【37周年記念シャツをディスプレイしました】
37th.jpg
1981年の12月12日。この日の暦は先負だったので12時12分のオープンとしました。あれから37年が経ちました。様々なことがありましたが、皆さまのご愛顧のお陰で継続して営業しています。ありがとうございます。オープン時の気持ちを忘れずに、引き続きテニスマインドあふれるアイテムを作っていこうと思っていますので、よろしくお願い致します。

【今年のアニバーサリーTee-Shirtsはこんなデザインです】
37th_ad.jpg

詳細は:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-12-09
当初3色でしたが、急遽「白地×紺プリント」を追加生産することにしました。
皆さまのご来店を心よりお待ちしています。
今日のNOBUのBGMはサザン・オールスターズとユーミンです(笑)

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

おかげさまで37周年です [INFORMATION]

【37周年記念のシャツができあがりました】
01.jpg
1981年の12月12日にNOBUがオープンして、いよいよ37周年を迎えます。毎年恒例になっている「アニバーサリー・Tee-shirts」。今年のデザインは、オープンした1981年以降に世界ランキングで1位になった選手名を列記したデザインにしてみました。左上から1位の在位期間の長いロジャーさまから、最短ですが愛すべき、パトリック・ラフターまでの23人のプレーヤーたちです。この37年の間にわずか23人しかATPランキングの1位になった選手はいないということがチョット以外でしたが、羅列してみると「ああっ、そうだったな」とあらためて納得する部分もあります。スペースがひとり分空いたので「Who in Next ? 」としました。圭さんが来てくれることを信じながら、37周年モデルの発表です。

【バランスはこんな感じでのプリントです】
02.jpg

Model:NOBU37周年記念Tee-Shirts(選手名が入っているので非売品です)
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS、M、L、XLの4サイズ
カラー:ダークグレー、ロイヤルブルー、ネイビーの3色
☆:通信販売を含む、1万円以上お買い上げの客さまにプレゼントしています。
NOBU Anniverasaryは12月10日からのスタートです。

【プリントは…】
03.jpg
懐かしい選手名もたくさんあります。個人的にはリオスかムスター?

NOBUは、渋谷公園通り裏からスタートし、渋谷ファイアー通り裏、青山通り・青学西門裏と移転し、現在は渋谷2丁目・六本木通り裏と、渋谷区内ではありますが、表通りでの営業をせず〇〇裏の場所ばかりを探して37年間営業を続けてきました。お客さまの皆さまには長らくご愛顧いただいたことに感謝しております。引き続き、シンプルでオーソドックスなテニスウエアを作り続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

山下ちなみコーチのレッスンウエアをサポート [INFORMATION]

【札幌でコーチをする後輩の山下ちなみさんをちょっとサポートしています】
chinami01.jpg
ちなみさんは札幌出身でジュニアの頃にはワールドジュニア アジアオセアニア大会・日本代表、青山学院大学テニス部の時にはダブルスで全日本選手権ベスト16、全日本学生テニス選手権ベスト4という結果を残し、地元に戻って就職したのですが、国体に出場したりと、やはりテニスから離れられなくなり、試合に出場しながらレッスンもするという現場に戻ってきました。NOBUでは女性用のモデルが少ないので、レッスンする時に着られる「プラクティス・ウエア」を提供することにしました。

【生徒さんに撮ってもらったという写真が送られてきました】
chinami02.jpg

chinami04.jpg
理解のあるテニススクールらしく、試合にも多く出場しているようです。
来年は全日本の会場も有明に戻り、予選の枠が元に戻ると北海道枠で出場できるかもしれませんので、がんばって欲しいですね。そうなったら「Female Pro Model」でも作りましょうか…。参考までに着用のサイズはスウェットシャツとHoodyがSサイズ、スウェットパンツはMサイズ、TeeはレディースのMサイズです。ちなみさんの身長は160センチです。

店内改装から2ヶ月を経て、まだまだいじっています [INFORMATION]

【入口部分のテーブルには新着アイテムを入替…】
0001.jpg
NOBUの店内に入ると、正面にディスプレイテーブルがあります。ここにはまさしく「最新のアイテム」をレイアウトしています。最新はダブルニットの上下セット。どうぞ手に取って、その素材感をご確認ください。デニムキャップもこの秋人気のひと品です。

【プロモデルコーナーでは今年の全日本での契約選手のプレー写真を掲示】
0002.jpg
4種類のロゴデザインから様々なアイテムを展開している「NOBU・プロモデル」。来年の春にはもう少しバリエーションを増やしての展開予定です。お楽しみに!

【そしてあなどれないのが“アウトレットコーナー”です】
03.jpg
オリジナルでの展開ですと、サイズや色が不揃いになったり、同じコンセプトで打ち出していたにもかかわらず新しいモデルを作ったことにより型落ち的な要素を持つことになる品番などを、このアウトレットコーナーで販売しています。タグを見なくてもサイズ分けして棚に置いていますので、ご自身のサイズから探してみてください。良い発見があったりするかもしれません。この棚は、ご来店いただいた方だけの特典でもあります。

来年から「ATP」のロゴマークが新しくなります [INFORMATION]

【ATPからのインフォメーションです】
01.jpg
世界各地で63のトーナメント。1000、500、250のツアーと、ツアーファイナル、Next Gen、そしてのチャレンジャーで合計6つのコンテンツに分かれ、芝、クレー、ハード、インドアハードの4種類のサーフェスで、ATPが構成されています。

【過去のロゴの変遷】
02.jpg
1972年に創設された時のロゴがいちばん左、その後1990年にその[→]になり、2001年、09年と変更を重ね、2018年からは「Tommy Filfiger」がデザインをした、新しいロゴになります。

【チャレンジャーのロゴも新しくなります】
03.jpg
04.jpg
TとPの間にフォアハンドを打っている人がいるのが分かりますか?
ツアーに比べてチャレンジャーの方がマーチャンダイズなどには向いているかも。
来年の兵庫チャレンジャーのプランニングが楽しみになりました。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp ?or ?Call:03-3499-6160

以前使用していた「織りネーム」の数々 [INFORMATION]

【今はもう使用していない織りネームです/NOBUの無地】
01.jpg
NOBUではブランドネームの両サイドを縫い付ける手法は20年以上前に消滅させました。それでも資料として残していたのですが、今回の店内改装と共に断捨離しました。懐かしい気持ちは画像とデータで残しておき処分です。上は珍しいタイプでシャツなどの襟の部分に挟み込むモノです。ボタンダウンシャツのような「布帛生地」などには縫い付けやすいのですが、カットソーにはちょっと手を焼いたようで、ウォームアップなどで使ったくらいになってしまいました。仕上がりは上品で良い感じでしたが…。

【NOBUのジュニアウエア用のもの】
02.jpg
2色の糸を使ってサイズとのコントラストを作りました。

【NOBU・キッズ】
03.jpg
ジュニアは実際に試合で着られるウエアというコンセプトで作り、キッズは練習用、普段着用として商品校正をしたため、主にTee-Shirtsなどはこれを使っていました。

【赤×緑、紺×赤をテーマにアイテム制作をしていた頃のもの】
04.jpg
これは4辺を縫い付ける大きめの織りネームとして制作しました。なにも「BAG」なんてのまで作ることは無かったでしょうに、作っちゃっていましたね。これだけでワッペンのような雰囲気がありましたので、背中だけではなく露出する部分にもつけたりしていました。ツートンパターンも今となっては懐かしい掛け合わせです。

【こちらは「OEM」製品用に使用したものです】
05.jpg
今でもそうですが、この織りネームがブランドの信用度にもつながる大切なもの。
織りネームは、そのときその時で「今はこんなふうに作る」をテーマに、デザインにも気を配って制作しています。背にこの1枚があると製品として締まった気がするからです。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

全日本選手権の芝田雅司/NOBU TENNIS TEAM [INFORMATION]

【芝田は単予戦決勝、複1回戦惜敗という結果でした】
01.jpg

芝田のプレー写真も飯野同様、大会オフィシャルフォトグラファーの安藤晃さんに撮影していただきました。ダブルスの1回戦の試合ですが、センターコートでのOPだったので、カメラピットもあり、様々なカットを撮っていただきました。毎度、感謝です。


【赤の霜降りドライシャツに、白のドライパンツです】
02.jpg

小野田と飯野は生地にやや腰のあるダンボールニットで作ったハーフパンツをはいていますが、芝田はTEE-SHIRTSと同じ素材のドライパンツの方が好みのようです。

【センターコートでのプレーは気持ちいいでしょうね/負けたから悔しいか…】
03.jpg

芝田は法政大学から実業団のリコーに就職。高校時代(法政二高)にはインターハイでダブルスで準優勝するなどジュニアの頃から活躍していました。この後は日本リーグです。

シャツ:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-08-02
パンツ:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2018-05-27
サンバイザー:https://tennis-nobu.blog.so-net.ne.jp/2016-12-23

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
前の20件 | - INFORMATION ブログトップ